2023年07月18日

BRZ、1,000km。








BRZ S “10th Anniversary Limited”を納車して、ちょうど1ヶ月が経過しましたが、一昨日、オドメーターも1,000kmに到達しました。

今回のBRZで、自身29台目の愛車となりますが、納車して1ヶ月以内にオドメーターが1,000kmを超えたのは恐らくこのBRZが初めてだと思います(^^;

IMG_4309.JPG



というのも、今回、自身、約30年ぶりに電車ではなく「クルマ通勤」となり、片道35km、往復で約70kmの通勤路となったからです。

よって、計算上、少なくとも通勤だけで1ヶ月に1,400km前後走ることになるので、そのまま行くと、5年で8万キロ超えとなってしまうのは確実な状況です(汗)

けど、今回はそれを承知でBRZに乗り換えたので、、兎にも角にも、事故だけには気をつけながら、日々のロングドライブ(というか、ロング通勤(笑))をBRZで楽しみたいと思います☆

IMG_4325.JPG

















posted by Joy at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | BRZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月21日

BRZにクリスタルキーパー施工。






うちの自宅からクルマで10分もかからない場所に「KeePer LABO」があり、以前から利用してみたいとは思っていたものの、毎回、施工料金を見て、二の足を踏んでいたのですが(^^;、、今回BRZが納車されたことで、思い切って利用してみることとしました。

IMG_3971.JPG



で、現在のカーコーティングメニューおよび価格(BRZ=Sサイズ)は、

 ・クリスタルキーパー: 19,500円
 ・フレッシュキーパー: 29,500円
 ・ダイヤモンドキーパー(プレミアム仕様): 55,100円
 ・Wダイヤモンドキーパー(プレミアム仕様): 79,900円
 ・エコダイヤキーパー(プレミアム仕様): 79,900円
 ・EXキーパー(プレミアム仕様): 130,300円

となっており、一番人気は「ダイヤモンドキーパー」のようですので、当方もできることならダイヤモンドキーパーにしたいところでしたが、、やはり値段的にかなり勇気が要る価格ですし(^^;、、実際、どの程度の耐久性があるかも自分自身での経験が無いことから、まずは一番”お手軽”な「クリスタルキーパー(ノーメンテナンスで1年間持続)」をお願いすることとしました。

ちなみに、今回、当方のBRZは、
 ・新車割
 ・WEB割
が適用されたので、施工価格は定価の10%オフとなり、「17,550円」でした。



ということで、クルマを預け、作業開始。

まずは洗車です。

IMG_4004.jpg


で、本当は作業工程を全て拝見したかったんですが、今日は他にも用事があったため、代車をお借りし、このタイミングで一旦、KeePer LABOさんを後にしました。(代車料金は無料ですし、ガソリン代も不要です。良心的ですね)

IMG_3973.JPG
(店内の待合スペースで、作業工程を見ることができます。奥に見えるのが当方のBRZ)





そして約3時間後、「作業完了」のお電話を頂いたので、代車に乗って再びKeePer LABOさんへ出向き、BRZとご対面。

IMG_4005p.jpg


今日は曇り空且つ、屋内での撮影ですが、イイ感じにテカってますね〜☆

一番安価な「クリスタルキーパー」でも、これだけ艶が出てくれるのならば十分ですし、洗車を含めた全体の仕上がりにも大満足です。


で、最後に、今後のメンテナンスについての説明を受け、施工証明書一式を受け取り、全ての工程が終了。
(向こう1年間は、基本、水(もしくはシャンプー)での洗車だけでOKとのこと)

IMG_4007.JPG
(憧れの施工証明書一式(笑))

キーパーコーティング1ヶ月点検の際は、手洗い洗車は無料とのことで、これも嬉しいサービスですね(^^)

また、1年度に再度クリスタルキーパーを施工する際は、施工料が3,000円オフにもなるとのこと。


ちなみに、今回当方のBRZを担当してくれた施工士さんも、非常に丁寧な応対をしてくださる方で、安心してお任せできました。




そして、自宅に着いた頃には少し晴れ間も見えてきたため、あらためてBRZを撮影しました。

IMG_4009p.jpg

やはり天気が良いと、一層輝いて見えますね☆




ということで、人生初の「キーパー」施工となりましたが、当方の場合、青空駐車ということもあり、耐久性がどこまで持つか分かりませんが、少なくとも「イベント」としてのキーパー施工は非常に満足度の高いものとなりました(^^)












posted by Joy at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | BRZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月20日

BRZ納車4日目にして、MT車へのアイサイト搭載が発表(^^;






先週土曜に納車された当方のBRZ S “10th Anniversary Limited”

納車時は12kmだったオドメーターが、本日時点で157kmとなりました。

慣らし運転はできるだけきちんとやるつもりなので、「通常は2,000回転まで、および、踏んでも3,000回転まで」、というマイルールで運転している影響が大きいと思いますが、思いの外、燃費が良く、本日時点のトータルの平均燃費は13km/Lになっております(街乗りオンリー)。

排気量2.4リッターもあるエンジンなのに、素晴らしい。

IMG_3953.JPG
(エンジンは切っているので警告灯が点いてます(^^; )







さて、、以前より、BRZ/86のアプライドC型からMT車にもアイサイトが搭載されるかも、という噂は流れていましたが、本日、スバルが、今秋発売の改良モデル(おそらくアプライドC型)から、MT車にもアイサイトが搭載されることを発表しました。

 <Car Watch: スバル、改良「BRZ」採用のMTアイサイトはAT向けと何が異なるのか? できるところから先進安全技術を投入

 <産経新聞: スバル、マニュアル車に運転支援システム搭載へ

 <web CG: スバルが「BRZ」のMT車に運転支援システム「アイサイト」を初採用 2023年秋に発売



当方のBRZが納車されてから僅か4日目にしてのこのニュースということで、若干、苦笑していますが(^^;、、、自分としてはMT車にアイサイトの必要性はそれほど感じていなかったですし、くわえて、当方、仕事の関係で、来月からスバル車に乗る必要があったので、仮に、今回のBRZ契約前にこのアイサイト搭載発表のニュースが流れていたとしても、おそらくそのまま契約していたと思われます。

が、もちろん、アイサイトが搭載されているに越したことはないと思いますんで、私のように、納車を急ぐ必要のある人以外は、アイサイト搭載モデルの受注が始まるまで、契約は待ったほうがヨサゲですね。


アイサイトがオプション扱いで、まるっと”後付け”できるようになるといいんですがね(^^;






















posted by Joy at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | BRZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月17日

28年ぶりの日本車、SUBARU BRZ S “10th Anniversary Limited” 、納車。







本日、アバルト595コンペに代わる、SUBARU BRZ S “10th Anniversary Limited”が納車されました。

当方のメインカーとしては、SUZUKI エスクード以来、実に28年ぶりとなる日本車です。

 <Joyの愛車遍歴: みんカラ

DSC04192p.jpg

IMG_3891.JPG

DSC04212p.jpg

IMG_3892.jpg
(オドメーター、僅か12km)



今回、仕事の関係で、通勤用の車両として、SUBARU車に乗る必要が生じたのですが、選択肢として、

 パターン1: 595コンペはそのまま保有し、通勤用にSUBARUの中古で安い軽自動車(プレオあたり)を増車
 パターン2: 595コンペを手放し、SUBARUの普通車に乗り換え

という2パターンが考えられました。

当方の595コンペは、ブルーオパコ(マットブルー)という、日本に正規輸入で入ってきたのは僅か30台程度と言われている(既に受注は終了)、非常に貴重なカラーの個体でしたし、走行距離も僅か300kmという新車と言っていいような極上車をわざわざ愛知県から陸送で購入した車両でしたし、購入してからまだ半年余りということもあり、、当然、手放したくないのはやまやまでしたが、、、かといって、我が家は財政状態にヒーヒー良いならも無理して既に”2台持ち”(もう1台は、VW T-Cross)なので、更に増車すると”3台持ち”になってしまい、くわえて、自宅駐車場は2台しか停められないため、駐車場も別に借りる必要が出てきます。。


なので、苦渋の決断ではありましたが、、、前述の「パターン2」、つまり、595コンペを手放し、SUBARUの普通車に乗り換えることとしました。


そうなると、車種をどうするか?ということになりますが、、やはり当方、「MTモデル」という点は死守したい想いがあるものの、現在、SUBARUの普通車でMTが選べるのは「BRZ」のみのため、欲しい車種は、

 ・BRZ
 ・WRX STI(中古限定)

の2車種のいずれかしか無さそうです。


しかも、サイズ的に、WRX STIは、自宅駐車場には大き過ぎるため、必然的に「BRZ」しか無い状況であることが判明しました。
(くわえて、仮に自宅駐車場が広かったとしても、現在、WRX STIの中古は、価格が高騰し過ぎていて、どっちにしろ手が出ない感じです。。)


ちなみに、サイズを比較すると、
 BRZ(ZD8): 全長 4,265 mm x 全幅 1,775 mm x 全高 1,310 mm
 WRX STI(CBA-VAB): 全長 4,595 mm x 全幅 1,795 mm x 全高 1,475 mm
となっており、BRZとWRX STIの「全長」の差が33cmもあります。この点が、自宅駐車場において、ネックとなりました。



そんな訳で、「595コンペを手放すかどうか」ということは相当時間をかけて悩んだものの、、前述の「パターン2」で行くことを決めた後の「車種選び」については、それほど時間はかかりませんでした。



となると、あとは、

 ・新車 or 中古車
 ・グレード
 ・ボディカラー

というようなことを検討することになりますが、自分の場合、ボディカラーは「WRブルー」、グレードは「S」の一択でした。

よって、あとは「新車」か「中古車」か、ということになりますが、まずはSUBARUの新車ディーラーで商談および試乗をしました。

結果、BRZの場合、納車までは、基本2〜3ヶ月はかかると言われ、くわえて、予想はしていましたが595コンペの下取り査定額は鬼ほど安かった(苦笑)ため、、矛先を「中古車」にし、中古車サイトで物色していたところ、昨年販売されてすぐに完売(受注終了)となった、「10th Anniversary Limited」の未走行車(販売時点の走行距離10km!)という貴重な個体が、なんと自宅からクルマで10分もかからない中古車屋さんにあることが判明したため、拝見しに行ったところ、、、現車を見て、そのカッコ良さに一発K.O.されました(^^;


自分が今まで30年近くに渡り輸入車一筋だった最大の要因は「デザイン」だったと思っているのですが、、今回このBRZの「S “10th Anniversary Limited”」の実車を見て、「このデザインなら、違和感無く、日本車に戻ってこれる」と思えました。


しかも、もう新車で買うのは不可能なはずの個体が、奇跡的に自宅至近のお店で販売されており、「これはもう、自分が買うのが運命だろう」と思いました(笑)


よって、ほぼ即決の状態で、この個体の購入を決めた次第です。





ということで、本日より”スバリストJoy”となりました(^^;

これからもよろしくお願いいたします。


DSC04215p.jpg













posted by Joy at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | BRZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月13日

さらば595コンペ、さらば輸入車。

自分でも驚きましたが、今年の1月23日にブログをアップしてから、約5ヶ月間、更新できずにおりました。

理由はひとえに、仕事が忙し過ぎる状態が続いていたからです。

で、ようやく状況が少しマシになったため、再び筆を執ることとしました。




でもって、ブログ復活するや否や、いきなり(自分にとっては)大きなニュースとなりますが、、、昨年11月に納車したばかりの595コンペを、このたび降りることになってしまいました。

 <The Riddle: 運命に導かれ、ABARTH 595 COMPETIZIONE、納車。



理由はこれまた「仕事上の都合」でして、、訳あって、今後は「日本車(しかもメーカー限定)」しか乗ることができなくなってしまいました(^^;


当方の595コンペは、聞くところによると日本には30台ほどしか入ってきていない、ボディカラーが「ブルーオパコ」という、貴重なマットブルーカラーが一番のお気に入りポイントで、、非常に苦労して探し、わざわざ愛知県から陸送してもらって手に入れた一品でしたし、、しかも走行距離も僅か300kmという、ほとんど新車の状態で手に入れましたので、大事に大事に扱ってきたんですが、まさかわずか半年余りで手放すことになるとは思ってもいませんでした。





思い起こせば、当方、初めて輸入車に乗った(買った)のは、今から約30年前の1995年、ホンダのUSアコードワゴンが最初です。

以降、現在に至るまで、約30年間、自身のメインカーは輸入車一筋で来ました。

乗ってきたクルマのブランドは、

 ・プジョー 
 ・シトロエン
 ・アウディ
 ・BMW
 ・アルファロメオ
 ・スマート(メルセデス)
 ・MINI(BMW)
 ・フォルクスワーゲン
 ・アバルト

9ブランドです。(USホンダも入れると10ブランド)
 

ただ、決して「輸入車しか眼中にない」というわけではなく、これまでの間、

 ・ホンダ S2000
 ・ホンダ S660
 ・マツダ RX-8
 ・マツダ ロードスターRF
 ・日産 リーフ nismo(ブログには書いたことはありませんが、実は真剣に購入を考えたことがありました(笑))

といったモデルは、真剣に購入を考えたことがありました。

が、やはり、最終的には、内外装のデザインセンスやクルマの剛性感等々、総合的に考慮すると、どうしても輸入車を選んでしまっていた、というのが実情です。



ただ、当方の自宅の近所には輸入車ディーラーが皆無ということもあり、メンテナンスや維持費等、諸々考え、、以前から、「歳を取ったら最後は日本車だな」、とは思っていたんですが、イメージとしては「60歳くらいになったら」、、を想定していたので、5年以上、予定が早まりました(^^;


けど、自身の財政事情を踏まえた”現実的に買える輸入車”ということで言えば、「ブランド」的には、乗りたいブランド(メーカー)のクルマにはほぼ乗ることができたので、もう十分かな、とは思います。(強いて挙げれば、「ルノー」車にも一度は乗っておきたかったですが)







ということで、今日は、梅雨でありながら午前中、幸運にも少し晴れてくれたため、595コンペのラストドライブに行きました。

DSC04189p.jpg
(595コンペ ラストドライブ)

DSC04157p.jpg
(595コンペ ラストドライブ)



そして午後、595コンペのドナドナとなりました(T_T)

IMG_3790.JPG




595コンペ君、僅か半年ちょっとでしたが、当方のこれまで約30年間の輸入車ライフのラストを飾るクルマとして、楽しませてくれたありがとう☆


(当方の次なるクルマ(日本車)は、最速で今週末に納車される予定です)












posted by Joy at 22:01| Comment(3) | TrackBack(0) | ABARTH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月23日

T-Cross R-Line、1年点検。







一昨年のクルスマスイヴに納車されたT-Cross R-Lineの1年点検のため、昨日、VWディーラーさんに行ってまいりました。

今回は、通常の1年点検のメニューに加え、まだオフィシャルにはなっていない?ものの、近々、T-Crossのリコール(シートベルト警告灯不具合対応)が発表されるようで、先んじてそのリコール対応の修理もしていただきましたので、「点検&点検結果説明」のトータルで3時間弱の工程でした。


納車からこれまでの1年余りの間、このT-Cross R-Lineについては、特に大きな不具合はありませんでしたが、気になっている点として、

 1. エアコンの設定が、エンジンを切って翌日エンジンを始動すると、前回の設定がクリアされてしまうことが頻発
 2. エンジン始動時のPINコード(4桁)の入力が、いつの間にか入力不要になっていた
 3. We Connectに登録していた私のiPhoneが認識されなくなり、再設定したことがあった

という3点も一緒に診てもらうこととしました。

IMG_2408.JPG




そして全ての点検が終わり、サービスアドバイザーの方から大変丁寧な説明を受けました。

まず、うちのT-Cross R-Lineについては、全般的に大きな異常は何も無く、良好な状態でした(^^)

強いて挙げれば、というレベルですと、バッテリーの容量が少しだけ減っているようで、その原因は、我が家のT-Cross R-Lineはこれまでほぼ毎日稼働はしたものの、いつも短距離ばかりの運転になっていることっぽいです。

なので、たまにはなるべく長時間の運転をすることをオススメ、とのアドバイスを頂きました。(バッテリーはもちろん、今回の点検で充電していただきました)


それと、私から少し気になっていることとして挙げた上記3点について、「1.」のエアコン設定の件は、症状が確認できなかったらしく、しばらく様子見ということになりました。

また、「2.」と「3.」については、フォルクスワーゲン(VW)のナビシステムのバージョンを今回の点検で、最新のものにアップデート措置を施したため、恐らく不具合は解消したのではないか、とのことでした。

ちなみに、このアップデートについては、VWとしては、「顧客に対する”能動的なアップデートのお知らせ”はしない」というのが、VW本社の方針らしく、今回のように「点検」時であったり、顧客から「不具合」の申し出があった際、現車のナビシステムのバージョンを確認のうえ対応する、という受動的な対応しか取れないそうです。

よって、我々ユーザーとしては、システムのバージョンが更新されても、それが分からない、ということになります。
PCやスマホ等、一般的なIT製品や家電製品に比べると、かなり遅れてますね。

これは顧客対応スタンスとしては、よろしくないと思いますが、ディーラーとしても同じ想い(顧客に対して不親切)でおられるようで、「VW本社の方針なので・・・」と苦笑されていました。



と、少しネガティブなことを書いてみたものの、、、前述のとおり、T-Cross R-Lineのクルマ自体にはほぼ何も問題が無かったですし、点検が終わった後のサービスアドバイザーさんからの説明も、大変丁寧で素晴らしかったです。

IMG_2410.JPG
(↑ 今回の1年点検の結果が書かれた作業説明書)


IMG_2409.JPG
(↑ 冒頭に記載したリコール対応(現時点ではアンオフィシャル)の作業説明書)




ということで、無事、我が家のT-Cross R-Lineの1年点検が完了しました。

納車してから、この1年余り、メインは「かみさん号」として使っており、かみさんはほぼ毎日使っていますが、私も平均して週に2〜3回は使っています。

で、この1年余り乗ってみての感想ですが、前提として、この「T-Cross」は、現行のフォルクスワーゲン車のラインナップの中では、「Polo」と並んでフォルクスワーゲン車の中の”最廉価モデル”であるということを踏まえると、、「惚れ惚れするほど良いクルマ」という印象です。

特に気に入っているのは、

 ・質感の高い乗り味&キビキビ走るところ
 ・質感の高い内外装
 ・鬼の剛性感(笑)
 ・扱いやすい絶妙なサイズ感

といった感じでして、このクルマが、僅か「1リッター」のエンジンを積んだ、且つ、”最エントリークラス”のクルマであるということが、にわかには信じ難いくらい、非常に良くできたクルマだと思いますね。


逆に、気になるところがあるとすれば、

 ・アイドリングストップでのストップ&ゴーの際にDSGに生ずるガクッというショックが少なからず発生すること

くらいですが、それを差し引いたとしても、総合的には文句のつけようが無い”良いクルマ”という印象には変わりありません。


特に当方、最近、自身のメインカーを595コンペに乗り換えたため、余計にT-Cross R-Lineが”めちゃくちゃ良いクルマ”に感じてしまうようになりました(笑)


もちろん、595のデザインやドライビングプレジャー等は他では味わえない特筆したものがありますが、特にクルマの作り(全体的な剛性感)みたいなものは、T-Crossの足元にも及ばない、「軽自動車が多少丈夫になった」程度の印象ですし(^^;、、しかも、新車価格的にも、595コンペはT-Crossよりも100万円以上高価であることを考慮すると、、やはり「T-Cross、恐るべし」という結論にはなりますね(^^;




ということで、無事、T-Cross R-Lineの1年点検が終わりました。

これからも、我が家の「かみさん号」&「Joyの日常の足(笑)」&「ファミリーカー」という三役をこなす貴重な存在として、長く活躍してくれることを願っております☆




















posted by Joy at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | T-Cross | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月15日

RYDEEN, forever...







高橋幸宏さんが亡くなりました。

当方、今でこそ「メインの趣味を3つ挙げよ」、と聞かれれば、映画鑑賞、クルマ、カメラの3つを挙げると思いますが、現在まで続いている趣味の中で最も息の長い趣味が「オーディオ」です。

当方が初めてオーディオの雑誌を買ったのは、今から40年近く前の、小学4年生前後だったと思いますが、自身が「オーディオ」に目覚めるきっかけとなった曲は、おそらくY.M.O.の「ライディーン」だったと思います。

まさに、当時、小学3年生か4年生だった頃、非常に”ませた”友人がおり(笑)、その友人からY.M.O.の存在を知らされ、初めてライディーンを聴いた時、自分の中で電流のようなものが流れるほど衝撃を受けたことを今でも覚えています。
(ちなみに、その”ませた”友人にはお兄さんがおり、友人は、そのお兄さんの影響で色々と音楽ネタを教えてもらえていたようです。当時、音楽に詳しい友人達は、だいたいそのパターン(お兄さんやお姉さんの影響を受けていた)でした)


その後、オーディオにどんどん嵌るようになりましたが、もちろん小学生の分際なので、当時憧れだった「単品コンポ」は買えるはずもなく、最初は「ラジカセ」で我慢していたものの、中学1年からは、単品コンポを揃えるために、毎年「お年玉」を使って、1年ずつ、アンプ(マランツ)、カセットデッキ(AKAI)、スピーカー(ヤマハ)、レコードプレーヤー(パイオニア)、CDプレーヤー(パイオニア)と揃えていき、高校2年でようやく単品コンポの構成が一旦完成したのを覚えています。


趣味としてのオーディオについては、当方、この40年間、専ら「聴く専門」でしたが、高校時代は少しバンドもやっており、自分が選んだ楽器は「ドラム」でした。

なぜドラムを演るようになったかというと、単純に、楽器の中で、ドラムを叩くことに一番興味があったからですが、当時、ドラマーの中で一番憧れていたのは、やはり高橋幸宏でした。



Y.M.O.に関しては、好きな曲は山ほどありますが、、やっぱり一番好きなのは「ライディーン」ですね。

日本のアーティスト(音楽)で、偉大な人たちは沢山おられますが、「世界」に通用するとなると、かなり限られてくると思います。

そういう意味では、「クラシック」を除く、日本の音楽史上で、Y.M.O.は間違いなく、最も世界に通用した偉大なアーティストの1つだったと思います。


そして、私自身に関しても、自分の人生に最も影響を与えた曲の一つと言っていい「ライディーン」を作曲され、そして、唯一、自分がそこそこ演奏できる楽器であったドラムに関しても”憧れの存在”であった高橋幸宏さんのご冥福をお祈りします。


222AEE99-7601-43AE-B343-379066078911.JPEG
(自室にて、ライディーンが収録されたY.M.O.のアナログレコードと共に今夜撮影)















posted by Joy at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月14日

595コンペ、退院。








今週月曜にエンジンチェックランプ点灯に伴い入院した当方の595コンペが本日退院し、自宅に戻ってきました。

IMG_2211.JPG


やはり「キャニスターソレノイドバルブ」に”詰まり”が生じていたようで、部品一式を交換していただいたとのことです。

もちろん、保証期間内ですので、費用はかからなかったのが救いですが、、たかだか走行距離800km程度でこんな現象が起きてしまうのは、さすがイタ車といったところでしょうか・・(^^;


まぁ、ただ、これまで595コンペ以外に、イタ車には、アルファロメオばかり6台乗ってきましたが、故障に泣かされたようなことはほぼ無かったです。

覚えているのは、

ブレラ(1台目) ⇒ 電動シートおよび運転席ウィンドーの故障(いずれも動かなくなった)
ブレラ(2台目) ⇒ O2センサー異常(部品交換)

の3件だけであり、147GTA147 2.0TS159TIジュリエッタQVの4台はノントラブルでした。
(もっとも、このうち159TIは1年も乗らなかったので、あまり当てになりませんが(^^; )


ちなみに、今まで所有した中で最も”故障が多い”という印象なのは、ダントツでBMW(MINI含む)であり、MINIも含めて、これまで6台(BMW 3台、MINI 3台)に乗ってきましたが、最後に所有したMINI JCW GP2を除き、残りの5台は全て何らかの故障(しかもBMWの3台は全て駆動系の故障)がありましたし、一番酷かったのは、320ツーリングMスポで、、新車で購入したにも関わらず、納車から1ヶ月前後でミッション不具合となり、ミッション丸ごと交換、ということがありました(もし保証期間内でなければ、修理代はえげつない金額になっていたと思われますw)。


なので、世間のイメージほど、個人的には「イタ車はそんなに壊れないよ」という印象を持っているので、今回の595コンペについても、なんとか大きな不具合なく元気でいてほしいと思っています☆
(ただ、私の場合、これまで所有した6台のアルファがほとんど故障に悩まされなかったのは、2ペダル車が159TIだけだったのも大きいかもしれません。アルファやフィアットの「2ペダル車」には、正直、少なからず不安を抱いております(^^; )





















posted by Joy at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ABARTH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月10日

ABARTHパーキングサイン、設置。







昨日の三連休最終日、キャニスターソレノイドバルブの不具合のため595コンペが急遽入院となってしまいましたが、、代車のパッソに乗って自宅に戻り、陽が暮れるまでの余った時間で、自宅駐車場に、こちらを設置しました(↓)。

IMG_2035.JPG


こちら、得意のアリさんにて格安(送料込み700円弱)で購入しましたw
(間違いなく、”パ○もん”だと思います(^^; )


ちなみに、パーキングサインについては、約1年前、フォルクスワーゲンのものも購入し、設置しましたが、そちらのほうはアメリカのフォルクスワーゲンの純正品を本国から取り寄せたので、結構高価でした(^^;

DSC06781-1p-thumbnail2.jpeg





ということで、設置自体は難なく終わりましたが、肝心の595コンペが入院してしまいましたので、アバルトのパーキングサイン設置初日に駐車場に鎮座したのは、アバルト車ではなくトヨタ パッソとなってしまいました(^^;

IMG_2153.JPG

IMG_2152.JPG





















posted by Joy at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ABARTH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月09日

595コンペ、入院。







昨日エンジンチェックランプが点灯してしまった595コンペを、本日、アバルトディーラーさんで診ていただきました。

結果、「キャニスターソレノイドバルブ」異常のデータが検出された、とのこと。。

当方、この部品の役割は全く知らなかったのですが、サービスアドバイザーさんの説明によると、ガソリンタンク内で蒸発したガソリンを適切に処理する(タンク内で気圧がパンパンにならないように)機器のようです。


まさに、その説明を聞いて、一つ、心当たりがありました。


というのも、昨日、このエンジンチェックランプが点灯した後、595コンペにガソリンを入れにスタンドへ行ったんですが、その際、フューエルキャップを回して外したところ、今までにないような「プシューッ」と空気の抜ける大きな音がしたのです。

一瞬、「こんな真冬なのになんで??」とか思ったんですが、これがエンジンチェックランプと繋がっているとは全く思い付かなかったため、「ま、いっか」とスルーしたんですが、、、上記サービスアドバイザーさんの説明と見事に繋がります。。


ということで、、急遽、このまま595コンペを入院させ、修理していただくこととしました。

IMG_2140.JPG
(アバルトディーラーのピットにて)



ちなみに、サービスアドバイザーさん曰く、この症状については、「リコールまではいっていないものの、アバルト本社から情報としては挙がってきている」とのことなので、「595あるある」みたいですね。。





んでもって、急遽の入院、ということもあり、代車についてはほとんど出払ってしまっている状態らしく、代車はトヨタ パッソになりました(^^;

IMG_2141.JPG


今日、ディーラーからの帰り道、パッソを運転していて感じたのは、、それにしても、こういう日本のコンパクトカーは、乗り心地が良くてキビキビ走るし、取り回しも良いので、”日常の足”としては本当に優秀である、ということをつくづく実感しました。




ということで、しばし、595コンペとお別れです。




IMG_2085.JPG
(本日お邪魔したアバルトディーラー)

IMG_2088.JPG
(展示車のF595)

IMG_2089.JPG

IMG_2090.JPG























posted by Joy at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ABARTH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする