2020年09月22日

本日の森林公園 〜 ”わんこと一緒” 編 〜






今日は4連休最終日。くわえて、関東に台風が近づいており、明日から雨模様になるのが確実な状況ですが、今朝は晴れてくれたので、急遽、森林公園にお邪魔してまいりました。

それと、昨年他界したミニチュアダックスのMaxは、以前、森林公園に連れていったことがありましたが、現在飼っているCocoは、まだ連れていったことがなかったため、今日は急遽、Cocoも連れていくことにしました。


昨日は、4連休の3日目、且つ、天気も良かったことから、森林公園は相当な混雑だったようですが、、今日は4連休最終日で、皆さんお疲れかもしれないですし、午後から天気も下り坂ということで、それほど混雑しないだろう、という予想もあって、急遽お邪魔してきましたが、見立てが甘かったです(^^;

現地に着いたのがAM11時前でしたが、森林公園”直営”の駐車場は全て満車。。

で、近所の民間の駐車場も複数が満車でしたが、ちょっと離れたところにある駐車場に幸い空きがあったため、そこに滑り込みました。(おそらく着くのが10分遅ければ、そこも満車だったことでしょう。。)



ということで、無事入園し、Cocoと一緒に、コリウス畑とケイトウ畑に向かい、写真を撮ることができました。

DSC04198-1.jpg
(ケイトウ畑 ↑)

DSC04242-1.jpg

DSC04245-1.jpg
(コリウス畑 ↑)




そして、昼食は、当方にとってもはや”定番”となった、中央レストランの「ピザ」を今回も頂きました。

ただ、今まではすべて、テイクアウトで購入し、自宅に帰ってから食べたのですが、今回は、テイクアウトではあるものの、森林公園内の屋外ベンチで、”作り立て”の状態で頂きました。

IMG_5366.JPG




ということで、今日の森林公園は、祝日ということもあり、ここ数年、平日にしかお邪魔したことがない当方としては、「こんなに混むんだ・・」という感じでしたが、それでも、都心に近い施設に比べれば、まだまだ空いていると思いますし、なんといっても敷地が広大なので、コロナ禍に伴う”三密”状態については、そこまで神経質にならなくてもいいと思えるような混み具合でした。


ちなみに今日は、ワンちゃん連れのお客さんもたくさんおられました。

森林公園は、ワンちゃんのストレス解消にもちょうどよいと思います。



以上、本日の森林公園の巻でした。


 <Instagram投稿ページ: Joy_gp2_landscape


 <国営武蔵丘陵森林公園 公式サイト

















posted by Joy at 19:56| Comment(0) | 森林公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

本日の森林公園 〜 コリウス、ケイトウ編 〜






投稿するのが遅くなってしまいましたが、ようやく涼しくなってきたため、先週火曜(9月15日)、森林公園に行ってまいりました。

この日の目的は、見頃となったコリウス畑と、ほぼ見頃になったケイトウ畑です。

まずはコリウス畑から。

DSC03620-1p.jpg

DSC03614-1p.jpg

DSC03606-1p.jpg


このコリウス畑に着いた時は、空はかなり雲に覆われていたのがちょっと残念でしたが、それでも、見事に見頃となったコリウスが辺りを覆い尽くすように敷き詰められていました。

今年初めて6月に森林公園にお邪魔した際、このコリウス畑では、ちょうどボランティアの皆さんが、猛暑の中、コリウスの苗を一生懸命植えておられた最中でした。

それが2ヶ月半ほどで、ここまで見事になったのは感慨深いです。

ちなみに、このコリウス畑は、周囲が大きな木々で覆われているので、晴れた日は、木洩れ陽が差して一層綺麗に見えます。

今回は、前述のとおり曇天でしたが、それでも、時折、薄陽が差してくれたので、陽に当たっている部分と影になっている部分のコントラストが素敵でした。





そしてお次は、ケイトウ畑。

今回お邪魔した9月15日の時点では、まだ公式には「見頃」という表現にはなっていませんでしたが、個人的には、十分「見頃」と言っていいのではないかと思えるほど、こちらも見事な咲きっぷりでした。

DSC03559-1.jpg

DSC03557-1.jpg

DSC03544-1p.jpg


このケイトウ畑は、上記のコリウス畑とは対照的に、周囲に遮るものがない状態で植えられているため、まさに「壮観」な景色を拝めます。

ちなみに、このコリウス畑も、本日現在は、名実ともに「見頃」を迎えているはずです。



ということで、今回は、この「コリウス畑」と「ケイトウ畑」を見れただけでも十分満足でしたが、更に足を伸ばし、他の草花も色々と鑑賞してきました。

続きは次回に。


 <国営武蔵丘陵森林公園 公式サイト
















posted by Joy at 22:23| Comment(0) | 森林公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

3ヶ月半ぶりの出社。






当方、6月5日を最後に、連続テレワーク(在宅勤務)記録が3ヶ月半になろうとしていましたが、一昨日の金曜(18日)、久しぶりに、都心の勤務先へと出社してきました。

やはり3ヶ月以上も出社(通勤)をしていないと、出勤の仕方を忘れてしまいますね、マジで(^^;


社会人になって25年以上、平日は毎日「出勤」ということが当たり前の生活を送っていたので、当然、通勤鞄の中の整理や、毎朝の髭剃りや髪型のセット(笑)等、当たり前のようにやっていたことを、3ヶ月以上もやっていなかったので、「ん? 鞄の中に入れる物品は、これで全部だっけ?」とか、「あれ?整髪料ってどこに置いてたっけ?」と、何度も、確認をしながら出勤の準備をしたので、やたらと時間がかかってしまいました(^^;


担当業務上、これから10月上旬にかけて、何度か出勤する必要があるんですが、10月中旬以降は、また「基本はずっと在宅勤務」の状態に戻り、おそらく、出勤するのは、多くても2〜3週間に1回くらいのペースで済みそうです。


自分の場合、「会社に行く」こと自体にはそれほど拒絶感はないものの、通勤時間が片道2時間以上かかるので、これだけ長期間、在宅勤務を続けてきて、「通勤時間」というものが存在しない生活に慣れてしまったので、やはり、通勤に往復4時間もかけるのはアホらしい、という以外ありませんね。。

それと、やはり、通勤時間が長いことにより、「通勤途中でコロナに感染」というのが一番、避けたいことです。

仮に感染したとしても、症状が軽ければいいんですが、いずれにせよ「感染」した段階で、当然、しばらくの間、治療のため、仕事もできなくなるでしょうから、会社の同僚達にも迷惑をかけることになりますし。。。

なので、毎日これだけ感染者がまだまだ発生している状況で、「Go Toトラベルキャンペーン」とか、私としては、「まだ、そんなことやれるような状況じゃないだろ」というのが偽らざる心境ですし、やはりワクチン等が出回るまでは、少なくとも、公共交通機関を使って、人が参集するような場所に遠出するような気にはなれませんね。。



とはいえ、前述のとおり、とりあえず、10月上旬までは、往復4時間かけて、何度か都心に出勤しなくてはいけないので、気が重いです。。

まぁ、世の中には、仕事柄、テレワークをしたくでもできないような業種もたくさんあるでしょうから、自分の場合は、贅沢な悩みだとは思いつつも、、やはりテレワークに「慣れて」しまうと、もう、後戻りはできないなぁ、というのが正直なところです。


ということで、4連休もあと2日ですね。
















posted by Joy at 23:42| Comment(0) | 在宅勤務/テレワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SONY フルサイズミラーレス「「α7C」発表。






ここ最近、”フルサイズミラーレス機”に関しては、Canonから「EOS R5、R6」、Nikonから「Z5」と、続々と魅力的なモデルが発表されていますが、、迎え撃つSONYとしては、先般「α7SV」を投入していたものの、この「α7SV」は”高感度”モデルということで”ニッチ”な商品と言えるかと思います。


そんなSONYから、先週「α7C」が発表されました。

 <デジカメWatch: ソニー、新コンセプトミラーレス「α7C」を正式発表

27_s.jpg
(「デジカメWatch」より)



この「α7C」は、一言で言うと、「『α7 III』の性能を凝縮しつつ、小型化に成功」したモデルと言えそうです。
(「α7 III」の重さの78%、体積だと81%のサイズを実現)

ボディカラーは、通常の「黒」に加え、天面がシルバーのモデルもあり、このシルバーモデルも人気が出そうですね。

店頭予想価格は21万円前後とのことなので、これから新品で「α7 III」を買おうと思っていた方達は少なからず、今回発表された「α7C」に鞍替えするかもしれませんね。


いずれにせよ、これで、Canon、Nikon、そしてSONYの御三家による、小型フルサイズミラーレス機の入門モデル(且つ高性能)が出揃った感がありますので、消費者としては、選ぶ楽しみが増えました☆


あ、もちろん当方は、これからも「α7RV」一筋で頑張ります(笑)
















posted by Joy at 13:52| Comment(0) | α7R V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェアレディZ プロトタイプ、公開。






先週16日、日産フェアレディZの七代目となるZ35系のプロトタイプがついにお披露目されました。

 <Car Watch: 写真で見る 日産フェアレディZ プロトタイプ「Z PROTO」

001_l.jpg
Car Watchより)



スポーツカーの場合、まずは「デザインがどうなのか?」というところが非常に大きいと思ってますが、今回のこの新型Zのデザインについて、トータルとしては、個人的に「好印象」を抱きました。

「サイドビュー」と「リアビュー」は、クラシカルさをベースにしつつ現代的に仕上げた感があって素直にカッコいいと思いますし、特に「斜め後ろ」から見た感じは、相当痺れますね☆


唯一残念なのは、国産・輸入車問わず、ここ10年くらいのほとんど全てのクルマに言えることですが、「フロントマスク(お顔)」のデザインです。

「お目目(ヘッドライト)」と「お口(グリル)」のカタチが微妙です。。

お目目」に関しては、"初代「240ZG」のヘッドライトカバーの写り込みをモチーフ"にしたデザインとのことですが、あくまでも240Gについては、ヘッドライト自体は「まるい(円)」デザインであり、そのヘッドライト自体のイメージが強烈(良い意味で)なので、どうせなら今回のZ35系も、その「まるい(円)」というところがはっきりとイメージできるような踏襲をしてほしかったな、という気がします。

今回のZ35系の”アーモンド形状”の「お目目」のデザインは、頭に浮かぶ言葉はやはり「ビミョ〜なカタチ」という感じで、正直、今見比べても「240ZG」のお目目のほうが、断然カッコいいと思います。



それと、「お口(グリル)」ですね。

現行三代目MINIや近年のアウディ等にも言えることですが、最近のクルマのグリルのカタチって、なんでこんなにわざわざカッコ悪くしちゃうのでしょうか。。(^^;

というか、おそらくこれは「お口(グリル)」単品のデザインだけの問題ではなく、「お目目(ヘッドライト)」のデザインとの組み合わせでの見え方が非常に大きいと思うのですが、近年のクルマのフロントマスク(正面から見た”お顔”)は、バランスが悪いというか、とにかく「おマヌケ」に見えてしまうんですよね。

そして今回のZ35系プロトタイプに関しても、その傾向が当てはまる形となってしまいました。

正直、この”真正面から見たお顔”に関しては、「可愛い系のクルマ」のデザインになってしまっている気がするので、非常に端正でカッコいい「サイドビュー」や「リアビュー」とのバランスに違和感を覚えます。

やはりZのような「スポーツカー」は、四方八方どこから見ても「カッコいい」と思えるデザインであってほしいですし、その中でも「フロントマスク」は「要(かなめ)」となる部分の一つだと思いますから、今回の新型Z(プロトタイプ)に関しては、その点が残念でした。
(質感の高さは、とても感じるのですが、「質感が高い」ということと「デザインがカッコいい」ということは別物なので(^^: )




と、クルマのデザイン、とりわけ「フロントマスク」のデザインに対する拘りが強い当方なので、長々と書いてしまいましたが、、今回の新型Z、トータルとしては、”レトロモダン”なところが好感が持てますし、初代Zだけでなく他の歴代Zのモチーフも感じられますし、全体的な”質感”の高さみたいなものも大いに感じるので、、全体としては「イイね!」と思えるデザインに仕上がっていると思いました。

公道で見かけるようになるのが楽しみです☆
















posted by Joy at 12:34| Comment(0) | Car | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

Appleイベント、終了。(新型iPhoneは発表されず)






日本時間の今朝2時(深夜)にスタートした、Appleのイベントが終了しましたが、これまでの「噂」として最も高い関心を集めていた「新型iPhone(iPhone12)」の発表はありませんでした(^^;

 <ITmedia: Appleイベントで“新iPhone”は発表されず

まぁ、今使っている「iPhone XS」は、既に”型落ちモデル”ではありますが、まだまだ使えそうですし、新しい機種に買い換える財政的余裕もないので(^^;、、、この「iPhone XS」に当分は頑張ってもらおうと思っているのですが、、とはいえ、毎年この時期のAppleのイベントでは、新型iPhoneが発表されるものとばかり思っており、それなりに「どんな新モデルになるのか」ということは楽しみにしていたので、ちょっと残念ですね。


今回のイベントで発表された「ハード(プロダクト)」に関しては、

・Apple Watch Series 6

・Apple Watch SE

・iPad Air

・iPad(第8世代)


の4つだったようです。


また、ハード以外の「サービス」系の新たなものは、

・Apple One

・Apple Fitness+

の2つ。


くわえて、「OS」系については、

・iOS 14

・iPadOS 14

・watchOS 7


が日本時間の9月17日からリリースされるとのことです。


これらの中で、個人的に最も楽しみにしているのは、明日からリリースされる、「iOS 14」と「watchOS 7」ですね。

というか、今回に限らず、ここ数年は、プロダクト系よりも、「OS」のメジャーアップデートのほうがワクワクしますね(^^;


で、特に今回は、「watchOS 7」の「睡眠アプリ」を使うのが楽しみです。

いよいよApple Watchでも睡眠管理機能が搭載されましたね。


一方、「iOS 14」に関しては、今回はさほど「おぉー!」みたいなものは個人的にはありませんが、「マップ」がどの程度強化されたのかは興味深いところです。





そして、「ハード(プロダクト)」系に関しては、前述のとおり、肝心の「新型iPhone」の発表がなかったのが残念でしたが、「Apple Watch Series 6」が発表されましたね。

新たに追加された性能としては大きく、「血中酸素飽和度(SpO2)センサー」と「高度計」の2つのようです。

個人的に、「高度計」は、あったら便利だとは思いますが、まぁ、昨年末に「Series 5」に買い換えたばかりなので、少なくともあと数年は「Series 5」で頑張る予定です(^^;



以上、今回のAppleイベントに関する、個人的感想でした。
















posted by Joy at 13:57| Comment(0) | Apple | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

アンドロメダ銀河、かろうじて写る。。(^^;






ここのところ、梅雨に後戻りしたような天気が続いてますね。。

今も、うちのエリアは霧雨が降り続いています。。


1週間前に西日本に襲来した台風10号は、あれだけ「特別警報」が確実視されたように報じられていましたが、予想されていたほどは勢力が伸びなかったのが不幸中の幸いだったものの、この時代になっても、天気を当てるのは難しいんだなぁ、とあらためて思いました。


ちなみに、一昨日(11日(金))の、うちのエリアの天気予報についても、午前中の時点で、その日の夕方の天気予報は、

<Apple純正の「天気」アプリ>
 IMG_5050.jpg



<ウェザーニュースアプリ>
 IMG_5049.jpg


というふうに、Apple純正の「天気」アプリでは、夕方は「曇り」で降水確率も高かったんですが、一方、「ウェザーニュースアプリ」では、「晴れ」となっており、全く違う予報になっていました。

結果、一昨日の夕方は、ほぼ「晴れ」であり、雨も全く降らなかったので、ウェザーニュースのほうが、さすが本業だけあって、一矢報いる形となりました(^^;


ただし、当方、いつもこの2つのアプリを同時に確認するようにしているのですが、、これまでは、逆にApple純正の「天気」アプリのほうが的中し、「ウェザーニュースアプリ」のほうが外れたケースも見てきたので、、このように、複数のお天気アプリを同時に使っていると、なかなか面白いです(^^;
(どのお天気アプリが一番、的中率が高いか、みたいなデータがあると面白いですね。。)




さて、ということで、一昨日の夕方は久しぶりに晴れてくれて、綺麗に星が見え出したので、仕事を終え、急遽、近所の河原へ、天の川撮影に出かけました。

先日購入した、トキナーの広角レンズの威力を試したかったからです。

 <The Riddle ver.2.0: 本日のガジェット 「トキナー FíRIN 20mm F2 FE AF」(SONY Eマウント フルサイズ用 広角単焦点レンズ)



そして、現地に到着し、暗闇の中で改めて空を見上げると、所々、雲はあるものの、ちょうど天の川の方向は、肉眼で見る限り、やはり綺麗に星が見えていたので、「これはイケるかも」とある程度手応えを感じ、撮影開始。

が、、、いざ撮影し、カメラのモニターで画像を再生してみたところ、悲しいことに、下の画像のとおり、ちょうど天の川の一番イイ部分が、しっかりと「雲」で覆われていました。。。(T_T)

DSC03426-1.jpg


この天の川の部分は、肉眼で見る限り、全く「雲」は見えなかったのですが、「薄雲」がかかっていたんですね。。。

ちなみに、この薄雲の奥に、間違いなく、天の川の一番明るい部分が写っているのは確認できるのですが、それを言わなければ、この写真をパッと見ただけでは、単なる、星と雲の写真にしか見えませんよね・・・(^^;

現地で30分ほど撮影を続けましたが、一向に雲が無くならないので、この日は、天の川撮影はあきらめました。。。


で、そのまま帰るのも悔しいので(笑)、「そういえばそろそろアンドロメダ銀河の季節だな」ということで、カシオペア座の方向にレンズを向け、3枚ほど撮影し、帰宅しました。


ただ、当方、これまで「アンドロメダ銀河」を肉眼で見た(というか「見えた」)ことがありません。

ネットで予習した限り、「肉眼でも十分見える」とか「見え方は、満月の5倍の大きさ」とか書いてあります。

当方、ここ数年で老眼が酷くなり、ついに今年の春ごろから、スマホ画面やPCでの仕事の際は、老眼鏡をつけるハメになってしまいましたが、、昨年の健康診断でも視力は「1.5」を保っており、半径1メートル以上遠くのものであれば、今のところ、問題なく見えてます。

だとすれば、「肉眼でも十分見える」とか「満月の5倍の大きさ」みたいに言われているアンドロメダ銀河ですから、当方の視力であれば、見えないわけがない、と思ってしまいます。

しかしながら、1ヶ月ほど前から、晴れた夜には、いつも、アンドロメダ銀河がある方向に目を向けるのですが、「満月の5倍」の大きさの銀河など、どこにも見当たりません。。

目を向けている方向は、決して間違っていないはずなんですが。。



なので、今回の撮影では、とりあえず、カシオペア座とアンドロメダ座が写るように撮影しました。


で、自宅に戻り、早速、撮影した画像をPCの大画面で確認してみたんですが、「満月の5倍」みたいな写り方をしている銀河など、やはりどこにも見当たりません。。。

その後、あらためて、ネットの色々なサイトや記事で、「アンドロメダ銀河」の位置を確認しましたが、どう見ても、今回、私が撮影した写真には、構図的に、間違いなく、アンドロメダ銀河が写っているはずなのです。

DSC03419-1andのコピー.jpg


上の画像が、その写真なんですが、ご覧のとおり、こちらの写真も、全体的に薄雲で覆われているものの、かなり薄い雲なので、背景にある星たちは、十分、見えてます。

しかも、アンドロメダ銀河は、色々な記事を見ても前述のとおり「肉眼でも十分見える」、「満月の5倍」とか書いてあるので、さすがに、これだけたくさん星が写っているのであれば、アンドロメダ銀河が写っていてもなんら不思議ではありません。


で、この写真を、更に拡大して、穴が開くほど目をこらして探し続けたところ、、、ついに、それらしきモノを見つけました。

DSC03419-1and.jpg


黄色で示した、左側の楕円がカシオペア座、右側の瓢箪のような形をした円の中がアンドロメダ座、そして、その間に挟まれた小さな円の中に、他の星とは光り方が異なり、わずかに、ぼぉっとした光芒で囲まれた星のようなものが見えます。

おそらく、これがアンドロメダ銀河で間違いないと思われます。

さらに拡大した画像がこちらです。(↓)

DSC03419-1and2.jpg



ちょっと感動しました。

が、いくらなんでも、これが「満月の5倍」というのは、大袈裟過ぎますね・・・

もちろん、光害の無い恵まれた環境で、且つ、望遠でしっかりと撮影すれば、周囲の光芒まで含めれば満月の5倍の大きさに写るんだと思いますが、肉眼で見る限り、一等星どころか、三等星よりも暗いですよね。(その後調べてみたところ、どうも「五等星」レベルの明るさのようです。。。そりゃ、見えんわ(^^; )


アンドロメダ銀河に関する記事や書き込みがネットにたくさん載っていますが、わずかながら、「肉眼で見るのは厳しい。見えたとしてもシミ程度」という、非常に現実感のある表現で書いておられる方もいらっしゃるものの、普通に検索する限り、出てくる表現は、繰り返し書いたとおり、「満月の5倍」とか「肉眼でもよく見える」とか、そんな表現が多いです。これはちょっと、大いなる誤解を生じさせると思いますね。。(^^;

ほんと、これ「シミ」ですね(笑)

よって、元々抱いていた「期待感」からは大きく外れましたが、いずれにせよ、初めてアンドロメダ銀河を写真に収めることができたこと自体は、感動しました。


これからの季節は、どんどん、空気が綺麗になっていくので、また何度か、アンドロメダ銀河の撮影にトライしたいと思います。

と言いたいところですが、、当方、望遠側は105mmまでのレンズしか持っていないので、期待はしないようが良さそうですが。。(^^;

(ちなみに、今回の撮影は、すべてトキナーの超広角レンズ(20mm)で撮影したものです)
















posted by Joy at 22:59| Comment(0) | α7R V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

キジバト、巣立つ。

今年の7月末辺りから、自宅の庭の木にキジバトが巣を作り始め、8月に入ってから産卵、そして雛が孵りました。

我が家の庭木にキジバトが営巣するのは、覚えている限り、これで3度目です。



最初に営巣したのは今から8年前で、その時のことは、このブログにも書いていました。

 <The Riddle: Bird's house

実はこの時は、悲しい結末が待っており、、、無事、2羽の雛が生まれ、親鳥もつきっきりで面倒を見ていたのですが、生まれてからわずか2〜3日目で、うちのエリアが猛烈な台風に襲われ、巣がある木も横倒しになるような突風が長時間吹き荒れたことで、2羽とも高い所にある巣から振り飛ばされて落下し、死んでしまったのです。。






その次の、「二度目」の営巣については、実は当方は知りません。

というのも、ちょうど今から3年ほど前、当方が、仙台で単身赴任をしている時だったからです。

ただ、一度目と違い、その時は、順調に雛も育ち、無事に巣立っていったそうです。







そして今回が三度目の営巣となるのですが、前述のとおり、とにかく怖いのは台風です。

先月、2羽の雛が孵ったことを確認して以降、毎日、とにかく台風だけは来ないでくれ、と祈ってました。

途中何度か、大雨が降って心配したこともあったのですが、幸い、台風は来ず、日に日に物凄いスピードで雛が成長していくのを見守っていました。

そして、先週金曜(28日)の朝、庭に出てみると、ついに、2羽の雛が巣から離れているではありませんか。

ついに「巣立ち」しました。


ところが、「巣立つ」ことは巣立ったものの、その後、2羽とも、ずっと何時間もうちの庭の地面を歩き回っているのです(^^;
(まだ、満足に飛べないので、まるでアヒルのように、ずっと地面にいるんですよね・・)



家族によると、前述した、前回の「2度目」の営巣(当方は単身赴任中で不在)の際、雛が巣立った日は、最初はやはりわずかな時間だけ、うちの庭に居たらしいのですが、間も無くその日のうちに、親鳥とともに、どこかへ飛び去っていったそうです。




なので、今回も、寂しいですが、巣立った日のうちに、いずれどこかへ飛び去っていくのだろうと思っていたのですが、その日の朝に巣から離れたにも関わらず、夕方になっても、まだうちの庭の地面で、休んでいるのです。。

まぁ、もう少し、この可愛い雛たちを見れるのは嬉しいのですが、木などの上ではなく、「地面」に居るので、猫に襲われたりしないかと気が気じゃありません。。(ネットの記事等を読んでいると、やはり、雛は、猫やカラスに襲われることが少なからずあるそうなので)

IMG_4755.JPG
( ↑ 実際の写真)



そのうち陽が暮れて暗くなり、庭を見にいったところ、雛たちは見当たりませんでした。

さすがに日没の前に、親鳥とともに、どこかへ飛び去っていたのだろうと思いました。これでお別れだと思うと寂しいですが、とりあえず、無事に巣立ってくれたので何よりです。



で、翌朝(29日)、念のため、庭を見にいったところ、なんと、2羽とも、またうちの庭の地面でちょこんと休んでいました(^^;

恐らく、夜間は、危険なので、さすがにどこか高い所に移って眠っていたんだと思いますが、、いずれにしても、また、まるでアヒルのように、うちの庭の地面で休んでました(^^;

この日も夕方まで、同じような状態が続いたんですが、やはり、日没後、暗くなってからは、どこを見渡しても、雛の姿は見つけられません。



今度こそ、どこかへ飛び去っていったんだろうと思ったんですが、、、翌朝(30日)に庭を見にいってみると、またしても、地面にちょこんと、2羽とも居るではないですか(^^;




そして、昨日の31日、そして今日(9月1日)も、いまだに、同じような状態が続いています(笑)

さすがに、今日は、「地面」に居る時間よりも、うちの庭の木やフェンスなどの上に居る時間が多くなってきたので、本来の「鳥」の習性である「高い所に居る」というのが当たり前になりつつあるようで、少し安心しましたが(とにかく、「地面」に居ると、猫に襲われるのではないか、と心配)、いまだに日中は、うちの庭が、彼らの「定位置」になっているので、まるでキジバトが、「天然のペット」みたいな感じになってきました(笑)


とはいえ、本来であれば、もう、うちの家から去っていても全然おかしくはないと思うので、もしかしたら、明日にはもう居なくなっているかもしれません。。

雛が孵ってから、かれこれ1ヶ月ほど、毎日、見守ってきたので、やはり情が移りますよねぇ。

いずれにしても、なんとか無事に育ってくれたようなので、ホッとしています。


コロナ禍で、思うように外出もできなかったこの夏、このキジバトたちが毎日、我が家を楽しませてくれました☆


IMG_4909.JPG
( ↑ 本日の一コマ。うちの庭の木の枝の上で、兄弟仲良く休んでます)















posted by Joy at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

ブラックパンサー、逝く。。







まさか、とは思いましたが、昨日のニュースで、ブラックパンサーのテイチャラ役等で知られる、チャドウィック・ボーズマンの訃報が飛び込んできました。

 <シネマトゥデイ: 『ブラックパンサー』チャドウィック・ボーズマンさん死去



当方、数あるマーベルの映画の中で、"作品単品"として一番面白いと思っているのは、ルッソ兄弟がマーベル作品として初めてメガホンをとった「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」なんですが、その次に挙げるとしたら、「アントマン」と、この「ブラックパンサー」です。

チャドウィック・ボーズマンは、派手さが無くて誠実な印象がしますが、まさに自分はそこが好きで、且つ、ブラックパンサーとしての配役も、見事に適任だったと思っています。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」でも大変重要な役割で活躍してくれましたから、ブラックパンサーの「続編」をとても楽しみにしましたし、年齢的にもまだまだこれから、という方でした。

ダークナイトで"史上最高"と言っていいジョーカー役を演じた、ヒース・レジャーの時もそうでしたが、このような形で続編が観られなくなるのは、本当に悲しいですね。。

しかも、個人的にチャドウィック・ボーズマンは、好きな俳優でしたので、ただただ残念です。

ご冥福をお祈りします。















posted by Joy at 21:15| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

本日の森林公園 〜中央レストラン(テイクアウト)編〜






8月に入ってから、数週間続いている”異常な暑さ”の影響で、外出の機会がめっきりと減ってしまった今日この頃です。。

クルマに関しても、最低でも週に一度は運転しないと気が済まない当方ですが、、”灼熱地獄”と化した車内に乗り込むことすら嫌なので、愛車を運転する機会も激減してしまいました。。


そんな訳で、「森林公園」についても、本当はもっと頻繁に訪れたい気持ちはあるものの、前回、今月5日にお邪魔したのを最後に、足が遠のいておりました。



が、先月お邪魔した際に初めて買った、森林公園内の「中央レストラン」の、めちゃウマなピザの味が忘れられず、昨日、急遽、森林公園を訪問し、ピザをテイクアウトしてまいりました。


IMG_4646.JPG


IMG_4649.jpg
(ミックスピザ)


IMG_4650.jpg
(マルゲリータ)




前回と同様、今回も「ミックスピザ」と「マルゲリータ」の2種類を購入しましたが、やはり今回も「美味い!」の一言。

しかも、ここのピザは、「冷めても美味しい」のが素晴らしく、前回も今回も「テイクアウト」で購入したので、実際に食べ始めたのは、購入してから30分ほど経過しており”アツアツ”ではなくなってしまっているんですが、、それでも十分美味しいのです。


もちろん、オーブン等で再加熱すれば、更に美味しく食べれます。





ということで、今回は、ピザをテイクアウトするためだけ、と言っていい、短時間の訪問となりましたが、8月も下旬に差し掛かり、これまでのような「灼熱地獄」的暑さは、だんだんと減っていくでしょうから、森林公園に足を運ぶ機会も増えそうです。


次回お邪魔した際は、三密を避けつつ、是非、現地(中央レストラン)でこのピザを食べられるといいなと思っています☆


 <国営武蔵丘陵森林公園 公式サイト














posted by Joy at 13:26| Comment(0) | 森林公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする