2016年04月21日

ハスラー、サービスキャンペーン。

『サービスキャンペーン』といっても、ハスラーが無料で貰えるとか、ハスラーがお買い得価格で買えるとか、そういう類のものではありません(笑)


ご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、国土交通省HPの中の「自動車のリコール制度について」ページの情報によると、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■リコール

  リコールとは、同一の型式で一定範囲の自動車等又はタイヤ、チャイルドシートについて、道路運送車両の保安基準に適合していない又は適合しなくなるおそれがある状態で、その原因が設計又は製作過程にあると認められるときに、自動車メーカー等が、保安基準に適合させるために必要な改善措置を行うことをいいます。

■改善対策

  改善対策とは、リコール届出と異なり、道路運送車両の保安基準に規定はされていないが、不具合が発生した場合に安全の確保及び環境の保全上看過できない状態であって、かつ、その原因が設計又は製作過程にあると認められるときに、自動車メーカー等が、必要な改善措置を行うことをいいます。

■サービスキャンペーン

  サービスキャンペーンとは、リコール届出や改善対策届出に該当しないような不具合で、商品性・品質の改善措置を行うことをいいます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と記載されており、『サービスキャンペーン』は、いわゆる広い意味で言うところの『リコール』の中で、最も軽いレベルの改善措置、ということになります。



今日、埼玉の自宅宛に、うちのハスラーに対する、この『サービスキャンペーン』の案内が送られてきました。

2016042101.jpg



正直、『サービスキャンペーン』というネーミングがよくないですよね。

確かに、本来「campaign」という英単語は「ある目的のもとに組織的に人々に働きかける活動。宣伝・啓蒙活動」という意味らしいので、言葉の使い方としては間違っていないのでしょうけど、、日本においては、一般的の日本人が
「キャンペーン」と聞くと、「何かのセール?」とか「1個買えばもう1個貰えるキャンペーン?」みたいな意味を連想するのではないでしょうか。。(^^;


まぁ、そんなことはどうでもいいか(笑)




ということで、この『サービスキャンペーン』とやらを受けるために、近日中にハスラーをスズキ・ディーラーに持っていくことになりそうです。。









    



    


















posted by Joy at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | HUSTLER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

超個人的、単身赴任お役立ち役グッズ・ランキング。

単身赴任を始めて1年が経過し、当方の部屋(アパート)にも、単身生活開始当初に比べ、色々とモノがゴチャゴチャと増えてきました。

ちょっと前に流行った「断捨離」や最近流行りの「ミニマリスト」を当方も目指したいところですが、なにせこのとおり、ベクトルが真逆を向いただらしない性格のため、なかなか実践できません。。(^^;



さて、そんな中、この1年、久方ぶりに一人暮らしをしてみて、「このグッズがあったから、めちゃ助かった」的なモノがいくつかありましたので、今日はベスト3を紹介いたします。


【第1位】
ネスカフェ バリスタ


2016041701.jpeg


単身赴任するなど予想していなかった昨年の正月、初売りでゲットしたモノですが、結果的に、この1年、出張や埼玉帰省時を除き、仙台に居る間は、休むことなく毎日フル稼働してくれました。

使い方としては、毎朝、朝食時に使用してましたが、出勤前のバタバタの中で、毎日、大活躍してくれました。

水を入れ、カップを置いてボタンを押すだけなので、非常に楽です。
ただ、試行錯誤のうえ、現在では「Joyオリジナル(笑)」の入れ方をしてます。

というのも”おこちゃま”の当方としては、「ミルク多めのカフェオレ」が好きなので、まずは大きめのコーヒーカップにたっぷりの牛乳を入れ電子レンジでチンし、その状態でバリスタにセットし、「エスプレッソボタン」を押して、出来上がりです。

こうすることによって、同じように温めた牛乳の中に、自分でインスタントコーヒーの顆粒を入れて混ぜ混ぜして飲むよりも、格段に美味しいカフェオレが出来ます。


珈琲好きの当方にとって、本来ならば、朝からハリオのコーヒーメーカーを使いたいところですが、、平日の出勤前の朝は、時間との戦いですし、上記のとおり、例えインスタントコーヒーであっても、自分で混ぜ混ぜして作るよりは遥かにウマいカフェオレが、「早く手軽に」完成するので、このバリスタには本当に助かっています☆

それに、やっぱり自分で混ぜ混ぜして作るよりも、「マシンを使っている感」により、朝から気分もアガりますしね(^^;






【第2位】
パナソニック プライベート・ビエラ


2016041702.jpg


これも、単身赴任生活など想定せず、一昨年、購入しましたが、現在、仙台のアパートにて”メイン”のテレビとして1年間、大活躍してくれました。

料理する時、洗濯物を干す時、部屋を掃除する時、等々、どこにでも手軽に持っていけるので、とにかく便利です☆
(防水なので風呂場でも使えますが、水に濡らすのが勿体ない気がして、使っていません(^^; )

ハードディスクレコーダーも付いていて、録画した番組もワイヤレスで、何処に居ても観れるので、申し分ないです☆


実は、埼玉の自宅の自室で使用していた32型の液晶テレビも仙台に持ってきているんですが、持ってきた初日に、セッティングの確認をするために使用しただけで、以降、今日まで1日も使用せず、すべてこのプライベートビエラしか使ってません。映画やhulu等で動画を観る時は、iMacで事足りてますし。。(^^;






【第3位】
WiMAX 2+ W01


2016041703.jpg


コレはまさに、仙台への転勤が決まり、「単身赴任生活用」として昨年3月、新たに調達したモノです。

今や、ネット無しの生活など考えられませんので、単身赴任先でも「ネット環境」を構築する必要がありますが、光回線等、色々と接続手段を検討した末、このWiMAXを選択しました。

結果、今のところ”大正解”でした。

料金は手頃ですし、接続スピードも問題ありませんし、端末が超コンパクトなため外出時にも気軽に持っていけて出先でWi-Fiを使うことができますし、くわえて、この1年間、接続障害等のトラブルも皆無。ということで言うことなしです☆

まぁ、端末は基本的に「オン」「オフ」しかしないため、存在感は薄いものの、この1年間、仙台の自宅で(くわえて、出張先でも)、存分にネット生活の恩恵を受けることができたのも、このWiMAXがあったからですし、ある意味、役立ちグッズ第1位にしてもいいくらいかもしれません☆









ということで、、別に「電気製品」に拘ったわけではないんですが、結果的に上位3位はすべて電気製品となりました。

他にも役に立ったモノは少なからずありますが、この3つは、真っ先に思い浮かんだ、まさに「ダントツ度」が高い3つでした☆

余力があれば、今度は「電気製品以外」のベスト3も挙げてみたいと思います。









    



    



    

















posted by Joy at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Home electronics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

仙台地下鉄事情。

100万超の人口を抱える東北唯一の政令指定都市、仙台。

この杜の都に住み始めて1年が経過しましたが、従前からの長町地区を中心とした開発、昨年末の地下鉄東西線開通、そして先月の仙台駅ビルリニューアル等々、当分の間、発展の勢いは止まらない感じですね。

それに伴ってか、当方が毎日通勤に利用している地下鉄南北線の乗客数も、1年前より確実に増えているのではないかという気がしてます。


そんな発展著しい大都市・仙台だからこそ、そろそろ仙台市交通局も、地下鉄の「乗車マナー」について、東京等を見習って、本格的な改善に向けた啓蒙活動に本腰を入れなくてはいけない時期に来ていると、強く感じています。


大きくは2点あります。

一つめは、「降車時」のマナー。

各々の駅に停車し、扉が開き、客が降車しますが、まぁ、面白いように、扉付近に居る人達が「壁」となって立ちはだかり、動こうとしません(笑)

「すいませ〜ん、降りま〜す」と誰かが声をかけても、まるで意地になってるかの如く、自分の立ち位置に踏ん張り続け、退けようとしない人がた〜くさん居るのです(^^;

まぁ、「降りる人達のために、一旦ホームに降りてあげる」という習慣自体が今まで無かったでしょうから、皆さん、悪気は無いと思うのですが、やはり、ここまで乗客数が増えてくると、降車するだけでも一苦労です。。

特に当方は仙台駅よりも手前の駅で降りるので、降りる客の数がそれほど多くないこともあり、余計に大変です。(仙台駅では一斉にたくさんの人達が降車するので、比較的、降車は楽だと思われます。。)

ですので、首都圏等と同じように、そろそろ車内アナウンスで「降りるお客様のために、扉付近にお立ちのお客様は一旦ホームに降りるなどのご協力をお願いします」的なことを通知しないといけない時期に来ていると思いますね。




そして二つめは、背中に背負うリュックの類のマナーです。

東京では、車内アナウンス等の啓蒙活動が実っているせいか、混んでいる電車に乗車の際は、リュックを背中ではなく正面に抱えて持つ、ということが一般化してきたと思いますが、仙台の地下鉄では、そのような光景はまだほとんど見かけたことがありません。

混んでる車内で背中にリュックを背負った人が、自分のほうにリュックを向けて密着してくると、非常に不愉快ですよね〜

これについても、残念ながら、恐らく各自が「自発的に直す」ことには期待できないと思いますので、車内アナウンス等で啓蒙するしかないと思います。



「さすが仙台は名実ともに大都会だ」と思ってもらえるよう、仙台市交通局にはそろそろこういったことに着手したほうがいいと思いますね。





ちなみに、当方が使っている駅、もしくはその駅員さん一人の問題だけかもしれませんが、先日、当方の勤務先の最寄駅の駅員さんとちょっとしたやりとりをした際、正直、かなり態度が横柄な印象を受けました。

かつては横柄で有名だった?(笑)、JRのほうが、今ではサービスがきちんとできてきていると思います。

首都圏ならまだしも、仙台は、JRと仙台市交通局(地下鉄)しかないので、ほとんど競争らしい競争が無いでしょうから、どうしても「ぬるま湯」的になるのは、ビジネス構造上仕方ないとは思いますが、別に「過剰なサービス」など求めていませんし、少なくとも客から「横柄」と思われるようでは、まだまだだと思います。




ということで、かなり厳しめの内容を書きましたが、正直な心境ですし、、クルマや自転車等も含めた交通事情を除けば、トータルとしては、今住んでいる仙台という街を当方、気に入ってますし、仙台の人達も好きなので、少しでも名実ともに「さらに良くなる仙台」を目指してもらいたいと思っております☆

















      

















posted by Joy at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

本日の映画 『Batman v Superman: Dawn of Justice』

最近は期待値に達しなかった映画についてのレビューがサボり気味になっております(^^;

ということで、先月25日から公開となった『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(原題『Batman v Superman: Dawn of Justice』)を、その翌日となる26日に、実は観てきました(^^;








感想としては、「可もなく不可もなく」という感じでしょうかね。。。

監督のザック・スナイダーに関しては、個人的に「映像」は好きなんですけど、前作のマン・オブ・スティールをはじめ、ほとんどの作品が「面白かったー!」っていう爽快感は感じられないんですよね。。

唯一、ウォッチメンは比較的好きでした。

ただ、そのウォッチメンに関しても、当方、原作者であるアラン・ムーアの作品が好きなので、その影響が大きいような気がします。。



そして今回の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』。

まずもって、申し訳ないですが、やはりベン・アフレックのバットマンには萎えますね。。
個人的には、監督としてのクリストファー・ノーランが描く、クリスチャン・ベールのバットマンが非常にうまくハマっていた感が強すぎて、ベン・アフレックではどうしても違和感を覚えました。。

加えて、今回のバットマンの、あのアイアンマンみたいなマスクにもさらに萎えました。。(^^;




また、レックス・ルーサーに関しても、申し訳ないですが、ジーン・ハックマンが演ずるほうが、比較にならないほど似合ってた気がしますね。。(^^;







全体のストーリーに関しても、クリストファー・ノーランによるバットマン
(ダークナイト)シリーズに比べると、いわゆる"カタルシス"を感じる場面はほぼ無かったですね。。


それと、今回は音楽に関しても、巨匠ハンス・ジマーなのに、イマイチ、「心踊る感」みたいなものに欠けていた気がしました。。







ということで、「映像」は良かったんですけど、作品トータルとしては、個人的に、印象に残る作品ではなかったので、監督が替わらないのであれば、次作は劇場には観に行かない可能性高いかな。。(^^;



追伸:
前作の『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』がとっても面白かっただけに、同じルッソ兄弟が監督をする、今月末公開予定の『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』にはかなり期待しています☆














    
















posted by Joy at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

気がつけば1年。

ちょうど年度変わりでバタバタしていたので、もう4月になりましたが、気がつけば単身赴任を始めて1年が経過していました。

その間の大きな出来事といえば、やはりジュリーに別れを告げ、147に乗り換えたことでしょうか。。

ジュリーに関しては、予算オーバーでしたが、ほとんど新車状態の中古が見つかったこともあり、「これでようやく長く乗れる」と思って思い切って買いましたし、単身赴任さえなければ、ま〜だまだ長く乗ってたと思いますが、まさかの単身赴任で、あえなくお別れとなってしまいました。。

と同時に、現在のアパートの強烈に停めづらい駐車場のせいで、「輸入車のMTモデルに乗るなら左ハンドルで(※MINIを除く)」というコダワリも捨てなくてはならなくなりました。。


まぁ、その分、憧れのツインスパークエンジンを手にすることができましたし、車庫入れも楽になったので(笑)、良かったといえば良かったんですが。。





その他にも、なんやかんや、大小色々な出来事がありましたが、家族親族、そして友人知人の支えもあり、とりあえず、こうやってなんとか一年を乗り切れたことが一番良かったと思います☆


また、仕事の関係で、週の半分以上は山形県のどこかに行っており、日々、山形の美味しい「食」に出会えていることもあって、仙台以上に「山形Love」な状態になっております(笑)
(山形県の「麺文化」はマジで日本一の質だと思います)


あとどれくらい単身赴任が続くのか分かりませんが、アラフィフの当方としては、健康に留意しつつ(笑)、せっかくの経験ですので、これからも仙台ライフを楽しみたいと思います。

2016040301.jpg










  

















posted by Joy at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする