2018年10月07日

便座、新調。







我が家はここ最近、色々なものが壊れ続け、さながら”フェス状態”の様相を呈しております(汗)

わずかこの10日間ほどで、ダイソンの掃除機DVDドライブモッコウバラ、そして、ブログにはまだ書いていませんでしたが、ちょうど先々週末(9月28日あたり)に、1Fトイレの便座が壊れ、ウォシュレットが使えなくなりました(汚い話で恐縮です(^^; )。


人間、”慣れ”とは怖いもので、もはや「ウォシュレット無し」の生活には耐えられません(笑)


かろうじて2Fにもトイレはあり、今のところ問題なく稼働してますが、我が家ではいつの間にか「2Fのトイレはワタシ用、1Fのトイレはかみさん&若旦那用」という暗黙の了解(笑)ができてしまっており、、今回は1Fのトイレが壊れたので、かみさん達にとっては致命的です(^^;


んでもって、元々、先々週の初めあたりから、便座の調子が悪くなりかけていたようなんですが、先々週末の金曜日にウォシュレットと強制脱臭装置がうんともすんとも言わなくなったとのことで、かみさんから、「すぐに買い換えるなり、対処して!」と厳しいご指示が。。。(^^;


まぁ、そうは言っても、そもそもトイレの修理など、今まで自分でやったことがないので、まずはネットで色々と調べたのですが、何も知らない当方は、最初は、「便器」と「便座」が別々のものだということすら分かっておらず、「便器ごと」交換するものだと思い込み、、「うわ〜、安くても工事費込みで10万円は超えるな・・・」とうなだれていたのですが(-。-;、、、色々と調べるうちに、遅ればせながら、

 「そうか、『便器』と『便座』は別なのか」

ということに気づき(笑)、今回はあくまでも「便座」のほうが壊れただけ(だと思われる)なので、便座だけ交換すればいいのだ、ということが分かりました。


そして今度は、少しでも節約するために、「便座交換」がDIYでできるのかどうか、色々と先人のネット投稿動画等を見てリサーチしたところ、「これならなんとか自分でできるかも」ということになりました。





んでもって、かみさんからの「急いで対処せよ!」の圧力が強かったため(笑)、9月30日の日曜日、近所のホームセンターに行ってみたところ、結構色々な種類の便座が売られていました。

今まで、便座なんて気にもしたことがなかったので、そもそもホームセンターに実物が売られているのかすら分からなかったのですが、意外と置いてあるもんですね(笑)



んで、念のため店員さんに「DIYで交換できますかねぇ??」と聞いてみたところ、「そうですね。便座だけであれば、自分で取り付けされるということで、工事は頼まずにそのままお持ち帰りになる方も結構いらっしゃいますよ」とのこと。

ちなみに、そのホームセンターに工事まで頼むと、工事費は6,000円とのことでした。

大事な「水回り」なので、少し悩みましたが、やはり6,000円の出費は痛いため、工事は頼まず、思い切ってDIYでやってみることにし、たまたまお安い商品(便座)も売っていたので、その場で購入し、自宅へと持ち帰りました。

IMG_2176.jpg












そして、改めてネットの動画で、便座交換の仕方を何度も観直して予習し、いざ、DIY本番へ!


しかし、、現実は、そう甘くはありませんでした。。。

というのも、作業自体は、「吸水管」を取り外して、「分岐金具」を取り付け、そこに、便座側と便器側の給水ホースをそれぞれ取り付ける、程度のことなんですが、、そもそもその「吸水管」の位置が、便器の裏側に設置されており、うちの狭いトイレでは、裏側に回り込むことができず、めちゃめちゃ作業しづらい、ということが判明しました。。

よって、既存の壊れた便器を外すだけでも、アクロバティックな体制になり、便器の底面に時々、顔(頬)がべちゃっとついてしまうような苦しい状態で、行ったため、外し終わった時には、既にもうヘトヘト。。。

IMG_2178.jpg
( ↑ 給水栓の位置。ちょうど便器の裏側で、作業するために入り込む隙間がほとんどなく、めちゃめちゃ大変でした)




しかも、それは「序章」であり、本当に大変なのは、そこからでした。


説明書を読むと、厳密には、便座と便器からそれぞれ出ている給水ホースを取り外し、そのあと、吸水管自体も取り外して、新たな便座に付属している吸水管に装着し直さなければいけないのですが、、配管の形状からして、吸水管を取り外さなくても、新しい便座の給水ホースが取り付けられるような気がしたので、得意の「手抜き」をし(笑)、吸水管は外さずにそのまま利用することにして、今回購入した便座の給水ホースを取り付けてみたところ、予想どおり、ナット径も、ぴったり合う感じだったので、そのままナットを締め、便器側のホースも取り付け、、作業の「ヤマ」はこれで越えたかな、とホッとして、止水栓を回したところ、、、吸水管部から、大量に「ビューーー」っと噴水のような水漏れ発生(泣)


慌てて、止水栓を止め、、ナットの締め方が甘かったのかなと思い、ギュッと締め直し、、再度止水栓を回したところ、、、またしても、ビューーっと水漏れが。。(T_T)


常にアクロバティックな体制での作業となるので、もう、汗だくヘトヘトの状態なんですが、このままでは、全く、使用することができません。。。

一瞬、「やっぱり、素人作業ではダメだわ。。こうなったら、工事業者にお願いするしかないかな。。」ということが頭をよぎりましたが、、とりあえず、説明書どおり、既存の給水栓を取り外し、新しい便座に付いてきた給水栓を取り付けてみて、それでダメなら、もうお手上げ、ということで、、最後の力を振り絞って、作業することとしました。


そしてなんとか、新しい給水栓の装着をし終え、、「三度目の正直」で、再度止水栓を回してみたところ、、、


無事、水漏れはせず、スムーズに水が給水されることが確認できました。やった〜(笑)



んでもって、便座の電源ケーブルをコンセントに繋ぎ、ウォシュレットを試してみたところ、これまた問題無く、動いてくれたので、最後に、コンセントに「アース線」の接続をして終了。



しかし、またしても、こんなところで、作業が滞るとは。。

というのも、トイレ内のコンセントの位置が、これまた非常に挿し辛い位置にありまして、、コンセント自体はなんとか抜き差しできるんですが、その下のアース線の取り付けができないのです。。

この便座のコンセントに付いているアース線が太いので、アース線取り付け部のネジを最大まで緩めても、作業し辛い場所にあるので、全然、隙間に入っていかず、15以上格闘しても、結局、ハメることができず、一旦、ギブアップ。。

まさか最後の最後に、アース線の取り付けでこんなに苦労するとは思ってもみませんでした(汗)


んでもって、うちの若旦那に作業をバトンタッチしたところ、5分もしないうちにアース線取り付けに成功!

いや〜、今年、高校3年になった若旦那ですが、今までで一番、居てくれて役に立ったかもしれません(笑)

と同時に、それなりに色々なDIYをやってきた当方が15分以上格闘してもできなかったことを若旦那があっさりと成功したことに、親父としてのプライドが潰れ、多少なりともショックも受けました(^^;


ちなみに、アース線取り付け以外にも、今回の一連の便座交換作業において、若旦那が色々と手伝ってくれたので、ワタシ一人でやっていたら、相当時間がかかっていたと思います。
(※ 作業時間はトータル約3時間かかりました)




ということで、作業し終えた時には、「もう二度とやりたくない」というくらい疲れましたが、、とりあえずDIYでなんとか便座交換を行うことができました。

作業自体は、基本、ナットを緩める/締める、が大半を占める、至って簡単な内容なのですが、拙宅のように、吸水管の位置が便器の後ろ側にあり、且つ、作業するためにそこに入り込む満足なスペースが無いような場合は、素直に、業者さんに設置工事を頼んだほうがいいかもしれません。。



なお、これだけ苦労して設置した便座ですので、設置後、最初にウォシュレットを使った時の気持ち良さは格別だったのは言うまでもありません(笑)

あ、それと、かみさんからは、かなり褒められたのも言うまでもありません(笑)


IMG_2177.JPG
( ↑ 最終的にはこのとおり、無事、新しい便座の設置が完了しました)






    


    




BigBoss クイック口座開設TradersTrust 口座開設




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2569789486879940"
data-ad-slot="2011171868"
data-ad-format="auto">






posted by Joy at 20:06| Comment(0) | Home electronics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイソン、クラッシュ。







ちょうど2ヶ月前、バッテリーがお逝きになった、我が家のDyson Fluffy DC74 モーターヘッド

バッテリーは純正だと約9,000円もするため、購入に躊躇していたところ、サードパーティのバッテリーがその半額近い値段で買えたので、なんとかホッとしていたのも束の間、、、一昨日、仕事をしていたら、かみさんから「掃除機が壊れたー!」のメールが(汗)

画像を送ってもらったところ、ロングパイプの接合部が折れたというか外れてしまって、欠けたプラスチック片が中からポロポロ落ちてきた、とのこと。。

IMG_2241.jpg
( ↑ ローラーヘッド側の接合部がポキンと折れたようになってしまいました(>_<) )

IMG_2274.jpg
( ↑ 本体側の接合部も割れてました(T_T) )




これはもう、自分で直せる感じじゃないな〜、と思い、仕事帰りの電車の中で、交換品を色々とリーサチし、その場で、ポチりました。

ちなみに、バッテリーの時と同様、純正品はどうせ高いだろうと思い、初めからサードパーティ製のものしか考えておらず (^^;、、色々とリサーチしたところ、確かにサードパーティ製の「ロングパイプ」はいくつか販売されているものの、今回壊れた機種(Dyson Fluffy DC74 モーターヘッド)に適合するパイプが、全然見当たらないのです。。。

正確には、1種類だけ見つけたのですが、値段がやや高く、レビューもゼロで、ちょっと心配だったので、結局、ダメ元で、うちの機種名(DC74)は書いてないものの、レビューの数がすごく多くて価格も安い、一番売れてそうなパイプをポチりました。














そして、品物が今朝届いたため、恐る恐るDC74にセットを試みたところ・・・

やはり、合いませんでした。。。(T_T)


正確には、、ローラーヘッド側は、問題なく接続できたんですが、本体側のほうが、ダメでした。。

IMG_2265.JPG

IMG_2267.JPG
( ↑ これまでと同じ紫色にしました。一番安かったので(^^;  )

IMG_2268.JPG
( ↑ DC74の本体側の接合部が合いませんでした(T_T) )




ロングパイプの、接続部の中を見てみたところ、微妙にプラスチック部が干渉しているようで、、恐らく、そのプラスチック部を1mmくらい削れば、接続できそうな感じなんですが、せっかく買ったパイプまで壊してしまうのが怖い、ということと、あともう一つの理由により、とりあえずプラスチック部の加工はやめました。


もう一つの理由とは、我が家にはもう1台のダイソン掃除機(V6 trigger)があり、この「V6 trigger」用のサードパーティ製ロングパイプも、ザッと確認したところ、ネットには見当たらなかったものの、基本「DC61」とほぼ同じ機種なので、DC61に使えるものなら、V6 triggerでも使えるだろう、と見立てていたため、仮に、本来使いたかった上記DC74に合わなかったとしても、V6 triggerには装着できるだろう、と思っていたからです。


そして、上記のとおり、残念ながらDC74には合わなかったことから、気を取り直し、V6 triggerでトライしたところ、、無事、装着できました。

IMG_2269.JPG
( ↑ V6 triggerには無事装着できました) 

IMG_2273.JPG
( ↑ DC74用にと DIYで作った”充電スタンド”も、無事、V6 triggerでもうまくハマったので、よかった〜)





てなことで、今まで”メインマシン”として使用してきたDC74を今後は”サブ機”(ハンディ用途)にて使い、これまで”サブ機”扱いだったV6 triggerに今回購入したロングパイプを装着し、メインマシンとして使用することとしました。

IMG_2270.JPG
( ↑ 手前が今回急遽メインマシンへと昇格した(笑)V6 trigger、奥がサブ機へと降格したDC74)







それにしても、、ダイソンは、やっぱりいろんな面で、耐久性に難有り、ですね。。。

DC74については、まだ買ってから3年半ほどしか経っていないのに、まずは1年半も経たないうちにローラーヘッドが壊れ、、そして今年の8月、バッテリーがお逝きになり、挙げ句の果てに、今回、ロングパイプがクラッシュ、ということで、4年も経たないうちに、重大トラブルが3度も発生しました(まぁ、バッテリーに関しては、遅かれ早かれ寿命が来ますが、もう少し持ってほしかった。。)




掃除機のメジャーブランドの中で、最も価格帯が高い商品を扱うメーカーと言ってもいいのに、これだけ耐久性に難があると、正直、「もうやめとこうかなぁ。。」と思ったりもしますが、iPhoneと似たような感じで、、やめたくても、それに代わるような魅力的な製品(もしくはブランド)が、個人的にはなかなか見つからないので、、なんだかんだ言って、現時点では、次に掃除機を買うとしても、結局ダイソンを選んでしまうのかなぁ、という気はしています。



少なくとも、初めてダイソンの掃除機を手にした時から感じてはいましたが(初めてダイソンを買った時の自分のブログを読み返したら、案の定、「お世辞にも、耐久性が高そうな作りには見えない」と書いていました(笑))、ダイソンは、日本における(「世界」における?)、家庭用掃除機の”単価”を、一段階どころか二段階も三段階も上げるきっかけとなったブランドだと思いますし、、様々な家電製品の中で、「掃除機」ほど、雑に扱われかねない商品はない(耐久性が最も重要な家電製品の一つ)と思いますので、尚更のこと、、どうか「耐久性」という面でも、消費者に不安を与えさせないような、そんな商品作りをしてもらいたいものです。

(あ、だからといって、価格まで更に上がってしまっては、元も子もないので、企業努力方、よろしくお願いします(^^; )
 






    



    



BigBoss クイック口座開設TradersTrust 口座開設




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2569789486879940"
data-ad-slot="2011171868"
data-ad-format="auto">






posted by Joy at 14:58| Comment(0) | Home electronics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Orion。







この季節、朝晩の気温が涼しくなり、そして陽が落ちる時間も早くなってくると、「これから一気に冬へと向かうのだなぁ・・」と思わせられるものですが、私の中で、そのように感じる、この季節特有の事象がもう一つあります。

それは、オリオン座が、寝る前の時間帯から見えるようになることです。



というのも、当方、毎日だいたい24時〜24時半くらいに、その日の最後の一服(喫煙)を、玄関の前で行うのですが、ちょうど2〜3日前に、うちの家とお隣さんの家の隙間から見える東の空をふと見たところ、今シーズン初となるオリオン座が真正面に見え、思わず「おーー」と呟いてしまいました。

毎年、このように初めてオリオン座に気づくと、「おーー」と呟いてしまうんですよね(笑)


たくさんの星座がある中で、特に好きな星座がいくつかありますが、その中でも自分としては、やはりオリオン座が一番好きですねぇ。

あの「形」と「大きさ」には、本当に魅了されます☆

しかも、1等星のベテルギウスは、いつ超新星爆発してもおかしくないと言われていて、しかも実際には現地では既に爆発しているかもしれない?とも言われている、、そんな話を聞くと、このオリオン座の外周が近い将来?、4点ではなく3点になってしまうとなると、星座のデザインとしては、ちょっと不完全な形になってしまうと思いますし、そういう意味でも、現在のオリオン座には「特別感」みたいなものがありますね。
(ちなみに、関係ないですが、もうすぐ来る私の誕生日は、蠍座ですが(笑))







んでもって、今夜さきほど、一服しながら、iPhone 6Sでオリオン座をノーマル設定のまま撮影してみたところ、案の定、こんな感じでした。
何も写ってません(笑)

IMG_2263.jpg



当方、面倒くさがり屋なので(笑)、デジイチの時は別としても、iPhoneで撮影する時は、せいぜいピントを合わせるくらいで、他の設定は何もせずそのまま撮ることがほとんどです。

上の写真も、カメラアプリを起動させて、そのまま単純にシャッターを押しただけなんですが、やはり、真っ暗ですねぇ。。



で、たまにはちょっと設定でも弄ってみるか、と思い、同じ場所から、カメラアプリの一番遅いスピード(1/3秒)にし、クルマのルーフの上にiPhoneを置いて、手で固定して撮ってみたところ、こんな感じに写ってました。

IMG_2264.jpg


なんとかオリオン座が判別できる状態で写ってて、ちょっと感激しました(笑)

今から3年以上前に発売されたiPhone 6Sですが、やっぱり設定次第で、そこそこ撮れるもんですね(^^;
(ちなみに、使用したカメラアプリはObscura 2 - Ben McCarthyです。)






と、話が少し脱線しましたが、、、こうやって東の空の真正面にオリオン座が見え始めると、オリオン座のカッコよさに感動するとともに、「もうこんな季節なんだなぁ(一気に冬へと向かうのだなぁ)」と、ちょっとセンチメンタルな気分になる今日この頃です。。



追伸:
そうは言っても、今日の日中は真夏のように暑かったですね(笑)
明日はもっと暑くなるとか・・・(汗)





    



BigBoss クイック口座開設TradersTrust 口座開設




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2569789486879940"
data-ad-slot="2011171868"
data-ad-format="auto">






posted by Joy at 01:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする