2018年12月02日

本日のデスクトップオーディオ 『二代目 HIFIMAN ANANDA』。












Chord Mojoについて記したブログにて、「実は今、Anandaが手元に無い」ということを書きました。

先般、Anandaを購入し、開封してすぐに、LEFT側のハウジングの中の「網」に少し”たわみ”があることに気づいたんですが、程度としては、「まぁ、これくらいなら、仮にクレームを言ったとしても、『正常の範囲内です』みたいな回答になるかな」という感じでしたし、音質にも特に影響しているようには思えなかったので、とりあえず気にしないことにしました。

が、その後、某サイトに書かれているAnandaのレビューを拝見したところ、その網目部分が、「たわみ」とは違うかもしれませんが、「斜めにずれている」不良品が少なからず見受けられる、というような書き込みがなされていたので、私のAnandaの「たわみ」についても急に気になり始めました。

そのため、翌日、購入店に電話をかけ、症状を申し出たところ、「不具合の可能性もあるので、とりあえず送り返してみてほしい」との対応だったため、返送したのです。


なので、昨日、Mojoが届いた時には、ちょうどAnandaは返送中だったことから、手元にはありませんでした。

んでもって、昨日、購入店から連絡があり、「確かに”たわみ”があることを確認した。よって、正常品に交換させていただきます」との回答であり、今日、改めて、正常品のAnandaが届きました。

確かに、本日届いた商品には、左右とも「たわみ」はありません。

申し出ておいて、よかった〜

IMG_2224.JPG
( ↑ 今日届いた”二代目”Ananda)


IMG_2225.JPG


IMG_2226.JPG
( ↑ 二度目の”開封の儀”(笑))


IMG_2227.JPG


IMG_2229.JPG
( ↑ 今回は”たわみ”無し)









当方、曲がりなりにも長年、オーディオを趣味としてきましたが、完全なる”スピーカー派”であり、ヘッドホンには詳しくなかったせいもあるでしょうけど、正直、今年に入ってデスクトップオーディオ(ヘッドホンオーディオ)にハマりだすまで、「HIFIMAN」というブランドすら、知りませんでした。

Massdropとのコラボ等もやったりと、HIFIMANはおそらく、ここ最近で急激に人気が出てきたと思われ、それに伴って、製造数量も急に多くなっているでしょうから、場合によっては「品質管理」がやや追いついていないのかもしれませんね。

ただ、私自身も、この短い間に、HIFIMANのヘッドホンを2台(HE4XXとAnanda)も続けて買ったこともあり、商品自体は非常に魅力的なので、企業として、人気がどんどん上がってきている今が「正念場」かもしれないですね。

「量」を捌くことに気を取られ、商品クオリティを疎かにすれば、きっと後でツケが回ってくるでしょうから、、せっかくとても魅力的な商品を作っているからこそ、目先の「規模拡大」の誘惑に囚われ過ぎず、足元の「品質維持」をしっかりとやってもたいたいですね。




ということで、本日、約1週間ぶりにAnandaを手にし、早速Mojoに繋いで聴いてみましたが、エージングが全くできていない状態にも関わらず、素晴らしいサウンドを奏でてくれました☆

このような魅力的な商品作りが続く限り、当方は、ずっと「HIFIMANファン」であり続けると思うので、これからも一層「クオリティ」にも拘った商品作りを期待したいと思います。


なお、今回、Anandaの初期不良交換に応じてくれたのは、購入店であるe☆イヤホンさんでしたが、電話で応対してくれた店員さんの接客の印象が非常に感じが良く好感が持てましたこと、述べておきます☆

自分にとってAnandaは、それこそ「清水の舞台から飛び降りる」ような気持ちで買った高い買い物でしたが、、e☆イヤホンで買って良かったと思いました。



てなわけで、今日からまたAnandaのエージングを一からやり直しではありますが、不思議と、むしろ気分はイイ感じです(笑)











BigBoss クイック口座開設TradersTrust 口座開設











posted by Joy at 23:37| Comment(0) | Audio & Visual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日のデスクトップオーディオ 『Chord Mojo』。







一足早い自分へのクリスマスプレゼントとして、昨日、Chord Mojoがやってきました。

節約のため、もちろん「中古」です(^^;

IMG_2826.JPG

IMG_2825.JPG



日本で発売となってからもう3年以上が経ちますが、ポタアンの代表格として未だに人気があり、当方も以前から、そのサウンドを一度はじっくり聴いてみたい、と気になっていましたが、遅ればせながらようやく、手にすることができました。

私が手に入れたMojoは、外箱が白い箱なので、”初期ロット”のようです(白箱だったのは最初のうちだけで、以降は黒箱に変わっているようです)が、今回入手した個体は、傷らしい傷も無い、非常に程度の良いものでした。


それにしても、サイズが「小さい」ですね〜!

今まで何度か実物を目にしたことはありますが、こうやって実際に所有してみると、あらためてその小ささに「本当にこんなに小さいのに、世間で賞賛されているような驚くほどのイイ音がするのだろうか?」と思ってしまいます(^^;

IMG_2821.jpg










とにもかくにも、せっかく届いたので使ってみよう、ということで、開封しセッティングしました。

セッティングといっても、Macなのでドライバーのインストール等は不要のため、ケーブルをPCと繋いで電源ボタンを入れるだけです。

IMG_2822.jpg
( ↑ 皆さんが言われるように、このデザインは無意識に”オーム”を連想させます(^^; )




実は、ブログにはまだ書いていませんが、訳あって今、手元にAnanda」が無いため(^^;、、Mojoの最初の使用は、SRH1840で行いました。


まずは、従来の「Topping DX7s」+「JADE casa」の組み合わせ(アプリはAudirvana)で聴いてから、今度は、同じ曲を、「Mojo」単体で聴いてみました。


結果は、、噂どおり、Mojoのサウンドは「素晴らしい☆」と思いました。

通常であれば、「K.O.されました」と書くところですが、敢えて「素晴らしい☆」という表現にしたのは、、オーナーの皆さんがレビューで書かれているとおり、このMojoのサウンドは、いわゆる「一発K.O.」されるようなサウンドではないことが、当方も分かりました。

「派手め」か「地味め」かと言われれば、「地味め」の音質だと思います。

しかし、地味めでありながらも、自分の言葉で表すと、「美しく、且つ、芯のある音」という感じです。

んでもって、「一発K.O.」はされませんでしたが、聴けば聴くほど「美しい」とか「素晴らしい」と呟いてしまいたくなる、そんなサウンドだと思いました。

単に「美しい」だけだと、きっと同時に「物足りなさ」もあると思うんですが、Mojoの場合、「美しい」のに「芯もある」ところが素晴らしいと思います☆





「Topping DX7s」+「JADE casa」の組み合わせは、定価だと10万円を超えますし、筐体の大きさも重さも、Mojoと比較すれば、正しく「象と蟻」に近いような差がありますが(笑)、こんな「マッチ箱」が少し大きくなった程度の大きさのMojoのサウンドは、「Topping DX7s」+「JADE casa」の組み合わせに、「トータルとして」は、決して引けを取らないサウンドでした。凄い。

敢えて「トータルとして」と強調したのは、やはり「サウンド」の傾向が異なるため、「単純比較」は難しいからです。

Topping DX7sは、とにかく解像感高めのクリアで「綺麗」な音。
そこに、相反すると言ってもいい、解像感はそれほど高くないけど「重厚」なサウンドのJADE casaを組み合わせたサウンドは、まさに「クリアさ」と「重厚さ」を持った、割とインパクトの強いサウンドになっています。これはこれで、素晴らしいです。


一方、Mojoに関しては、繰り返しにはなりますが、「美しく」て「芯のある」音なんですよね〜、ワタシ的な表現では。

この「綺麗」と「美しい」という言葉。
同じく「重厚」と「芯のある」という言葉。

どちらも似たような意味でありながら、私としては、敢えて使い分けたつもりですが、その違いって、伝わりますかね・・?(^^;


いずれにしても、トータルとしてという意味では、Mojoはまさしく「小さな巨人」という感じで、「Topping DX7s」+「JADE casa」の組み合わせに、「総合得点」的には”甲乙付け難い”という、素晴らしいレベルのサウンドでした。





さて、ご存知のとおり、このMojoは、汎用DACチップを使わずに、FPGAというLSIを使っている、ということにも、以前から非常に興味がありました。

 ※ CHORDは何故汎用DACを使わないのか? キーマンがこだわりを解説<AV Watch>


理系音痴の当方としては、サッパリ分かりませんが(笑)、けれど、実際にMojoを手にしてみて、その凄さは早速、垣間見れたと思います。


一方、ネットのレビュー等を見ていると、このMojoというか、Chord製品のサウンドに、批判的な方も少なからずおられるようで、、実は、私自身も、リサーチ段階では、今回Mojoを実際に手にするまで、実は、「多分、俺には合わないんじゃないか?」と予想していたところもありました(^^;

音の好みなんて、まさに十人十色でしょうから、「Chordサウンド」が苦手な人もきっといるでしょうし、それ(好きな人/嫌いな人が混在)が当たり前の状態だと思いますが、結果的に、当方にとっては、「Chordサウンド」は「オーケー」でした。

自分に合わなければ、先のHD660Sのように、速攻で手放すつもりで手に入れましたが(^^;、、この分だと、おそらく、壊れるまで、もしくはMojoを売ってでも他に手に入れたい商品が出てこない限り、所有し続けることになりそうです(^^)



ちなみに、上記のとおり、Mojoが自分に合うかどうかも分からなかったので、「合わなかった」ときのことを考慮し、まだ「カメラアダプタ」は買っていませんでした。

なので、このMojoを、まだiPhoneでは試せていないのですが、少なくとも「PC接続」では、自分に合うことが分かったことから、近々に「カメラアダプタ」も手配し、ぜひ、iPhoneでも使ってみたいと思います。









BigBoss クイック口座開設TradersTrust 口座開設











posted by Joy at 10:51| Comment(0) | Audio & Visual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする