2019年03月27日

Apple、新サービス発表。







The Riddle ver.3.0でも話題にしたとおり、日本時間の昨日の早朝、Appleのスペシャルイベントが開催されましたが、大方の予想どおり、この日のメインねたは、ハードではなく「新サービス」でした。

  <engadget:アップルの新サービスまとめ。定額ビデオ、ニュース、ゲームApple Arcadeやクレジットカードまで




複数の新サービスが発表されたようですが、中でも目玉だったのが、これまた噂どおり、アップル独自の動画サービスで、その名も「Apple TV+」とのことです。








お次は、月額制のゲームサービス「Apple Arcade」。

ゲームサービスといえば、ちょうど今回の「Apple Arcade」発表の直前、Googleもゲームサービス「STADIA」を発表したばかりだったのが面白いですね。

  <CNET Japan:グーグルのゲームストリーミングサービス「STADIA」は業界に革命を起こすか

ゲームをテーマにGoogleとAppleという巨象2社がこのような大きな自社サービスを展開するというのは、ひと昔前までは想像もつかなかったかもしれませんね。








そしてお次は、クレジットカードサービスの「Apple Card」。

これは「ついに来たか」という気もしますが、個人的には、今回の新サービスの中で一番興味深いです。

いずれ日本にも導入されることでしょう。









そして最後は、ニュース・雑誌の定額購読サービスの「Apple News+」。

まぁ、名前のとおり、ニュース・雑誌の月額制読み放題サービスですね。











ということで、、これからのAppleは、「ハード」だけでなく、こういった「ソフト」系にも大きく力を入れていく、という意思表示がなされたわけですが、これまでのApple信者を喜ばせてくれる内容になっていくのか、個人的には、期待半分・不安半分といったところでしょうか。

私の場合は、やはりこれまでのAppleには、一にも二にも「ハード」としての魅力でもって、25年以上に渡り、Appleファンを続けてきましたので、これからも、メインはあくまで「ハード」であってほしい、という思いが今は強いのですが、そういう思いを吹き飛ばすかのような、魅力的な「サービス」が展開されるなら、それはそれでアリなのかもしれません。



いずれにしても、これからのAppleも、ジョブズが「よし、それでいい」とオッケーサインをくれるような商品作り(ハード/ソフト問わず)をしていってくれれば個人的には満足です☆
























posted by Joy at 23:09| Comment(0) | Apple | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

本日のランチ 『honohono』。







今日は、昨年の夏以来、二度目のお邪魔となる、川越のhonohonoに行ってまいりました。


単身赴任を終えて埼玉に戻ってきた昨年、うちの家族が「一度は『高級ハンバーガー』を食べてみたい」というので、リサーチの結果、選んだのがこのhonohonoさんでした。

結果、家族3人とも「めちゃくちゃ美味い!」ということになり、その後、川越以北の、名の知れた”高級ハンバーガー店”には、こちらのお店を除き、ほぼほぼ回ることができました。
ブコウスキーさんは土日は営業していないようなので、なかなかお邪魔するチャンスに恵まれず)



で、とりあえず、行ってみたいお店には、ほぼほぼ行けたことから、今回、初心に返って、本日、honohonoに再訪してきました。
(「ほぼほぼ」と「honohono」を掛けているわけではありません(笑))




結果、家族3人の一致した意見は、やはり、このお店のハンバーガーがBEST!ということになりました。

これまで訪れた主要なお店は、どのお店もめちゃ美味しいんですが、その中でも、このhonohonoの味が、少なくとも自分は一番好みです。

IMG_4100.jpg
( ↑ 今日、私は「BBQチーズバーガー」をチョイス)






で、今、このブログを書いていて、自分の”味覚”もあながち間違ってないな、と思えることがありました。

というのも、今日、このhonohonoのハンバーガーを食べながら、家族に、「このお店のバーガーの良いところは、「炭火焼の香りがすること」、「肉の粗挽き感がゴロゴロしてていい」そして「バンズがカリっと焼かれていて、味自体も具を邪魔しない絶妙な味であること」という3点を話したんですが、、今、このブログを書きながら、リンクを貼るためにhonohonoのサイトを初めてじっくり拝見したところ、「honohonoのバーガーはココが違います!!」という見出しの後、

 ・焼きが違う! 炭火が生み出す香りと旨味
 ・バンズが違う! 表面サクっと、中はふわっと
 ・肉が違う! ジューシー&ワイルドなゴロゴロ肉
 ・形が違う! 綺麗に重ねられたバーガーフォルム
           (以上、honohonoサイトより抜粋)

と4点の特徴が書かれており、最後の「フォルム」を除いた3点は、今日、食べながら私が家族に話した内容と、ドンピシャのことが書かれていたのです。

もしかして、グルメ評論家になれますかね?(笑)




と、それは冗談だとしても、、僕らが美味しいと思った理由が、お店側としても特徴に挙げていたのは非常に嬉しかったです。



それと、、「おもてなし」という点でも嬉しかったのが、、このhonohonoは店内禁煙なんですが、私がタバコの箱をテーブルに置いていたところ、それを見つけてくれたのか、店員のお兄さんが「店内は禁煙ですが、よかったら、お店の前で、周囲に人がいない時は、これで吸ってください」と、携帯灰皿を渡してくれたんです。

こういう心遣い、素敵ですね〜
そうでなくても、今、巷では、これだけ「禁煙包囲網」が加速度的に進んでますので、肩身の狭い当方としては、とても救われました(^^;





ということで、、まぁ、私にとってはかなり「高価」なハンバーガーなので、そんなにしょっちゅう行きたくでも行けないですが(^^;、、これからも「ちょっと贅沢したい」時には、honohonoさんにお邪魔することになりそうです☆























posted by Joy at 22:51| Comment(0) | Food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

さらに悪化。







1ヶ月余り前から発症した今シーズンの花粉症

先月半ばには既に重症化した感じでしたが、日に日に症状がさらに悪化しており、特に今日は、夜中に寝てる最中、無意識に目を掻きまくっていたようで、朝起きて鏡を見たら、右目がお岩さんにように腫れあがっていました(>_<)

こんな状態がゴールデンウィークくらいまでは続くと思うと、うんざりですね。。。




ところで今日は、年度末ということで有給休暇消化のために会社を休んだんですが、たまたま今日、1年前まで仕事で山形を頻繁に訪れていた際、最もお世話になった一人であるお得意先の方が、東京に用があり、鶴岡からクルマで関越道経由で来られるとのことで、その道中、わざわざ、当方の自宅近所に立ち寄ってくださり、約1年ぶりに再会できました。

ちなみにその方(五十代半ば)は、当方とは比較にならないくらいオーディオに凝っており、メインシステムのアンプは、マッキンMC7300という、なんとも羨ましい方です。

下の写真は、その方が「Joyさんにはこれが似合う」と言ってお土産に持ってきてくださった、庄内地方の有名なお酒です(^^;

IMG_3927.JPG



IMG_3943.PNG
( ↑ その方の愛車CX-8と私のブレラ。CX-8、巨大ですね(^^; )






そんな今日の出来事でした。



追伸:
The Riddle ver.3.0にて「ガジェット道」、アップしました。




















posted by Joy at 22:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

五十にして立つ・・?







当方、実感が全く湧かないですが、今年でついに五十路に突入します。

このとおり、どうしようもなく飽きっぽい性格ですが、新卒で今の勤務先に入社し、転職もせずに25年以上勤め続けたことは奇跡です(笑)
が、これは、単に「他社では通用しない」のが分かっているので、正直、辞めたいと思ったことは1回や2回ではなかったものの、「しがみつかざるを得なかった」というのが本当のところです(^^;
(いつまでしがみつかせてもらえるか分かりませんが(^^; )



ただ、もう一つ、長く続けられたことと言えば、この「ブログ」です。

みんカラで初めてブログを始めたのが、A4(B6)に乗っていた2005年10月のことなので、気がつけばもう15年近く続けてきたことになります。いや〜、びっくり(笑)

始めた当初に比べれば、この5年ほどは、極端に更新頻度も鈍くなりましたが、それでも、別に「嫌々続けてきた」というわけではなく、むしろ今でも、それなりに、こうやって書いているのは、そこそこ楽しく書いています(笑)



それでも、以前に比べると、「活字を書く」割合がかなり減ってきたこともあり、先日、思い切ってMacBook Proを購入しました。



とはいえ、このMacBook Proを、単にネットサーフィンや、このような「緩〜い」感じでブログを書くためだけに使うには、いささか勿体なさ過ぎます。。





そこで、ここ数日、色々と考え、出した結論は、「新たなブログを立ち上げる(=「The Riddle」のフルモデルチェンジ)」ということでした。

これまで長年「独自ドメイン」のブログを持ちたい、と思いつつも実現していなかったので、ハードルは高いですが、思い切って「その道」に足を踏み入れてみることにしました。


ということで、この土日の2日間を使い、優に10時間以上使って「そっち方面」のお勉強をしましたが、はっきり言って、私には想像以上にハードルが高い感じで、正に悪戦苦闘しております。。( ̄Д ̄;


まぁ、仕事でやっているわけではなく、焦っても仕方ないので、ボチボチとやっていこうと思いますが、こんなにたくさんお勉強しても、理解が追いつかず全然思いどおりのものが作れないため、「私って、頭悪いんだな〜」と改めて思わされました(笑)





ちなみに、ブログの”フルモデルチェンジ”はしますが、引き続きこの「The Riddle」も”廃車”にはせずに残し、普段の「日記」的な内容を書き留めることに使っていきたいと思います。


そして、新たなブログは、みんカラからこのThe Riddleを立ち上げた時に続いて、2度目のフルモデルチェンジとなるため、The Riddle ver.3.0ということで、ガジェットを中心とした「モノ」に特化して書いていきたいと思っています。













ということで、、、論語に、

 三十にして立つ。
 四十にして惑わず。
 五十にして天命を知る。

という有名な言葉がありますが、当方の場合、このとおり、いつまで経っても「ガキ」のままですが、今回のチャレンジで、「五十にして、ようやく、少し『立つ』」ったかな、という感じですかね・・(^^;




これからも、五十路オヤジであるJoyのブログを、温かく見守っていただけると幸いです。

引き続き、よろしくお願いいたします。


IMG_3900.jpg


























posted by Joy at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

MBPまでの紆余曲折(その3)







Surface Goを買おう」というところから始まった、ノートPC選びですが、その後、「Surface Pro 6」に鞍替えしポチる寸前までいったものの、「キックスタンド式」自体をやめることとした後、、、「やっぱりMacBookもいいなぁ」ということになり、当方のノートPC選びは、混沌としてまいりました。。。
















ただ、前回のブログの最後に書いたとおり、、「Mac」を見てしまうと、やはりMacが一番欲しくなってしまうんですよね、デザイン的に。。

そんなわけで、気持ち的に、結局「MacBookシリーズの中から選ぶ」という方向に固まりつつあったのですが、現在のMacBookシリーズの商品構成(モデル展開)が、これまた非常に分かりづらい。。。


というのも、現在のMacBookシリーズは、「MacBook Air」「MacBook」「MacBook Pro」の3モデルから構成されていますが、「フツウ」に考えれば、その3モデルの中で、一番「軽い」と想像されるのは、名前のとおり「MacBook Air」ですよねぇ。

しかし、実際には「MacBook」が920g、「MacBook Air」が1.25kgと、、MacBookのほうがAirよりも330gも軽いのです。

そして、「厚さ」という点でも、MacBookの厚みが0.35〜1.31mmであるのに対し、Airのほうは0.41〜1.56mmと、MacBookの完全勝利(笑)

MacBookよりもMacBook Airのほうが「(圧倒的に)重くて、厚い」って、、どこが「Airやねん?」みたいな(^^:



しかも、MacBook Proに至っても、1.37kgと、Airに比べ”わずか”120g重いだけなんですよね。



くわえて、「価格」という観点で見ても、3モデルの「定価」ではなく「実際の販売価格」を見ると、
 ・MacBook Proの最廉価版
 ・MacBookの最廉価版
 ・MacBook Airの上記2機種とスペック的に近い機種
の3機種の実売価格が、ほぼ同じ価格帯にある(2019年2月現在)ため、「いったい、どれを買えばいいんだ??」ということになり、めちゃめちゃ悩んだのです。。


まぁ、少なくともジョブズが生きていれば、「AirよりもMacBookのほうが大幅に軽い」なんていう、矛盾したモデル構成にはしないと思うんですがねぇ。

こういうところも、ジョブズなき現在のAppleに幻滅してしまう要因の一つです。

が、iPhone XSの時と同様、それでも「他にヨサゲなモデルが見つからない」ため、結局Apple製品を選んでしまうところが、なんだかんだで「Appleの強さ」なんでしょうね。。(まるでどこかの国の「政権」のようですが(^^; )




さて、そんなこんなで、MacBookシリーズから1機種に絞る、という検討作業は、困難を極めましたが、、最初に脱落したのは、やはり、現在の「位置付け」がよく分からない「MacBook Air」でした。



で、最後に「MacBookにするか、はたまたMacBook Proにするか」については、めちゃめちゃ悩みました。

「MacBook」の、まるで工芸品のような完璧な美しさ、そして重量の軽さ(&薄さ)は非常に魅力的なので、「使うシーン」を考えずに、単純に「モノ」として欲しいという思いが強かったのは、どちらかというと「MacBook」のほうでした。

けど、、ミーハーな私は、やはり「Pro」という言葉に弱い(笑)

一度は「Pro」を使ってみたいんですよね〜




そして、最終的な決め手となったのは、「使うシーン」を想像することでした。


今年の1月に異動により部署が変わり、今後は、ほぼ「出張」がなくなってしまいました。

それと、当方は通勤時間に片道2時間以上かかるので、本来なら、その通勤時間中、電車の中で使用したいところですが、正直、あまりハードに使いたくない(要は、傷が付いたりするのが勿体ない(笑))ので、電車の中では、普段はこれまでどおり「ポメラ」を使い、ノートPCを持ち出すのは、何か「これ」という理由がある場合のみ、と考えています。

よって、今回、MacBookもしくはMacBook Proを買ったとしても、基本は、「自宅の中での使用」ということになります。


となると、無理して「めちゃめちゃ軽いMacBook」にしなくてもいいかな、と。


んでもって、「画面の大きさ」という観点でも、、MacBook Pro13.3インチであるのに対し、MacBookは12インチ。

わずか1インチ余りの差ではあるものの、実際に見てみると、その差は大きいと思いました。

MacBookの12インチ画面は、「実用レベル」として使うには、ちょっと小さいんですよね。。
あくまでも出張等の緊急避難的なシチュエーション用、みたいな。

特に最近、老眼が酷くなってきた当方としては、画面が小さいと辛いんですよね。。

で、上記のとおり、当方の「使用シーン」は、ほとんど「自宅」内になりそうなので、せっかくノートPCを買っても、MacBookの場合だと、もしかしたら画面が小さ過ぎて、結局iMacばかり使ってしまいMacBookは使わなくってしまっては、本末転倒です。





ということで、実売価格がほとんど同じ(2019年2月現在)ということを考えると、、最後は「Pro」という名前以上に、「実用性」というところを優先し、最終的に「MacBook Pro」(Touch Barなしの最廉価版)を選択するに至りました。







以前のブログにも書いたとおり、この機種は、リコールまがいの不具合可能性を多々抱えているいわゆる「ハズレ機種」なんですが(^^;、、こればっかりは、少なくとも3年くらいは無事であってほしいと祈るしかありませんね(^^; 。

ただ、購入して2週間弱が経ちましたが、とりあえず、自分の場合は、MacBookではなくMacBook Proにしておいて正解だったと思えています。
(もしまだ、仙台での単身赴任を続けている最中であれば、当時の仕事柄、出張ばかりだったので、完全に「MacBook」を選んでいたと思いますが)



てなことで、「MBPまでの紆余曲折」三部作は、これにて終了です(笑)



















posted by Joy at 19:55| Comment(0) | Apple | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

MBPまでの紆余曲折(その2)







そんなこんなで、Surface Goから始まった”ノートPC購入熱”ですが、、「タブレット型PC(キックスタンド式)」はやめて、「純粋な(普通の)ノートPC」にすることで仕切り直しし、改めて機種選定に入りました。


それまで、Surface GoSurface Pro6と検討した流れからいけば、Surfaceシリーズの純粋なノートPCである「Surface Laptop」もしくは「Surface Book」がまずは筆頭に挙がるのですが、「Surface Book」は最低でも20万円超えということで、そもそも高すぎるため候補から早々と脱落...(^^;


一方のSurface Laptopは、最廉価グレードだと13万円超えということで、Surface Pro6よりわずかに高いだけなので、なんとかギリギリ予算範囲内という感じ。

がしかし、実機を見にいったところ、Surface Laptopのパームレスト部のアルカンターラが、個人的に、どうもしっくりこないのです。

確かに「手触り」は悪くないのですが、「デザイン」の面では、あまりフィットしているようには思えず。。

しかも、私が見た実機は、「なんか汚れてるんじゃね?」という印象で、返って質感を損ねているように見えました。。

どうしても、このアルカンターラが好きになれず、、結局、Surfaceシリーズは候補から外すことにしました。。












んでもって、DellHPLenovoAcerVAIOマウスコンピューターASUSあたりを中心に物色した中で、、VAIOのS13もしくはS11の「ALL BLACK EDITION」というのが、なかなかカッコいいなぁ、と思いましたが、両機種とも、最低でも16万円超え、ということで、ちょっと予算オーバーです。。。
(馬鹿だと思われるでしょうが、、スペックは大事ですが、当方にとって優先順位上、最も上に来るのは、見た目の「カッコよさ」なんですよね(^^; )













結局、ネット上での物色では、予算に見合う範囲内では「コレ!」というモデルが見つからなかったため、今から10日ほど前に、再度家電量販店に足を運び、実機を見て判断することとしました。



しかし、残念ながら、こんなに多数のWindows PCが存在するのに、、予算の範囲のモデルにおいては、当方の”ハートを射抜く”、「コレ!」というモデルは、やはりありませんでした。






んでもって、予算的に無理はしたくない、というか無理はできない以上、、ある程度「妥協」して決めざるを得ないなぁ、と思いながら、「まぁ、最後にMacコーナーでも見て帰るか」ということで、敢えて足を踏み入れていなかった「Mac」のコーナーで、実機の「MacBook」を初めて見たところ、、、
その美しさにK.O.されました(^^;

もちろん、MacBook AirもMacBook Proもカッコいいですが、現在のだんご三兄弟、じゃなかった(^^;、、”MacBook三兄弟”の中で、最も洗練されたデザインなのは、「MacBook」だと思いました。


正直、今回の「ノートPC選び」に関し、Macは全くと言っていいほど考えていなかったんですが、、とりあえずプライスタグを見てみたところ、、、最廉価モデルでも「15万超え」...(-。-;

ん〜、やっぱり割高感は否めませんね。。


とはいえ、やはりMacを見てしまうと、悔しいかな、結局「一目惚れ」してしまうんですよね。。










ということで、当方の”ノートPC選び”は、混沌としてまいりました(^^;





その3へ続く>






















posted by Joy at 18:50| Comment(0) | Apple | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MBPまでの紆余曲折(その1)







今回、MacBook Proがやってきましたが、機種選定に当たっては相当悩みました。


というのも、元々今回ノートPCを買おうと思った最初のきっかけは、1ヶ月ほど前に家電量販店で「Surface Go」の実機をまじまじと見たことでした。

その日はプライベートの用事があって立川に行っていたんですが、早く着きすぎたので駅前のビックカメラに立ち寄り、オーディオコーナーやPCコーナーをうろうろして時間を潰していたところ、Surface Goの実機が目に入ったので、手にとって触っているうちに、「これ、結構イイかも」と思うようになり、、前回のブログでも書いたとおり、漠然と「自宅リビング用にノートPCが欲しいな」と考えていたこともあったので、くわえて、以前からWindows PCの中では、唯一、Surfaceシリーズが気になっていたこともあり、「この際、Surface Go、買っちゃおうかなぁ」という思いがふつふつと沸いてきました。








当方、PC等ITガジェットは、約25年にわたり、メインにApple製品を使い続けてきましたが、ここ数年のApple製品にはちょっと気持ちが冷めてきたこともあり、昨年末にiPhone 6Sを機種変する際は、最後までAndroidに乗り換えようと思っていました(土壇場で、結局またしてもiPhoneにしてしまいましたが・・)。


スマホだけでなく「PC」に関しても、メインはiMacがあるので、仮にノートPCを買うなら、必ずしもMacでなくてもいいと思ってたところでしたし、Surfaceに関しては、「カッコよさ」という点で、Apple製品ほどでなはないにしても、かなり「イケてる」イメージもありましたが、実機を触ってみて、「これならイってもいいだろう」と決意が固まりつつありました。


ただ、Surface Goは、やはり「スペック」の面で、少し不安が残ります。

ネットサーフィン等の用途で「タブレット」としてなら、かなり持つとは思いますが、このスペックでは「ノートPC」としての賞味期限は、それほど長く持たないのではないか、と不安になりました。






ということで、予算大幅オーバーにはなりますが、途中で矛先をSurface Goから、思い切って「Surface Pro 6」へ切り替えました。

このスペックなら、さすがに「ノートPC」としても、長く使えそうです。


で、先々週末くらいには、Surface Pro 6を買うことを一旦決意し、ポチる直前までいきました。
















が、最後に、「ちょっと冷静になれ」ということで、自分の生活スタイルに、本当にSurface Pro 6が合っているのか考えてみたところ、Surfaceシリーズを選ぶにあたって唯一引っかかっていた「キックスタンドスタイル(タブレットPC)」という点への不安が大きくなりました。

というのも、これはSurfaceだけに限らないことですが、Surfaceのような「キックスタンドスタイル(タブレット型)」のPCは、電車の中等で膝の上に乗せて使う時に、不安定になり非常に使いづらい、ということがあります。

当方、毎日片道2時間以上かけて通勤しており、そのうち半分以上は電車の中で座っているため、膝の上に乗せた時に、PCを落下させないか冷や冷やしながら使う、というのは結構致命的です。



それ以上に、根本的に「自分にとって、そもそも『タブレット型』である必要があるのか」ということも、冷静になって考えました。

「タブレット型」の良さは、使用シーンに応じて、「タブレット」としても「ノートPC」としても使えるところにあります。

が、よくよく考えてみると、自分の場合、実は「タブレット」を、ほとんど使ってこなかった、という事実があります。

これまで、iPadを2台、Androidタブレットを2台、所有してきましたが、これらの「タブレット端末」は、スマホのように、長時間、手に持って使うには重すぎるので、使う時は、スタンドに立てるか、机の上にベタッと平置きして使っていました。

が、その場合、タッチスクリーンを指で操作する際、「地に足がついた」形で使用する「マウス」や「キーボード」と違って、指(手)を浮かせて操作するのが、どうも自分には合わないため、振り返ってみると、せっかく買った2台のiPadについても、出張の際等、余程のことがない限り、実は、ほとんど使用していなかったのが実際のところです。

残るAndroidタブレット2台に至っては、正直、「買った意味が無かった」と思えるほど、使っていません(苦笑)


なので、これまでの長い間、出先や、何か一時的に調べごとをしたい時は「iPhone」で、そして、「じっくりと調べたい時」や「文章を入力したい時」は「iMac」を使っていたので、iPad等の「タブレット」が活躍する場面は実際にはほとんど無かったのです。





よって、自分としては、「タブレット」として使う必要性がほとんどないことを考えると、ただ単に「なんかカッコいい」という漠然としたイメージで「Surface」を買おうとしていましたが、ほぼ「ノートPC」としてしか使わないのなら、中途半端に「タブレット型」ではなく、純粋な(普通の)「ノートPC」を買ったほうが正解だろう、という考えに行き着きました。




そのため、Surface Pro 6に関しては、本当に「ポチる」寸前までいったのですが、、、一旦、ご破算とし、どうせ買うなら「純粋なノートPC」を買おう、ということに方向転換した次第です。。


その2へ続く>























posted by Joy at 00:57| Comment(0) | Apple | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする