2019年10月24日

東京モーターショー 「スマートEQ」






今回の東京モーターショーで、個人的に一番注目してきたのは、昨日書いた「ハスラー コンセプト」でしたが、その他のモデルで興味深いモデルとなると、非常に数は少ないのが残念ですが、その数少ない中の一つが、「スマートEQ」です。

 <Car Watch:【東京モーターショー 2019】メルセデス・ベンツ、コンパクトEV「スマート EQ フォーツー」をアジア初公開




まさに、現在の我が家のハスラーの前に乗っていたのがスマートであり、しかも初代のスマートK、そして二代目のスマートfortwoと、2台続けて乗っていました。


私もかみさんも、スマートを大変気に入っており、特にかみさんは「一生スマートでいい」というくらい気に入っていたので、単身赴任さえなければ、今でもほぼ確実にスマートに乗り続けていたはずなんですが、当方の単身赴任によって、2シーターのスマートでは生活に支障が生ずるようになったため、ハスラーに乗り換えたという経緯があります。


その後、私の現在のメインカーが2シーターのGP2になったことで、もはや、もう1台のクルマも2シーターにすることは無理なので、GP2を乗り続けている限り、もう1台のクルマは家族3人が乗れる必要があるため、残念ながら現在のところは、もう一度スマートを所有できる可能性はかなり低くなってしまいました。


とはいえ、やはりかつて2台続けて乗っていたほど好きなスマートでしたので、その後のスマートの行方にもずっと注目はしていたものの、現行の三代目スマートに関しては、当方もかみさんも、正直、デザインが苦手なんですよね。。

というのも、現行の三代目は、初代や二代目のような”上品さ”が失われ、”わんぱく坊”的な子供っぽいデザインになってしまった感があるからです。

しかも、プラットフォームを共通化した兄弟車である「トゥインゴ」も存在してしまい、「スマート」単独での特別感も無くなってしまいました。(ちなみに、現行の三代目スマートよりも、当方、クルマとしては、兄弟車であるトゥインゴのほうが好きです(笑))



そんなスマートは、次期モデルから全車種を「EV」に統一することが宣言され、その第一弾としての「スマートEQ」が、今回のTMSで公開されました。

003_o.jpg

Car Watchより)



画像を見る限り、現行の三代目スマートとかなり似てる印象ですね。

けれど、グリル形状などが変わった関係か、現行三代目よりも、わずかにスタイリッシュになったような気がします。このデザインなら、個人的にはギリギリ、セーフかな(^^;

まぁ、ただ、なんといっても「EV」に統一される、ということが一番大きなネタですね。

確かFIAT500も、次期モデルはやはり「EV」に統一されるようなことがアナウンスされたかと思いますし、今後、この類のスモールカーは、他のクラスのクルマよりもEV化への加速が進みそうですね。



ちなみに当方、二代目スマートのEVモデル(スマート・フォーツー・エレクトリックドライブ)には一度試乗しましたが、非常に好印象だったことを覚えています。


なので、いずれ日本にもやってくるであろう、この「スマートEQ」も、是非、一度は試乗してみたいですね☆










posted by Joy at 23:27| Comment(0) | smart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする