2019年12月15日

スタック。






当方、20代の頃は、冬が来る度に何度もにスキーに行っていたんですが、最初の愛車であるFFのカローラU SRで雪山に通っており、その頃は、スタッドレスは履かず、「道が雪や凍結でやばくなってきたらチェーンを履く」というパターンだったので、「この程度の雪ならまだ大丈夫かな?」と、無理してノーマルタイヤのまま雪道を走って、スタックし動けなくなり肝を冷やしたことが複数回ありました(^^;

まさに「若気の至り」そのものでしたね(^^;
(当方、今でも精神年齢は、その頃とあまり変わってないと思いますが・・(^^; )


しかし、30代になったとほぼ同時に、スキーをやらなくなったことで、以降は、自分のクルマで雪山に登るようなことはなくなったので、「スタック」するという経験もなくなりました。
(昨年2月まで3年間、仙台で単身赴任をしており、その間は冬場も含め、毎日のように仕事で仙台〜山形間を走っておりましたが、さすがにスタッドレスを履いた会社のクルマでしたので、むちゃな運転はしませんでした(^^; )



そんな中、今日の日曜は晴天だったことから、GP2を洗車し、その足で、どこかまだ紅葉が残っているところがあるかな〜?と、GP2で自宅近所の田舎道をフラッと走りに行ったんですが、途中で、今まで通ったことのない小高い山に入ってみたところ、みるみるうちに道幅が狭くなり、しかも最後は行き止まりになってしまいました。

しかし、Uターンできるようなスペースが無かったことから、登ってきた道をそのままバックの体勢でしばらく下り、ようやく切り返しができそうな土手のようなスペース(地面は舗装されておらず落ち葉で埋まった状態)が見つかったので、そのスペースに、バックのままクルマを入れ、そしてハンドルを切り返してクルマの向きを変えて発進しようとしたところ、駆動輪である前輪がスリップし、アスファルトに乗り掛かったところでエンスト。

まぁ、一度くらいエンストするくらいなら大丈夫だと思い、今度は慎重にアクセルをつないでみましたが、またしてもスリップで思うようにクルマが動かず、アスファルトとの継ぎ目のところでエンスト。。

クルマの体勢が水平だったらまだよかったんでしょうが、微妙にケツ(リア)が下がった状態だったので、坂道発進的にギアを繋がなくてはいけないため、余計に難しいのです。

三度目の正直、ということで、今度は、安全策を取り、サイドブレーキを引いて、いわゆる”初心者バージョン”の坂道発進でトライしましたが、またしてもアスファルトに乗り切らず、エンスト。。。

普段、誰も通らないような小高い山の上のため、周囲は木々で覆われ、助けてくれるような人も誰もいません。

ここでちょっと冷や汗が出てきました(~_~;)

このままスタック状態から脱出できなければ、JAFを呼ぶしかないな〜・・・と。
(なんとか、ケータイの電波は届いている場所のようでした)


ただ、JAFを呼ぶのは最後の手段ですので、とりあえず、できるだけのことはやってみようと、「押してダメなら引いてみな」ということで、一度クルマをバックさせようとしてみたところ、スリップしながらも、なんとか後進はできたので、バックさせてから、少しハンドルの切り角度を変えて前進を試みる、みたいなことを3〜4回繰り返し、ようやく脱出することに成功しました。


スタックしてから脱出するまで、時間にすれば10分もかからなかったとは思いますが、とにかく久々に肝を冷やしました。。

くわえて、せっかく洗車したてのGP2のタイヤ、ホイール、ボディ下部が泥々になってしまいました(>_<)


まぁ、けど、なんとかクルマに傷はつかないで済んだようですし、しかも、JAFを呼ぶことなく、なんとか自力で脱出できたので、ヨシとしましょう。。



やはりクルマに乗っていると、何が起きるか分からないですねぇ。

今日は決して無茶な運転をしていたわけではないんですが、まさかこの場所でスタックするとは、、という感じでしたので、不用意にアスファルト以外のスペースに乗り上げるのは危険だと改めて学習させていただきました。。


というか、きっと四駆のクルマなら、難なく脱出できたのではないか、と思います。

山道やダートな場所を走る時は、やっぱ四駆がイイっすね(^^;

順序からいけば、GP2よりもハスラーのほうを先に乗り換えるでしょうから、今度ハスラーから乗り換えるクルマは、四駆にしようかな?(^^;


皆様もスタックにはお気をつけください。


AF371F71-54F6-4798-AF73-522E5A1560EA.JPG
(スタックから脱出した後、気を取り直して、いつもよく通る川沿いの桜街道に出向き、パシャリ)















ラベル:スタック
posted by Joy at 23:21| Comment(0) | MINI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Echo Studio、3日目。






我が家にAmazon Echo Studioがやってきてから本日で3日目となりました。

FC319A98-271D-4117-8596-BAADA06964B9.JPG





狙いどおり、BGM再生用マシンとしてはかなりイイ感じで、ちょうどJazzがかかっている時にかみさんが「なんかスタバにでも居るみたいだね」とご満悦になってました(笑)

うちの自宅は、どこにでもあるごく普通の一軒家なんですが、ダイニングに関しては設計段階から「カフェ気分」を味わえるように、天井裏にオーディオ配線ができるように建ててもらったため、この家に住み始めたと同時に、DIYでBOSEの101MMを天井に吊るして設置しました。

IMG_9250.jpg

この101MMについても、普段、自宅に居る時間が圧倒的に多い、かみさんのために設置したようなもんなんですが、最初の2〜3年は多少使っていたものの、もう10年くらい、ほとんど稼働させておらず、単なる「オブジェ」と化してしまっております(^^;

というのも、この101MMに繋げているのは、かなり古いシャープの1bitコンポで、実質、CDしか聴けないので、いちいちCDの出し入れをしたり、リモコンで操作する必要があるので、今の時代にはマッチしませんね。

「見た目」的には、この101MMのほうが、Echo Studioよりもはるかに「スタバ感」があるんですが(笑)





やはり、「ストリーミング再生」&「声だけで操作」の組み合わせを経験してしまうと、特にキッチンで料理をしたり等、何か手を動かしながらBGMとして音楽を聴く場合、もう、いちいちCDの出し入れをしたり、リモコンで操作したり、みたいなことには戻れなくなってしまいますね。

私の幼少時代、音響機器には「リモコン」すら付いておらず、いつも機器本体の再生ボタン等を直接触って操作していたので、「リモコン」というものが出だした頃は、その便利さに感動したものですが、、その「リモコン」を操作することすら不要の時代が来るとは・・・という感じですね。




このEcho Studio、こちらのブログにも書いたとおり、もうひとこえ、空間への広がり感というか残響音的な効果が加えられればさらにイイと思うのですが、デバイスのサウンド設定は、現在下記の4項目が弄れるようになっており、「ステレオ空間エンハンスメント」のON/OFFができるんですが、これをONにした時の効果が、もっと大きく変化するようにしてもらえるといいのではないかと個人的には思っています。

IMG_9251.PNG





と、前置きが長くなりましたが、実は当方、本日の「楽しみ」な作業として、Echo StudioにAmazon Fire TV stickを繋げ、Dolby Atmosを体験してみようと思っていたんですが、今日、よくよく調べたところ、当方が持っているノーマルのFire TV Stickは、「対象外」であることが判明しました(T_T)
(対象機種は、Fire TV Cube(第2世代)、Fire TV Stick 4K、またはFire TV(第3世代)の3つだそうです。。)


この残念な気持ち、少し前にも経験したなぁ、という既視感に見舞われ、思い出してみたところ、先日macOSがCatalinaにメジャーアップデートされた際、私が持っているIPad Air 2では「Sidecar」機能が使えないことが判明した時ですね(^^;

まぁ、Sidecarが使えないと分かった時の”残念感”に比べれば、今回のFire TV Stickの件のほうがまだマシですが(^^;




ということで、そのうち、またセールで、Fire TV Stick 4Kが安くなったら、ポチりたいと思います。。






そんなわけで、今日のブログのメインのネタは「Echo StudioとFire TV Stickとの接続結果」になる予定だったんですが、何も書けなくなってしまいました(苦笑)























posted by Joy at 19:48| Comment(0) | Echo Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

流星ショー。






恥ずかしながら当方、今日は朝からネットのニュースサイトをを含め、ニュース番組をほぼ何も見ていなかった、というのが前提のお話なんですが、、

つい先ほど24時過ぎ、寝る前の最後の「一服」をすべく、玄関外に出てタバコに火を点けて一吸いしたところ、ちょうど目線の向こうを流れ星が駆け抜けました。

「おぉ」とか思ったのも束の間、今度は少し別の方向で、また流れ星が。


「もしや今日は流星群でも来てるのか?」と思い、そのまま目線を星空に向け続けていたところ、結果、タバコ1本吸い終わるわずか5分程度の間に、なんと5つも流れ星を見れました。


で、今さっき、自室に戻り”Google先生”に尋ねてみたところ、やはり今夜はまさに「ふたご座流星群」のピークだったんですね☆

 <tenki.jp: 今夜は星空を見上げてみよう ふたご座流星群ピーク

 <アストロアーツ: 【特集】ふたご座流星群(2019年)


山などの暗がりではなく、住宅地である自宅の前で、わずか5分程度の間に5つも流星が見れたのは、自身、新記録かもしれません。



今、ふたご座流星群が来ていることすら知らなかった自分が恥ずかしいですが(^^;、、このあと午前4時頃がピークらしいので、これからジャンパーを羽織り、もう1回、見に行ってこようと思います(^^;



追記:
今、AM1時を回ったところですが、ちょうど今さっき、再び玄関外に出て5分程度星空を眺め続けたところ、今回は3個の流れ星を見ることができました☆

満足です(笑)














posted by Joy at 00:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする