2020年01月08日

ベテルギウス。






当方、天文学や地学等には全くと言っていいほど疎いですが(^^;、、小さい頃から星を見るのが大好きで、今でも毎晩、風呂上りや就寝前に、玄関の外でタバコを一服しながら星を見るのがルーティンになっています。
(先日も、そのルーティンのおかげで「ふたご座流星群」に気づくことができました)


んでもって、数ある星座の中で最も好きな星座の一つは、べたではありますが、やはり「オリオン座」です。

今まで、十数年続けてきたブログの中でも、オリオン座について何度か取り上げてきました



そんな中、一昨日のネットニュースを見ていたところ「やっぱり!」と思える記事がありました。

それがこちら、ナショジオの記事です。

 <ナショナル ジオグラフィック: オリオン座の巨星に異変、超新星爆発が近い?



秋から春にかけての晴れた日の夜は、毎回、必ずオリオン座を眺めますが、どうも最近、ベテルギウスがなんとなく暗いなぁ、と思っていたのです。


ベテルギウスは、オリオン座を形成する中で最も有名な星だと思いますが、同時に、これまた私も大好きな「冬の大三角」を成す一つでもあるので、シリウスプロキオンとともに、常に注目している星なのですが、以前から、「近々、超新星爆発するのではないか」と言われているので、いつも眺める時は、「もしかしたら、今、爆発するかも??」と思いながら見ています(^^;



そして一昨日、冒頭の記事を見つけたので、見出しを見た時は「ついに、その時が来るのか!?」と色めきましたが、ベテルギウスは変光星とのことで、暗くなること自体は珍しいことではないんですね(変光星であることは、知りませんでした)。



ベテルギウスは、地球から約642光年の距離にあるとのことですが、質量が太陽の20倍もある巨大な星なので、もし超新星爆発を起こしたら、満月よりも明るくなる、と言われています。

想像しただけでも凄いですね。


冒頭の記事を読む限り、過去の変光データからすると、「今週中には暗い期間が終わり、徐々に明るくなる」とのことで、もしこのままさらに暗くなり続けるとしたら、過去の知見を超えた状態になる、とのことです。

果たして、どうなるでしょうか・・・













posted by Joy at 23:13| Comment(0) | Star | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする