2020年07月26日

Nikon Z5、発表。







ここ最近、Canon 「EOS R5/R6」、SONY「α7SV」と、フルサイズミラーレスの新機種ラッシュとなっていますが、今度は、Nikonから「Z5」が発表されました。

main_01.jpg
Nikonサイトより)


 <Engadget: ソニーα7対抗のフルサイズミラーレス「Nikon Z 5」発表


 <Engadget: α7に宣戦布告、ニコンの18万円フルサイズミラーレス「Z 5」実機インプレ



ざっと見た感じでは、SONYの現行主力機種「α7 V」と同じようなスペックに見えますが、それでいて価格は本体のみで約18万円(税込)とのことですから、上記記事のタイトルにもあるとおり、「α7 V」を潰しにかかってきた感じですね(^^;



当方が、5月末に「α7R V」を買うや否や、この新製品ラッシュ状態なってしまったのが皮肉ですが(^^;、、、まぁ、当方は”中古”で買ったので、EOS R5/R6や、今回のZ5が中古で割安感を持って買えるようになるにはもうしばらく時間がかかるでしょうし、しかも、「α7R V」には十分過ぎるほど満足しているので、今のところ、精神的ダメージはほぼありません(笑)



いずれにしても、わずか2ヶ月前の5月末に私がα7R Vを買った際は、「フルサイズ ミラーレス機」に関しては、「SONY 一強」という感じがしていましたが、これでついに、メジャー三社による三つ巴の抗争が繰り広げられることになりそうです(^^;


SONYさんには、「本体」のモデルチェンジだけでなく、「安くて良いレンズ」をもっともっと出していただきたいですね(^^;
















ラベル:nikon Z5
posted by Joy at 21:51| Comment(0) | Photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

ハスラー、リコール。





先日、スズキから、ハスラーのリコールを知らせる封書が届きました。

IMG_4009 2.JPG



スズキのサイトでもアナウンスされています。

 <スズキ: ワゴンR、スペーシア、ハスラーのリコールについて



上記のとおり、ハスラー、ワゴンR、スペーシアに共通するリコールで、不具合の内容は、

ISG(モーター機能付発電機)の故障診断プログラムが不適切なため、使用過程でアース端子に酸化被膜が発生することで電気抵抗が上昇すると、ISGの電気回路の故障と判定することがあります。そのため、警告灯が点灯するとともにISGが発電を停止し、そのまま使用し続けると、鉛バッテリが上がり、エンストや始動不能に至るおそれがあります。

だそうです。


んでもって、修理内容は、

「全車両、ISGの故障診断プログラムを対策プログラムに書き換えます。」

とのこと。


対象車両数は、11万台超え(^^;

当方がお世話になっている、近所のディーラーに電話してみたところ、やはり、予約がかなり先まで埋まっている感じだったので、止むを得ず、平日の夕方に予約をしました。
(こういう時も、「在宅勤務」だと融通が利くので助かるんですよね。。)




そして、昨日が予約日でしたので、夕方、在宅での仕事を一旦切り上げ、スズキ・ディーラーへと足を運びました。

IMG_4010.PNG


作業内容はプログラムの書き換えだけのため、待つこと30分程度で作業は完了し、無事、帰宅しました。
(作業を待っている間、たばこを吸おうと思ったら、これまで屋外にあった灰皿が撤去され、敷地内で吸えなくなってしまっていました。ディーラーでは、長時間待たされることが多いので、せめて屋外の灰皿くらい、置いておいてほしいですねぇ。。)



ということで、先日、車検を通したばかりのハスラー君。

リコール対応も終え、これからもまだまだ我が家の”ファミリーカー”として頑張ってもらいます(^^;

















posted by Joy at 21:17| Comment(0) | HUSTLER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

α7SV 7月29日、発表へ。





先日、キヤノンからR5/6の発表がなされましたが、今度は、ソニーの高感度フルサイズ一眼「α7SU」の後継機となる「α7SV」のティザー広告が、ソニーのHPにて先日、公開されました。

IMG_3950.jpg



来週29日の13時にリリースされる模様です。


スペック等詳細はまだ不明ですが、星空撮影などには凄い威力を発揮しそうですね☆














posted by Joy at 22:09| Comment(0) | α7R V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月19日

ネオワイズ、見れず終いか。。。





今、天文ファンの間で最も話題になっているネタといえば、おそらく「ネオワイズ彗星」かと思います。

 <AstroArts: 2020年7月 ネオワイズ彗星が3等前後



当方も先週から毎日、チャンスを狙っているのですが、曇りや雨ばかりで、全くダメな状態が続いていましたが、今日の比企地方は朝から良い天気で、予報では夜までずっと晴れ。

しかも、夕方にはこんな記事も出され、いやがうえにも期待が高まります。

 <ウェザーニュース: 今夜は関東などで「ネオワイズ彗星」観測チャンス



しかし、夕方になり、だんだんと雲が多くなってきて、19時過ぎには、ほぼ全天が雲で覆い尽くされた感じになってしまいました(>_<)


ネオワイズ彗星が見れる時間帯は、20時〜21時とのことで、当方、まずは20時過ぎに、外に出てみましたが、雲だらけで全然ダメ。。


で、20:30過ぎにもう一度、出てみたところ、ネオワイズ彗星を見つける目印となる、北斗七星が完全に見えているではないですか☆

しかし、、まさに意地悪をするかのように、ネオワイズ彗星がいるはずの北斗七星の真下部分は、全て雲で覆われた状態。。。


そして、時間が経つに連れ、雲はどんどん増えていき、21時には、北斗七星まで見えなくなってしまいました。万事休す。。(T_T)

(ちなみに、今夜、館山辺りでは、見えたそうです。羨ましい〜)



今後は、日が経つ毎に、ネオワイズ彗星の「高度」は上がっていくので、位置的には見えやすくなるのですが、、逆に、明るさは、どんどん暗くなっていくらしいので、、肉眼で見るには、今日が最大のチャンスだったと思われます。。

まぁ、明日以降も、チャンスは窺おうと思ってますが。。



ちなみに、今回を逃すと、次に見れるのは「5000年後」らしいので、万年生きる「亀」なら可能ですが、千年生きる「鶴」でも無理ですね(笑)




ということで、最大のチャンスと思われた「今日」を逃したので、あとはあまり期待せず、明日以降も、一応、チャンスを窺ってみようと思います。。











posted by Joy at 23:02| Comment(0) | Star | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日の森林公園 〜7月編〜 (1)





今日の日曜は、当初は家で巣篭もりするつもりでしたが(笑)、久しぶりに朝から晴れてくれたため、予定変更し、急遽、森林公園に行ってまいりました。

というのも、森林公園の名物の一つである「ヤマユリ」が見頃を迎えつつあるようなので。

DSC01759-1.jpg



ヤマユリは、花のサイズが大きく、しかも花びらが大胆に開いているので、撮影にはなかなか苦労しました(^^;

こういう花を上手に撮れる人は、本当に撮影が上手い人なんだろうな、と思いますね。。

DSC01670-1.jpg

DSC01678-1.jpg

DSC01767-1.jpg

DSC01763-1.jpg

DSC01758-1.jpg


私の撮影は下手ですが、、いずれにしても、森林公園ではヤマユリがまさにこれから満開に近づいてくるでしょうから、今度の週末あたりは、とても見応えのある状態になっていると思います(今日の時点でも、十分見応えはありましたが、まだまだつぼみの状態の花もたくさんありましたので)。



ちなみに、ヤマユリ以外にも、植物園管理棟の横には、美しい「無花粉ユリ」が2種類咲いています。

まずは八重咲きの「ベロニカ」。↓

DSC01741-1.jpg


そして、こちらは「バンドーム」。↓

DSC01733-1.jpg

DSC01736-1.jpg





ところで、今日は、気温が非常に高くなることが予想されたことから、森林公園には10:30頃到着し、90分ほど園内を歩き、そして、先月訪れた際はコロナ影響により営業自粛していた「中央レストラン」が営業を再開したことから、今日はお昼過ぎに「中央レストラン」に立ち寄り、昼ご飯用に、ピザをテイクアウトし、暑くならないうちに自宅に帰りました。




購入したピザは、「マルゲリータ」と「ミックスピザ」の2種類ですが、自宅に帰り、早速頂いたところ、、、2種類とも、お世辞抜きで、”めちゃウマ”でびっくり(^^;

IMG_3891.jpg
(↑ マルゲリータ)

IMG_3892 2.jpg
(↑ ミックスピザ)


うちの自宅は森林公園からクルマで10分もかからないのですが、それでも、今日、ピザを購入してから自宅に帰って食べ始めるまで、30分くらいはかかっていたため、食べ始めた時にはすでに「熱々」とまではいかず、結構冷めていたものの、それでも、ちょっとしたピザ専門店よりも美味しいのでは?と思えるほど、かなり美味しかったです。(もちろん、私だけでなく、家族も同意見)

しかも、現在、この「中央レストラン」の「テイクアウト」のピザは、2枚目以降が半額になるため、当方、今日は3枚購入しましたが、ちょうど2枚分の金額で3枚購入できたため、めちゃお得です(^^)



ということで、次回、森林公園に行った時も、このピザ、リピート決定!です(笑)



<国営武蔵丘陵森林公園:公式サイト
















posted by Joy at 22:20| Comment(0) | 森林公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月17日

GP3 インスタLive中継。





当方、コロナ影響による在宅勤務体制が今も続いており、直近では6月5日に出勤したのを最後に、既に1ヶ月半近く連続で”巣篭もり生活”を続けています。

2月末から、かれこれ5ヶ月ほど、こんな生活が続いてますが、いずれワクチンが開発されればコロナが終息し、「3密」とか気にしない生活が戻ってくるのかもしれないですが、、、ここまで長く在宅勤務を続けてしまうと、、少なくとも、今までのように、通勤に長時間かけて月曜から金曜まで毎日出勤、という生活には、もう確実に戻れない、というのが偽らざる心境ですね。。。




ということで、今日も在宅で、20時前に仕事を終え、さぁスマホでも見るか、とiPhoneを手にしたところ、Instagramの通知が入り、「MINI JAPANがLIVE中継を始めました」みたいな文言が表示されました。

「何のLIVE中継をするのかな?」と思い、何気に、該当ページをクリックしてみたところ、GP3の実車映像がデカデカと表示されました。

おー、これからGP3の紹介LIVEをするんだ、ということが分かり、そのまま観続けることにしました。


すると、私にとっては顔馴染み(といっても、完全に「一方的」な顔馴染みですが(笑))な方が進行役として登場。

モータージャーナリストの五味康隆さんです。

喋りが上手で親しみやすい雰囲気もあるため、以前から、YouTube動画などはよく拝見していますが、、、今から10年以上前の、まだ世の中に「YouTube」というものが誕生してまもない頃の2007年に、実は当方、五味さんと、筑波サーキットでお会いしているのです。

その時のブログ記事がこちら

五味さん、お若いですね〜(^^;




そんな五味さんの進行で、インスタにて、MINI JCW GP3のLIVE番組が始まりましたので、当然、面白くないわけがありません。

時間にして30分弱くらいだったと思いますが、五味さんが紹介するだけあって、喋りが上手いので、今まで眼中になかったGP3が、不覚にも少し、欲しくなってしまいました(笑)

と言っても、既に”完売”してますし、しかも仮にまだ完売していなかったとしても、恐ろしいほど高いので、とても当方には手が出せる価格ではありません(^^;



遅かれ早かれ、街中でGP3を見かけるようになってくると思いますから、もし、当方がGP2を運転している際、GP3とすれ違った場合は、パッシングしますので、是非、オーナーさんにおかれましては、少し立ち止まって談笑のうえ、実車を拝見させていただけると嬉しいです(笑)



(本日のLIVE配信の様子 ↓)
IMG_3812.PNG

IMG_3813.PNG

IMG_3814.PNG

IMG_3815.PNG




Instagram: Joy_gp2
      Joy_gp2_landscape














posted by Joy at 23:11| Comment(0) | MINI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

Canon ミラーレスの真打、「EOS R5、R6」発表。






昨日、Canonから、ミラーレス一眼のニューモデルとなる「EOS R5」・「EOS R6」が発表されました。

 <IT media: キヤノンがついに本気のミラーレス一眼を出してきた 「EOS R5/R6」正式発表 ボディ内手ブレ補正に動物AFも

当方、先々月にα7R Vを購入する際、素人ながらも相当念入りにリサーチを行ったつもりなので、現在のデジタル一眼(レフ/ミラーレス共)に関しての、性能やコスパの”肌感”めいたものは、それなりに身についたと思っているのですが、、自分で言うのもなんですが、ここ最近の「フルサイズ ミラーレス一眼」モデルについては、その「性能」と「コスパ」という点で、正直、SONYの「αシリーズ」の一人勝ちと言っていい状態だと思ってました。

既存の、Canonの「R」や「RP」、あるいはNikonの「Z」シリーズ、はたまたSIGMAの「fp」等、どれも、それなりに素晴らしいカメラだと思いますし、当方、カメラのブランド的には、SONYよりも左記の3つのブランドのほうが好きでしたので、元々は「αシリーズ」は購入候補にすら入っていなかったものの、、単に「性能(スペック)」だけでなく、「性能(スペック)が充実しているのにコスパもよい」という概念で考えると、最終的には「αシリーズ」の”一択”ではないか。という結論に行き着きました。



しかし、今回、カメラブランドの”王者”と言っていいCanonから発表された「EOS R5、R6」のスペックを見る限り、冒頭の記事のタイトルにもあるとおり、ついに”本気”を出してきた、という印象です。

上位モデルの「EOS R5」は参考価格が46万円(税別)と、消費税を加えれば50万超えという、ちょっと素人には高過ぎる価格ですが、弟モデルにあたる「R6」のほうは参考価格30万5000円(税別)とのことなので、SONYの「αシリーズ(特に「α7シリーズ」)」に真っ向から勝負を挑む価格になっていると思いますね。



しかも今回、この「EOS R5、R6」に合わせて、同時に「望遠レンズ」も一度に4モデルも同時発表されましたし、そのうちの「RF600mm F11 IS STM」と「RF800mm F11 IS STM」の参考価格が、それぞれ「8万8000円(税別)」、「11万3000円(税別)」とのことで、F11固定とはいえ、超望遠レンズとしては破格の値段になっています。


このことからも、Canonが「ミラーレス一眼」市場に、ついに本気を出してきたことが、あらためて感じられますね。




まぁ、当方の場合は、「α7R V」を新品ではなく「中古」で安く買ったこともあり、今回Canonから発表された2モデルのうちの弟機種である「EOS R5」ですら高過ぎて手が出ませんし、「α7R V」に大変満足していますので、これからも長く愛用していく予定ですが、潤沢にお金があるのであれば、今回の「EOS R5、R6」には、かなり食指が動いたかもしれません(^^;















posted by Joy at 00:14| Comment(0) | Photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

本日の森林公園(4)〜 色々な花 編 〜






今週月曜に訪れた「国営武蔵丘陵森林公園(通称「森林公園」)」特集も、今日で4回目となりました。

 本日の森林公園(1)〜 紫陽花編 〜
 本日の森林公園(2)〜 彫刻編 〜
 本日の森林公園(3)〜 ヒマワリ編 〜


今回、森林公園にお邪魔して、最も観たかったのは、紫陽花とヒマワリだったんですが、もちろん、それ以外にも色々な花や植物を観るのも楽しみでした。

よって、今日のブログでは、紫陽花、ヒマワリ以外に出会えた花たちをアップしたいと思います。


DSC00948-1.jpg

DSC00951-1.jpg

DSC00952-1.jpg

DSC00961-1.jpg

DSC00964-1.jpg

DSC00965-1.jpg

DSC00978-1.jpg

DSC00984-1.jpg

DSC01011-1.jpg

DSC00947-1.jpg

DSC00945-1.jpg

DSC00940-1.jpg

DSC00938-1.jpg

DSC00936-1.jpg

DSC00935-1.jpg

DSC00934-1.jpg

DSC00932-1.jpg

DSC00911-1.jpg

DSC00907-1.jpg

DSC00882-1.jpg

DSC00880-1.jpg

DSC00872-1.jpg



今回、森林公園にお邪魔し、少なくとも4km以上は歩いたと思うのですが、それでも、おそらく森林公園全体の広大な敷地のうちの5分の1、もしくは4分の1程度しか回れていないと思います。

ですので、園内には、私が観ることのできなかった花や植物がおそらく、まだまだ数えきれないほど色々あると思います。



そういえば、森林公園の目玉の一つである「ヤマユリ」が、ついに、昨日から咲き始めたそうなので、当方も、次回お邪魔する際のメインは、やはりこの「ヤマユリ」になるかと思います。

梅雨の晴れ間を狙って、是非、今月中に再度、お邪魔する予定です。




【国営武蔵丘陵森林公園 公式サイト


<次回に続く>















posted by Joy at 23:07| Comment(0) | 森林公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

本日の森林公園(3)〜 ヒマワリ編 〜






一昨日お邪魔した国営武蔵丘陵森林公園(通称「森林公園」)の訪問目的の一つが、現在、ちょうど咲き始めている「ヒマワリ」を観ることでした。

そのヒマワリとは、「サンフィニティ」という、高さが1メートルほどの小型の品種で、花のサイズも手のひらサイズ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

草花の苗/ヒマワリ:サンフィニティ3.5号ポット
価格:466円(税込、送料別) (2020/7/1時点)









そのため、ハーブガーデンがある森林公園の北中部から、このサンフィニティが咲いている「運動広場」(南中部)まで、おそらく距離にして2km以上はあったと思いますが、一気に、徒歩で歩き、目的地へと到着しました。

DSC00995-1.jpg

DSC01007-1.jpg

DSC01000-1.jpg

DSC01006-1.jpg

DSC01010-1.jpg

DSC01018-1.jpg

DSC01001-1.jpg
(サンフィニティ・エリア横の緑地帯。奥に見えるのが「ぽんぽこマウンテン」)



中央口から「ハーブガーデン」まで、既に1km以上歩いており、そこから2km以上、「運動広場」まで、蒸し暑い中、ほぼ休みなしで歩き続けたので、さすがに老体には堪えましたが(^^;、、視界が開け、目の前に広大なサンフィニティ・エリアが見えた瞬間、疲れが一気に吹っ飛びました。


写真のとおり、一昨日の時点では、まだ「一分咲き」程度の状況でしたが、これから一気に見頃を迎えることになるかと思います。

満開のサンフィニティも、是非、観てみたいですね。


【国営武蔵丘陵森林公園 公式サイト


次回に続く














posted by Joy at 21:56| Comment(0) | 森林公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする