2020年09月20日

3ヶ月半ぶりの出社。






当方、6月5日を最後に、連続テレワーク(在宅勤務)記録が3ヶ月半になろうとしていましたが、一昨日の金曜(18日)、久しぶりに、都心の勤務先へと出社してきました。

やはり3ヶ月以上も出社(通勤)をしていないと、出勤の仕方を忘れてしまいますね、マジで(^^;


社会人になって25年以上、平日は毎日「出勤」ということが当たり前の生活を送っていたので、当然、通勤鞄の中の整理や、毎朝の髭剃りや髪型のセット(笑)等、当たり前のようにやっていたことを、3ヶ月以上もやっていなかったので、「ん? 鞄の中に入れる物品は、これで全部だっけ?」とか、「あれ?整髪料ってどこに置いてたっけ?」と、何度も、確認をしながら出勤の準備をしたので、やたらと時間がかかってしまいました(^^;


担当業務上、これから10月上旬にかけて、何度か出勤する必要があるんですが、10月中旬以降は、また「基本はずっと在宅勤務」の状態に戻り、おそらく、出勤するのは、多くても2〜3週間に1回くらいのペースで済みそうです。


自分の場合、「会社に行く」こと自体にはそれほど拒絶感はないものの、通勤時間が片道2時間以上かかるので、これだけ長期間、在宅勤務を続けてきて、「通勤時間」というものが存在しない生活に慣れてしまったので、やはり、通勤に往復4時間もかけるのはアホらしい、という以外ありませんね。。

それと、やはり、通勤時間が長いことにより、「通勤途中でコロナに感染」というのが一番、避けたいことです。

仮に感染したとしても、症状が軽ければいいんですが、いずれにせよ「感染」した段階で、当然、しばらくの間、治療のため、仕事もできなくなるでしょうから、会社の同僚達にも迷惑をかけることになりますし。。。

なので、毎日これだけ感染者がまだまだ発生している状況で、「Go Toトラベルキャンペーン」とか、私としては、「まだ、そんなことやれるような状況じゃないだろ」というのが偽らざる心境ですし、やはりワクチン等が出回るまでは、少なくとも、公共交通機関を使って、人が参集するような場所に遠出するような気にはなれませんね。。



とはいえ、前述のとおり、とりあえず、10月上旬までは、往復4時間かけて、何度か都心に出勤しなくてはいけないので、気が重いです。。

まぁ、世の中には、仕事柄、テレワークをしたくでもできないような業種もたくさんあるでしょうから、自分の場合は、贅沢な悩みだとは思いつつも、、やはりテレワークに「慣れて」しまうと、もう、後戻りはできないなぁ、というのが正直なところです。


ということで、4連休もあと2日ですね。
















posted by Joy at 23:42| Comment(0) | 在宅勤務/テレワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SONY フルサイズミラーレス「「α7C」発表。






ここ最近、”フルサイズミラーレス機”に関しては、Canonから「EOS R5、R6」、Nikonから「Z5」と、続々と魅力的なモデルが発表されていますが、、迎え撃つSONYとしては、先般「α7SV」を投入していたものの、この「α7SV」は”高感度”モデルということで”ニッチ”な商品と言えるかと思います。


そんなSONYから、先週「α7C」が発表されました。

 <デジカメWatch: ソニー、新コンセプトミラーレス「α7C」を正式発表

27_s.jpg
(「デジカメWatch」より)



この「α7C」は、一言で言うと、「『α7 III』の性能を凝縮しつつ、小型化に成功」したモデルと言えそうです。
(「α7 III」の重さの78%、体積だと81%のサイズを実現)

ボディカラーは、通常の「黒」に加え、天面がシルバーのモデルもあり、このシルバーモデルも人気が出そうですね。

店頭予想価格は21万円前後とのことなので、これから新品で「α7 III」を買おうと思っていた方達は少なからず、今回発表された「α7C」に鞍替えするかもしれませんね。


いずれにせよ、これで、Canon、Nikon、そしてSONYの御三家による、小型フルサイズミラーレス機の入門モデル(且つ高性能)が出揃った感がありますので、消費者としては、選ぶ楽しみが増えました☆


あ、もちろん当方は、これからも「α7RV」一筋で頑張ります(笑)
















posted by Joy at 13:52| Comment(0) | α7R V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェアレディZ プロトタイプ、公開。






先週16日、日産フェアレディZの七代目となるZ35系のプロトタイプがついにお披露目されました。

 <Car Watch: 写真で見る 日産フェアレディZ プロトタイプ「Z PROTO」

001_l.jpg
Car Watchより)



スポーツカーの場合、まずは「デザインがどうなのか?」というところが非常に大きいと思ってますが、今回のこの新型Zのデザインについて、トータルとしては、個人的に「好印象」を抱きました。

「サイドビュー」と「リアビュー」は、クラシカルさをベースにしつつ現代的に仕上げた感があって素直にカッコいいと思いますし、特に「斜め後ろ」から見た感じは、相当痺れますね☆


唯一残念なのは、国産・輸入車問わず、ここ10年くらいのほとんど全てのクルマに言えることですが、「フロントマスク(お顔)」のデザインです。

「お目目(ヘッドライト)」と「お口(グリル)」のカタチが微妙です。。

お目目」に関しては、"初代「240ZG」のヘッドライトカバーの写り込みをモチーフ"にしたデザインとのことですが、あくまでも240Gについては、ヘッドライト自体は「まるい(円)」デザインであり、そのヘッドライト自体のイメージが強烈(良い意味で)なので、どうせなら今回のZ35系も、その「まるい(円)」というところがはっきりとイメージできるような踏襲をしてほしかったな、という気がします。

今回のZ35系の”アーモンド形状”の「お目目」のデザインは、頭に浮かぶ言葉はやはり「ビミョ〜なカタチ」という感じで、正直、今見比べても「240ZG」のお目目のほうが、断然カッコいいと思います。



それと、「お口(グリル)」ですね。

現行三代目MINIや近年のアウディ等にも言えることですが、最近のクルマのグリルのカタチって、なんでこんなにわざわざカッコ悪くしちゃうのでしょうか。。(^^;

というか、おそらくこれは「お口(グリル)」単品のデザインだけの問題ではなく、「お目目(ヘッドライト)」のデザインとの組み合わせでの見え方が非常に大きいと思うのですが、近年のクルマのフロントマスク(正面から見た”お顔”)は、バランスが悪いというか、とにかく「おマヌケ」に見えてしまうんですよね。

そして今回のZ35系プロトタイプに関しても、その傾向が当てはまる形となってしまいました。

正直、この”真正面から見たお顔”に関しては、「可愛い系のクルマ」のデザインになってしまっている気がするので、非常に端正でカッコいい「サイドビュー」や「リアビュー」とのバランスに違和感を覚えます。

やはりZのような「スポーツカー」は、四方八方どこから見ても「カッコいい」と思えるデザインであってほしいですし、その中でも「フロントマスク」は「要(かなめ)」となる部分の一つだと思いますから、今回の新型Z(プロトタイプ)に関しては、その点が残念でした。
(質感の高さは、とても感じるのですが、「質感が高い」ということと「デザインがカッコいい」ということは別物なので(^^: )




と、クルマのデザイン、とりわけ「フロントマスク」のデザインに対する拘りが強い当方なので、長々と書いてしまいましたが、、今回の新型Z、トータルとしては、”レトロモダン”なところが好感が持てますし、初代Zだけでなく他の歴代Zのモチーフも感じられますし、全体的な”質感”の高さみたいなものも大いに感じるので、、全体としては「イイね!」と思えるデザインに仕上がっていると思いました。

公道で見かけるようになるのが楽しみです☆
















posted by Joy at 12:34| Comment(0) | Car | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする