2011年06月07日

WWDC 2011

昨日、予定どおりジョブズさんの登場により、WWDC 2011((Worldwide Developers Conference)が開催され、Mac OS X Lion、iOS 5、iCloudが正式発表されました。

噂されていたiPhone 4S等、新ハードウェアの発表はありませんでしたが、それを補って余りある内容だったようです。


というのも、既にいろいろと公表されていたOS X Lionはもちろんのこと、iOS 5iCloudの内容には、思わず頬がゆるんでしまいました。

これらを使えるようになるのが楽しみ、としか言いようがない、さすがAppleという内容ですね。

これならハードウェア関連の発表がなくても、十分、お腹いっぱいです。





当方、以前もブログに書いたとおり、あまりクラウドは信用していないのですが、もう、そういうことを言っていると、完全に時代に置いていかれる、そんな印象を受けました。

それほど、iCloudにしてもiOS 5にしても、魅力的な内容です。

iTunesも、iTunes in the Cloudとして、クラウド化されますから、今まで「同期」作業が面倒に感じていた人たちにとっては、めちゃくちゃ便利になりそうです。
(残念ながら、One More Thingとして発表されたiTunes Matchについては、当面、日本でのサービス開始予定が無いとのことですが・・)



いずれにせよ、まるで、未だハッキングに苦しんでいるソニーをあざ笑うかのような、今回の発表でした。


とはいえ、どんなに素晴らしい内容であっても、やはり、クラウドには大きな「リスク」がつきまとっていることは事実だと思います。

Appleも、いつ、ソニーのような被害を受けるか分かりませんので、その辺りは、万全の体制で管理していってもらいたいですね。







その他にも、OS X Lionの販売方法がMac App Store経由でのダウンロード販売(しかも2600円!)となったことや、ついにPCレスでiOSのセットアップやアップデートが可能になったこと等、数えきれないほど、いろいろなことがリリースされました。






とにもかくにも、ジョブズ復帰以降、これだけ毎回期待をされながら、その期待を上回ることをやってのけるAppleは、本当に凄いとしか言いようがありません。

Mac、iPhone、iPodそしてiPadを取り巻く環境は、ますます魅力的になっていくことは間違いなさそうです。

(こんなにAppleを良く書いても、私は何も得をしませんが(笑))

2011060701.jpg





posted by Joy at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック