2013年09月23日

ダイソン降臨。

本日、我が家にとって初となる、憧れのダイソン掃除機「DC 19 T2」がやってきました。

写真 (8).JPG




というのも、近所のホームセンターで、該当機種が、価格com最安値よりも安く販売されていたからです。

しかも、型落ちモデルのため、現行のダイソンの一般的モデルよりも、半値以下で買うことができました。

長年、ダイソンの掃除機が欲しかったのですが、一般庶民の当方にとって、掃除機に、とてもじゃないですが5万円以上も出せません(>_<)

ちょうど今から4年ほど前、奮発してiRobot ルンバを購入し(最廉価モデルのため3万円くらいだった)、現在まで使っており、想像以上の働きぶりに、ロボット掃除機としては、十分満足していたのですが、我が家は、当方含め、皆、アレルギー持ちのため、さすがに、ルンバだけでは物足りず、ルンバを動かしながら、同時に普通の掃除機(国内メーカーの1万円もしないやつ)も使って掃除するという、「だったら、最初から、普通の掃除機だけ使えば?」と言われそうなやり方で掃除していたのが現状です。

普通の掃除機1本に絞るなら、もう少しイイ掃除機がいいなぁ、ということで「いつかはダイソン」と思いつつも、「値段的に、どんなに頑張っても、現行モデルのダイソンでは、ハンディタイプしか買えないなぁ」と、指をくわえながら、電気屋さんの展示品を見ている毎日でした。


そんな中、期せずして、現行ハンディタイプよりも安く売られている、今回の現物を、昨日、発見したので、昨夜から今日にかけ、ネット上のユーザーレビュー等を読みまくりました。

結果「吸引力には大満足」という評価が多数を占めつつ、一方で「重い」「デカい」「うるさい」というような意見も、ほぼ一致して見受けられました。

しかし今回発見したホームセンターでは、同一モデルが展示もされていたので、上記の「重い」「デカい」「うるさい」は実際に確認することができたため、ネット価格よりも安いとなれば、「これは行くしかない」と、購入に至った次第です。

写真 (9).JPG








そこで、早速使ってみました。

確かに、「重さ」と「デカさ」は気にならないといえば嘘になりますが、それを承知のうえで買いましたし、我が家の場合、掃除機を特に持ち上げて使ったりすることはほとんどないので、許容範囲です。

「うるささ」については、今まで使っていた掃除機と特に遜色なく、全く気になりませんでした。



そして肝心の吸引力。

これは、もう大満足ですね。多くの人がレビューに書かれているとおり、フローリングにピッタリくっつくような、素晴らしい吸引力です。

薄型ヘッドも、狭いところに入っていきやすく、とても便利です。

モーターヘッドではないので、絨毯には向いてないかもしれませんが、我が家はフローリングオンリーのため、むしろこのタイプのヘッドで正解でした。

2013092302.jpg



そして、吸い取ったゴミの量を見て、びっくり&にんまり(笑)

2013092301.jpg

我が家は、毎日掃除機をかけるので、昨日も掃除したのですが、わずか1日なのに、これだけのゴミが吸い取られていました(゚Д゚|||)

今までの掃除機だと、おそらく、数日分の量です。








ということで、このデザイン、吸引力、メンテナンスの楽さ、そして排気のクリーンさ等を考えれば、とりあえず、買って大正解、という感じです。

あとは、お世辞にも、耐久性が高そうな作りには見えないので、壊さないよう、そして、できるだけ故障せず長持ちしてくれるといいですね☆











posted by Joy at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Home electronics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック