2015年07月20日

本日の冷や汗ネタ 『プライベート・ビエラ 不具合 』

昨年の夏、このブログにも書いたとおり、プライベート・ビエラを購入しました。

前評判どおり、家ぢゅう
、どこでもキレイにテレビ&録画映像が見れるので、とても重宝しており、単身赴任先の仙台にも持ってきて、専ら「メイン・テレビ」として活躍してくれてました。



が、今朝、スイッチをオンにしたところ、画面の真ん中よりも少し下に、何か横線のようなものが見えます。。

チャンネルを替えても変わらないため、一度スイッチオフにし、再起動したところ、、その線は、よりハッキリと且つ、端から端まで、一直線に繋がってしまいました。

いわゆる、「ドット抜け」ってやつでしょうか。。。(゚д゚;)

2015072001.JPG
( ↑ 画面真ん中よりちょっと下に見える白い線。これは不具合であり、地平線ではありません(笑) )



当方、以前、iMacでも、今回のように「横」ではなく、「縦線」のドット抜けを経験しており修理したことがあります(iMacの時は、修理したのに、また再発してしまいました(T_T) )。

ドット抜けに縁があるんですかね、ワタシは。 有難くないですが。。






そして、さらに焦ったのは、このプライベート・ビエラを購入したのは、去年の夏だったことは記憶しているものの、下手すると、保証期間である「1年」を過ぎているかもしれない、ということです。


冷や冷やしながら、確認したところ、購入したのは昨年7月21日。

なんということでしょう、今日でちょうど1年、つまり保証期限最終日でした(゚д゚;)



早速、Panasonicの修理窓口に電話をし、修理の手配をした次第です。




いやぁ、それにしても、こんなことってあるんですね〜

ちなみに、もし故障したのが、非情にも明日だったら、保証って効かなかったんですかね?(^^;





  


 


















posted by Joy at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Home electronics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック