2015年08月09日

本日の映画 『Mission: Impossible - Rogue Nation』

一昨日から公開となった、シリーズ5作目である『Mission: Impossible - Rogue Nation(邦題「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」)』を、昨夜、観てまいりました。

今作は、ユージュアル・サスペクツで脚本を担当した、クリストファー・マッカリーがメガホンを取る、ということですが、「監督業」としてはまだまだ未知数の人であるため、それほど「期待し過ぎず」に観に行きました(^^;








結果として、期待し過ぎなかったのが良かったのか、いわゆる「フツウに面白かった」です☆

前作のゴースト・プロトコルと同程度、という印象で、、5段階評価であれば「3.5以上4.0点未満」てな感じでしょうか。


個人的には、一昨目がベスト、三作目もかなり好きですが、その二作と比べると、ゴースト・プロトコル同様、ちょっと開きががあるかな、という印象ですね。



まぁ、でも、今作においても、トム・クルーズの役者魂は凄いと思いましたね。

多くの人が言っているとおり、特に、飛行機にしがみつくシーンやバイク疾走シーンの迫力は凄いです。あと、BMWの運転も(^^;




あと、今作では、敵側のボスキャラを演じたショーン・ハリスという人の"かすれ声"が、イイ味出してました(^^;

ヒロインは、ちょっと役の設定が、強くし過ぎの感がありましたね(^^;







ということで、このローグ・ネイション。

個人的に「最高!」とまではいかないまでも、フツウに面白いので、映画館で観て損はないと思います。



ちなみに、本シリーズは、トム様の方針により、敢えて「毎回、監督を替える」ということを貫いているようなんですが、願わくば、一昨目のブライアン・デ・パルマによる監督された作品を、もう一度、観てみたいですねぇ☆














   

















posted by Joy at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック