2015年09月21日

本日の映画 『Ant-Man』

当方、マーベルの映画作品はなるべく劇場で観るようにしており、特にアベンジャーズ・ファミリーに関しては、ここ5年くらいはほぼ全て劇場で観てるはずなんですが、この『Ant-Man(邦題「アントマン」)』については、アベンジャーズ・ファミリーでありながら、他の作品とはちょっと毛色が違う気がするというか、正直に言うと、当初からあまり観る気がしていなかった、というか。。(^^;


しかし、シルバーウィークを利用して、現在、埼玉に帰ってきており、うちの若旦那がこの『アントマン』を、どうしても観に行きたい、と言うので、それに乗じて、昨日、若旦那を連れて観に行ってまいりました。

若旦那と一緒なので、残念ながら「吹替」版ですが(^^;






ところがどっこい。

いやぁ〜、イイ意味で裏切られました。

当方、この『アントマン』、ハマりました。めちゃくちゃ面白かったです☆





特にユーモアというかコメディのセンスが絶妙で、ネタバレにはなりますが、iPhoneのSiriの絶妙な使い方には、笑うとともに唸ってしまいました☆

あとはやはり機関車トーマスの使い方にも苦笑するしかなかったですし、主人公の友人たちが仕事(犯罪系)を入手した経緯を主人公に教える回想シーン等々、とにかく笑える要素が盛りだくさんです。


しかし、決してコメディだけに終わらず、しっかりとヒーロー物たる「マーベル作品」するところはしてました。

それに、現代の映像技術により、身長1.5cmの世界がリアルに描かれるようになったことも大きいですね☆





監督は、ペイトン・リードという、初めて聞く名前のお方。

このアントマンでは昨年、監督の交代劇があったようなので、どの程度、このペイトン・リードという人が作品に関与できたのかはわかりませんが、いずれにしても、今後の作品も楽しみな監督です。




アイアンマンマイティ・ソー等、マーベルのアベンジャーズ系の映画はほとんどが「フツウに面白い(平均点以上だが、「超」がつくほど面白い、とまではイカない)」的な作品が多い中、個人的には、昨年の「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」が突出して面白かった、という印象だったんですが、今回のアントマンも、毛色は違うものの、ウィンター・ソルジャーに並んで面白い!、と言っていいと思います☆

やっぱ食わず嫌いはいけませんな(^^;


今回も映画のラストには、ご多分に漏れず、しっかりと次作への「繋ぎ」もありましたので、引き続き、"アベンジャーズ・マジック"から逃れられそうにありません☆













ニコニコ動画


 


 


 





















posted by Joy at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック