2017年08月20日

本日のガジェット 『Muslish 車載ホルダー』。






これまで、iPhone用の車載ホルダーをいくつ使ってきましたが、一番良かったのは、147TSの時に使用していた「マグネット式」でした。

マグネット式は、脱着が非常に楽で、且つ、安定性も高く、くわえて、デザイン的にもスッキリしているので、ほとんと文句ありません。

そんなわけで、先月乗り換えたブレラに関しても、スマホホルダーは「マグネット式で行こう」、と決めていたものの、前回の147TSの時のように、ダッシュボードに両面テープで貼るタイプにするか、もしくは、エアコン吹き出し口に装着するタイプにするか、迷っていました。

エアコン吹き出し口を利用するのは、「安定性」という点で不安がありますし、しかも吹き出し口を塞ぐ形になるので、エアコンにとってもスマホにとっても、風が直接当たるのは、あまりよろしいことではないと思いますし。

一方、ダッシュボードに両面テープで貼るタイプについても、剥がしたくなった時にダッシュボードに傷をつけてしまいそうですし、しかも今後、レーダーとかを取り付けることになった場合、ダッシュボード上がごちゃごちゃしちゃいますしね。

ということで、どちらも一長一短があり、なかなか決められなかったんですが、、とりあえず今回は、「ダッシュボードを傷つけない」ということを優先し、「エアコン吹き出し口に装着するタイプ」で行くことにしました。


んでもって、アマゾンのこちらの商品をポチッとやり、本日、ブレラに装着しました。

2017082001.jpg


2017082002.JPG
(↑ ほんとはホルダーがエアコン吹き出し口の”ど真ん中”に取り付けられるとおさまりがイイのですが、致し方ないですね(^^; )


2017082003.PNG


2017082004.PNG
(↑ 充電ケーブルをつけても問題なし(^^) )



上の写真のとおり、”見た目”的に、ホルダーがエアコン吹き出しのど真ん中に取り付けることができると、おさまりがイイのでしょうが、真ん中には分厚いツマミがあるので、とりあえず上部に付けてみました。

ただ、ご覧のとおり、iPhoneは、ちょうどイイ位置にハマりましたし、操作性も問題なかった(というより、非常に操作しやすい)ので、なんとか及第点はあげていいと思います(^^)


あとは、上記のとおり、吹き出し口から出る風が、まともにiPhoneを直撃するのが気になるところですが、ホルダーが付いている箇所だけ、送風されないようにツマミを回せば済むことですし、まぁ、このホルダーは、取り外したくなったら、いつでも簡単に取り外せますので、そういう点でも気が楽です。




ということで、とりあえず、ブレラにおけるiPhoneの定位置が確保されました☆







    











posted by Joy at 23:36| Comment(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。