2020年01月20日

ベテルギウスがやっぱり暗い。






先々週のブログで、「ベテルギウスが暗い」ことについて取り上げました。

 <ナショナル ジオグラフィック: オリオン座の巨星に異変、超新星爆発が近い?
 
で、上記ナショジオの記事では、先々週の時点で「今週中(つまり先々週中)には暗い期間が終わり、徐々に明るくなるはずであり、もしこのままさらに暗くなり続けるとしたら、過去の知見を超えた状態になる」と書かれていたんですが、つい先ほどもオリオン座を眺めてみたところ、なんだか、先々週より更に暗くなり続けているような気がします。


オリオン座の隣にある「おうし座」の中の一等星で、ベテルギウスと同じような赤い色をしたアルデバランは、本来、ベテルギウスよりも暗いはずですが、現在はどう見ても、アルデバランのほうが明るく見えます。



そして、一昨日にはこんな記事も報道されています。

 <朝日新聞: オリオン座が崩れる? ベテルギウスに異変

 <東京新聞: ベテルギウス、爆発迫る? オリオン座、減光で話題に



超新星爆発、一度でいいから見てみたいですねぇ。













【関連する記事】
posted by Joy at 23:05| Comment(0) | Star | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。