2008年05月20日

本日の試乗 「FIAT Panda 100HP」(2回目)






昨日は、自身2度目となる、FIAT パンダ100HPに試乗する機会に恵まれました。
2度目といっても、前回は、軽く流した程度でしたので、実質的には今日が初めての試乗と言ってもいいかもしれません。



それにしても、この類のクルマの中では、パンダ100HPって、かなりカッコいいですよね。
100hppfront.jpg 100hpprear.jpg


ライバル車としては、ポロGTI、フィエスタST、そして日本代表のスイフトスポーツあたりが挙げられると思いますが、この中では、エクステリアのカッコ良さではパンダ100HPが一番だと思います。日本代表のスイスポもかなりカッコいいですね。



内装については、パンダ100HPは地味ですがセンスが良いと思います。
100hppnaisou.jpg
このクラスでは、内装に関しては、ポロGTIが飛び抜けて質感が高いと思います。


ということで、このパンダ100HP、このクラスとしては、デザイン的にもとても魅力的なクルマです。




そして着座位置がちょっと高めのシートに座り、エンジンを始動し、いざ発進。


たかだか100馬力ですが、非常に軽快に動きます。

エンジンも気持ち良く回り、エグゾーストもなかなか迫力があり、とても気持ちいいです。



そして、ちょっとしたワインディングを走ってみると、楽しいハンドリングにK.O.されました(^^;



それと前回は使わなかった「スポーツボタン」を今回は使うことができました。
確かに、ノーマルよりもさらに元気になったような感じがしましたが、試した距離がかなり短く、本領発揮させるにはもう少し長く走る必要があったと思います(^^;


今回は「全開走行」とまではいきませんでしたが、前回の1度目の試乗時に比べると、かなり思い通りに走らせることができました。

結論としては、「とにかく楽しい!」ということに尽きます。

雑誌やネットでの、パンダ100HPを特集した記事で、軒並み評価がメチャメチャ高いのが、改めてわかったような気がします。

パンダ100HPで、峠とか走ったら、もうたまらないほど楽しいでしょうね。

こういうクルマに乗ってると、つくづく、大排気量のハイスペックマシンが馬鹿馬鹿しく見えてきます。

ほんと、クルマって、スペックじゃないですよね〜。「スペックが高いクルマに乗りたい」、とか「スペックが高いクルマほど楽しい」と思いこんでいた以前の自分が恥ずかしいです(^^;

フツウの素人が、運転を楽しむには、このパンダ100HPは、現在新車で買える世界中のクルマを探しても、恐らくトップクラスであることは間違いないと思います。

まさに我々のような素人に「身の丈に合ったスポーツカー」と呼んでいいと思います☆


今回で、パンダ100HPは2度目の試乗でしたので、次回は、3度目の正直ということで、奥多摩あたりを、全開走行させていただく予定です(笑)。









posted by Joy at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Joyさんこんばんは。

今度こそ奥多摩で!!

その時はナビは外しときますので(笑)
Posted by ロマンNEO at 2008年05月20日 22:09
●>ロマンNEOさん、こんばんは(^^)

マジでナビの件はごめんなさいでした・・m(_ _)m
ちゃんと動いてますか?(^^;
次回はナビだけでなく、リミッターも外しといてください(爆)
Posted by Joy at 2008年05月20日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック