2024年06月17日

BRZ、納車1周年。

昨年、自身専用車としては28年ぶりの日本車復帰となったBRZ S “10th Anniversary Limited”が納車されてから、本日でちょうど1周年となりました。

IMG_5870p.jpg



毎日往復70kmの通勤に使っているため、既にオドメーターは16,000km超えになっております(^^;

1年間、通勤車両としてBRZに乗ってきた感想としては、総合的にはかなり満足度は高い、という印象です。

何よりも気に入っているのは、エクステリアデザインですね。


昨年、仕事の関係でスバルのクルマに乗らなくてはいけなくなった際、自分としては、スバルで欲しいクルマと言えば、WRX STI(MTモデル)かBRZ(MTモデル)の2択でした。

WRXのほうが高価ですし、もちろん、それはそれで欲しかったんですが、現在、WRX STI(MTモデル)は新車が選べないこと、それと、長距離通勤になるため、燃費が心配でした。

そして何よりも、BRZを選択した決め手となったのは、自宅からクルマで10分くらいの、よく通る道沿いの、とある企業さんの駐車場に、WRブルーの現行型BRZが停まっており、毎回、その横を通る度に、見惚れてしまっていたことでした(笑)

まだ現行型BRZが発売されて間もない頃から停まっていたこともあり、最初に通りがかった際は「ん?なんだあのカッコいいスポーツカーは? 輸入車か?」と見間違えたほどでした(笑)


初代BRZ(および86)もそれなりにカッコいいと思うのですが、デザインがちょっと若者向け過ぎる感があり、私は断然、現行型のデザインのほうが好みです。

現在新車で買える2ドアクーペモデルの国産車といえば、GRスープラフェアレディZ、そしてこのBRZ(およびGR86)くらいしか思いつかないのですが、この3車で比べても、BRZ(およびGR86)が一番、エクステリアデザインとしてはバランスが取れているというか、違和感無くカッコいいと言えるのではないかと思っています。(値段は他の2車より全然安いですが(^^; )


現在の日本車の中で、一目惚れできるデザインのクルマというのはなかなか無いと思うので、そういう意味でも、日本車でありながら満足できるエクステリアデザインのクルマに乗れる、ということは、飽きずに乗り続けるための非常に重要なファクターだと思いますね。。


それと、この1年乗ってみて、良かったと感じるのは、「意外に燃費が悪くない」ということです。

通勤距離が長いことと、道中が比較的空いている、ということが少なからず好影響しているのは間違いないですが、通勤時の燃費は常時13km/L前後をキープできており、たまに14km/Lを超えることもあります。

2.4リッターNAということを鑑みれば、これは素晴らしい数値ではないでしょうか。(ただし、日本車でありながらハイオクなのが辛いですがw)

当方、通勤距離が長いため、実は、BRZを購入する際に一番心配していたのが、この「燃費」でしたが、今のところ、なんとか許容範囲に収まっている感じです。。



そして、もう一つ、お気に入りの点を挙げるとすると、「乗り心地が良い」ことです。

もちろん、普通のファミリーカー的な乗用車と比べれば、乗り心地が良くないことは明白だと思いますが、それでも、このようなスポーツカー的なモデルとしては、かなり乗り心地は良いと思います。

前述のとおり、当方、毎日片道1時間、往復で2時間の通勤に使用していることもあり、この乗り心地の良さには助かっています。

まぁ、裏を返せば、レース等をやるような方達にとっては、「ヤワ過ぎる」ということになると思うのですが、そういう方は、BRZよりもGR86のほうが向いていると思いますし、そもそもレース等の場合ですと、いずれにせよ足周り等は純正では満足できない方が多いと思うので・・



他方、「ここが気に入らない」という点はほとんど無いのですが、唯一にして最大の不満な点があるとしたら、それは「エンジンフィーリングがフツウ過ぎること」です。

アクティブサウンドコントロールが搭載されているため、3千回転くらいからは、それなりにその気にさせるサウンドが聞こえてきますが、あくまでもそれは”人工サウンド”ですし、同じ人工サウンドでも、以前乗っていたゴルフRの人工サウンドのほうが比較にならないほどイイ音がしてました(まぁ、お値段的にもBRZと比較対象にしてはいけないと思いますが(^^; )。


(動画の3:45からアクティブサウンドコントロールの説明になります)

アクティブサウンドコントロールが効いていない時の「素」のエンジンサウンドは、「え? 水平対向エンジンって、こんなフツウのサウンドだったけ・・・?」と、水平対向エンジンであることを思わず疑ってしまいたくなるほど、BRZのエンジンサウンドは、”フツウ”の音しか聞こえてきません。。

自分はこれまで、マツダのロードスターについても、何度も購入を検討したことがあるのですが、どうしても購入に踏み切れなかった最大の理由がやはり「エンジンサウンド」でした。

排気サウンドは、マフラーを替えればかなり変わりますが、エンジンサウンドだけはどうしようもないですもんね。。

やはり「スポーツカー」のカタチをしたクルマについては、排気サウンドだけでなく「エンジンそのもの」のサウンドについても、一定レベルまでの官能性を追求してほしいです。

とはいえ、日本車だけでなく輸入車全般含め、年々、エンジンの燃費や環境性能を向上と反比例するように、官能性が失われてきているため、よほど高価なモデルでもない限り、エンジンに官能性を求めるのはもう無理ゲー感がありますね・・


それともう一つ、「FRのハンドリング」あるいは「人馬一体感」みたいなものは、このBRZには、あまり期待しないほうがよさそうです。

というのも、例えば「ハンドリング」については、同じFRでも、昔乗っていたBMW 120iのほうが遥かに「おぉ、これぞFR!」と思わせてくれるような素晴らしいハンドリングが味わえた記憶があります。

その点、このBRZに関しては、特に街乗りレベルでは、一瞬、FRであることを忘れるかのような、マイルドなFR感になっている気がします。(そこそこスピードが乗ったコーナリングだと、FR感をかなり感じられます)

そして「人馬一体感」という点でも、ロードスターとは比較になりません。

私は歴代ロードスターには全て試乗でしか運転したことが無いものの、歴代全てのモデルにおいて、街乗りレベルでも素晴らしい人馬一体感を感じることができましたが、BRZに関しては、普通に乗っている限りでは、人馬一体感までは感じることができず、やはり、そこそこスピードを出さないと気持ちよさは感じられない気がします。




ということで、「エンジンの官能性」と「ハンドリング&人馬一体感」という点が今一歩な感のあるBRZですが、それでも、私のように、毎日長距離を通勤で利用するような使い方の場合、BRZは、お値段を考えても、総合的にかなり満足度は高いクルマだと思います。

毎日どんどん走行距離が嵩んでしまうのが辛いですが、、、仕事の関係で当面スバル車しか乗れないこともあり、このBRZ君にはまだまだ頑張ってもらいたいと思っています☆









https://amzn.to/4ermZyn

https://amzn.to/4c3ArqL

https://amzn.to/4c2iDw9




posted by Joy at 19:37| Comment(2) | TrackBack(0) | BRZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月18日

BRZ、1,000km。








BRZ S “10th Anniversary Limited”を納車して、ちょうど1ヶ月が経過しましたが、一昨日、オドメーターも1,000kmに到達しました。

今回のBRZで、自身29台目の愛車となりますが、納車して1ヶ月以内にオドメーターが1,000kmを超えたのは恐らくこのBRZが初めてだと思います(^^;

IMG_4309.JPG



というのも、今回、自身、約30年ぶりに電車ではなく「クルマ通勤」となり、片道35km、往復で約70kmの通勤路となったからです。

よって、計算上、少なくとも通勤だけで1ヶ月に1,400km前後走ることになるので、そのまま行くと、5年で8万キロ超えとなってしまうのは確実な状況です(汗)

けど、今回はそれを承知でBRZに乗り換えたので、、兎にも角にも、事故だけには気をつけながら、日々のロングドライブ(というか、ロング通勤(笑))をBRZで楽しみたいと思います☆

IMG_4325.JPG















posted by Joy at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | BRZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月21日

BRZにクリスタルキーパー施工。






うちの自宅からクルマで10分もかからない場所に「KeePer LABO」があり、以前から利用してみたいとは思っていたものの、毎回、施工料金を見て、二の足を踏んでいたのですが(^^;、、今回BRZが納車されたことで、思い切って利用してみることとしました。

IMG_3971.JPG



で、現在のカーコーティングメニューおよび価格(BRZ=Sサイズ)は、

 ・クリスタルキーパー: 19,500円
 ・フレッシュキーパー: 29,500円
 ・ダイヤモンドキーパー(プレミアム仕様): 55,100円
 ・Wダイヤモンドキーパー(プレミアム仕様): 79,900円
 ・エコダイヤキーパー(プレミアム仕様): 79,900円
 ・EXキーパー(プレミアム仕様): 130,300円

となっており、一番人気は「ダイヤモンドキーパー」のようですので、当方もできることならダイヤモンドキーパーにしたいところでしたが、、やはり値段的にかなり勇気が要る価格ですし(^^;、、実際、どの程度の耐久性があるかも自分自身での経験が無いことから、まずは一番”お手軽”な「クリスタルキーパー(ノーメンテナンスで1年間持続)」をお願いすることとしました。

ちなみに、今回、当方のBRZは、
 ・新車割
 ・WEB割
が適用されたので、施工価格は定価の10%オフとなり、「17,550円」でした。



ということで、クルマを預け、作業開始。

まずは洗車です。

IMG_4004.jpg


で、本当は作業工程を全て拝見したかったんですが、今日は他にも用事があったため、代車をお借りし、このタイミングで一旦、KeePer LABOさんを後にしました。(代車料金は無料ですし、ガソリン代も不要です。良心的ですね)

IMG_3973.JPG
(店内の待合スペースで、作業工程を見ることができます。奥に見えるのが当方のBRZ)





そして約3時間後、「作業完了」のお電話を頂いたので、代車に乗って再びKeePer LABOさんへ出向き、BRZとご対面。

IMG_4005p.jpg


今日は曇り空且つ、屋内での撮影ですが、イイ感じにテカってますね〜☆

一番安価な「クリスタルキーパー」でも、これだけ艶が出てくれるのならば十分ですし、洗車を含めた全体の仕上がりにも大満足です。


で、最後に、今後のメンテナンスについての説明を受け、施工証明書一式を受け取り、全ての工程が終了。
(向こう1年間は、基本、水(もしくはシャンプー)での洗車だけでOKとのこと)

IMG_4007.JPG
(憧れの施工証明書一式(笑))

キーパーコーティング1ヶ月点検の際は、手洗い洗車は無料とのことで、これも嬉しいサービスですね(^^)

また、1年度に再度クリスタルキーパーを施工する際は、施工料が3,000円オフにもなるとのこと。


ちなみに、今回当方のBRZを担当してくれた施工士さんも、非常に丁寧な応対をしてくださる方で、安心してお任せできました。




そして、自宅に着いた頃には少し晴れ間も見えてきたため、あらためてBRZを撮影しました。

IMG_4009p.jpg

やはり天気が良いと、一層輝いて見えますね☆




ということで、人生初の「キーパー」施工となりましたが、当方の場合、青空駐車ということもあり、耐久性がどこまで持つか分かりませんが、少なくとも「イベント」としてのキーパー施工は非常に満足度の高いものとなりました(^^)












posted by Joy at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | BRZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月20日

BRZ納車4日目にして、MT車へのアイサイト搭載が発表(^^;






先週土曜に納車された当方のBRZ S “10th Anniversary Limited”

納車時は12kmだったオドメーターが、本日時点で157kmとなりました。

慣らし運転はできるだけきちんとやるつもりなので、「通常は2,000回転まで、および、踏んでも3,000回転まで」、というマイルールで運転している影響が大きいと思いますが、思いの外、燃費が良く、本日時点のトータルの平均燃費は13km/Lになっております(街乗りオンリー)。

排気量2.4リッターもあるエンジンなのに、素晴らしい。

IMG_3953.JPG
(エンジンは切っているので警告灯が点いてます(^^; )







さて、、以前より、BRZ/86のアプライドC型からMT車にもアイサイトが搭載されるかも、という噂は流れていましたが、本日、スバルが、今秋発売の改良モデル(おそらくアプライドC型)から、MT車にもアイサイトが搭載されることを発表しました。

 <Car Watch: スバル、改良「BRZ」採用のMTアイサイトはAT向けと何が異なるのか? できるところから先進安全技術を投入

 <産経新聞: スバル、マニュアル車に運転支援システム搭載へ

 <web CG: スバルが「BRZ」のMT車に運転支援システム「アイサイト」を初採用 2023年秋に発売



当方のBRZが納車されてから僅か4日目にしてのこのニュースということで、若干、苦笑していますが(^^;、、、自分としてはMT車にアイサイトの必要性はそれほど感じていなかったですし、くわえて、当方、仕事の関係で、来月からスバル車に乗る必要があったので、仮に、今回のBRZ契約前にこのアイサイト搭載発表のニュースが流れていたとしても、おそらくそのまま契約していたと思われます。

が、もちろん、アイサイトが搭載されているに越したことはないと思いますんで、私のように、納車を急ぐ必要のある人以外は、アイサイト搭載モデルの受注が始まるまで、契約は待ったほうがヨサゲですね。


アイサイトがオプション扱いで、まるっと”後付け”できるようになるといいんですがね(^^;






















posted by Joy at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | BRZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月17日

28年ぶりの日本車、SUBARU BRZ S “10th Anniversary Limited” 、納車。







本日、アバルト595コンペに代わる、SUBARU BRZ S “10th Anniversary Limited”が納車されました。

当方のメインカーとしては、SUZUKI エスクード以来、実に28年ぶりとなる日本車です。

 <Joyの愛車遍歴: みんカラ

DSC04192p.jpg

IMG_3891.JPG

DSC04212p.jpg

IMG_3892.jpg
(オドメーター、僅か12km)



今回、仕事の関係で、通勤用の車両として、SUBARU車に乗る必要が生じたのですが、選択肢として、

 パターン1: 595コンペはそのまま保有し、通勤用にSUBARUの中古で安い軽自動車(プレオあたり)を増車
 パターン2: 595コンペを手放し、SUBARUの普通車に乗り換え

という2パターンが考えられました。

当方の595コンペは、ブルーオパコ(マットブルー)という、日本に正規輸入で入ってきたのは僅か30台程度と言われている(既に受注は終了)、非常に貴重なカラーの個体でしたし、走行距離も僅か300kmという新車と言っていいような極上車をわざわざ愛知県から陸送で購入した車両でしたし、購入してからまだ半年余りということもあり、、当然、手放したくないのはやまやまでしたが、、、かといって、我が家は財政状態にヒーヒー良いならも無理して既に”2台持ち”(もう1台は、VW T-Cross)なので、更に増車すると”3台持ち”になってしまい、くわえて、自宅駐車場は2台しか停められないため、駐車場も別に借りる必要が出てきます。。


なので、苦渋の決断ではありましたが、、、前述の「パターン2」、つまり、595コンペを手放し、SUBARUの普通車に乗り換えることとしました。


そうなると、車種をどうするか?ということになりますが、、やはり当方、「MTモデル」という点は死守したい想いがあるものの、現在、SUBARUの普通車でMTが選べるのは「BRZ」のみのため、欲しい車種は、

 ・BRZ
 ・WRX STI(中古限定)

の2車種のいずれかしか無さそうです。


しかも、サイズ的に、WRX STIは、自宅駐車場には大き過ぎるため、必然的に「BRZ」しか無い状況であることが判明しました。
(くわえて、仮に自宅駐車場が広かったとしても、現在、WRX STIの中古は、価格が高騰し過ぎていて、どっちにしろ手が出ない感じです。。)


ちなみに、サイズを比較すると、
 BRZ(ZD8): 全長 4,265 mm x 全幅 1,775 mm x 全高 1,310 mm
 WRX STI(CBA-VAB): 全長 4,595 mm x 全幅 1,795 mm x 全高 1,475 mm
となっており、BRZとWRX STIの「全長」の差が33cmもあります。この点が、自宅駐車場において、ネックとなりました。



そんな訳で、「595コンペを手放すかどうか」ということは相当時間をかけて悩んだものの、、前述の「パターン2」で行くことを決めた後の「車種選び」については、それほど時間はかかりませんでした。



となると、あとは、

 ・新車 or 中古車
 ・グレード
 ・ボディカラー

というようなことを検討することになりますが、自分の場合、ボディカラーは「WRブルー」、グレードは「S」の一択でした。

よって、あとは「新車」か「中古車」か、ということになりますが、まずはSUBARUの新車ディーラーで商談および試乗をしました。

結果、BRZの場合、納車までは、基本2〜3ヶ月はかかると言われ、くわえて、予想はしていましたが595コンペの下取り査定額は鬼ほど安かった(苦笑)ため、、矛先を「中古車」にし、中古車サイトで物色していたところ、昨年販売されてすぐに完売(受注終了)となった、「10th Anniversary Limited」の未走行車(販売時点の走行距離10km!)という貴重な個体が、なんと自宅からクルマで10分もかからない中古車屋さんにあることが判明したため、拝見しに行ったところ、、、現車を見て、そのカッコ良さに一発K.O.されました(^^;


自分が今まで30年近くに渡り輸入車一筋だった最大の要因は「デザイン」だったと思っているのですが、、今回このBRZの「S “10th Anniversary Limited”」の実車を見て、「このデザインなら、違和感無く、日本車に戻ってこれる」と思えました。


しかも、もう新車で買うのは不可能なはずの個体が、奇跡的に自宅至近のお店で販売されており、「これはもう、自分が買うのが運命だろう」と思いました(笑)


よって、ほぼ即決の状態で、この個体の購入を決めた次第です。





ということで、本日より”スバリストJoy”となりました(^^;

これからもよろしくお願いいたします。


DSC04215p.jpg













posted by Joy at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | BRZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする