2009年11月23日

蛇2台体制

今日、自宅から比較的近所を159TIでブラブラ走っていたところ、ガレージに、GT164という2台のアルファが停まっているお宅を発見しました☆

正確には、GTと164に加え、某VW小型車も1台置いてありました。
このVW車は、女性的なボディカラーでしたので、奥さまor娘さん用なのかもしれません(^^;


それにしても、GTと164の組み合わせなんて、なんと羨ましいことでしょう!

世代がかぶっていた、164と155では、当時私は、断然155のほうがカッコいいと思っていたのですが、歳をとるにつれ、164も魅力的に見えるようになってきました。

特に今日、そのお宅に停めてあった164は、GT以上にオーラを放っていました☆


アルファにハマってしまうと、クルマを複数台所有していても、全部アルファにしたくなるんですよね、その気持ちはよく分かります。。。

我が家は財政的に不可能ですが、本音を言えば、私も、アルファ2台体制が理想です。。

ビートは、ドライビングの面白さに関しては、過去最高点をつけていい、本当に素晴らしいクルマであり、壊れるまで手放すつもりはないですが、ただ、ビートに乗っていると、周囲からは、たぶん、カッコいいというよりは、単にオタッキーにしか見られてないと思うんですよね・・(^^;

アルファにも軽自動車があるといいのですが(笑)




そういえば、今日発見した、GTと164が置いてあるお宅よりも、さらに、うちから近い場所に、159(セダン)と156スポーツワゴンが置いてあるお宅もあるのです。

これまた贅沢な組み合わせですね☆

このお宅の方も、きっと、蛇の毒に完全にヤラれてしまった方なのでしょうね(^^;

うちの近所だけで、上記のとおり、2組も、アルファ2台体制をみつけましたから、意外とアルファ2台体制というお宅は多いのかもしれませんね☆



私の場合、仮に147MiToの組み合わせだとしても、新車でアルファ2台など、逆立ちしても無理ですが、中古で、156145あたりの組み合わせなら、なんとかイケそうです(^^;

な〜んて、妄想してみました(^^;



posted by Joy at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

159TI 2,000km

昨日のブログに書いたとおり、本日、159TIのオドが、2,000kmを超えました。
200911221.jpg

9月5日に納車したので、1ヶ月に1,000km弱のペースですね。

この159TIは、あくまでも、「かみさん号」なので、平日は毎日かみさんが運転しているのですが、この1週間、子供が新型インフルにかかった関係で、ほとんど出動の機会がなかったため、本当なら先週前半には2,000kmを超えていたはずでした。



昨日のブログに書いたとおり、昨日で「慣らし運転を終了し」、今日から、エンジンを「回す」予定でしたが、なんだか回すのがもったいなくて、今日は距離にして60kmほど運転したにもかかわらず、結局最後までいつもの「慣らし運転」状態で走ってしまいました(^^;

明日は祝日でお休みのため、明日こそ、回したいと思います(^^;



2,000km経って、あらためてこの159TIには、文句のつけようがないほど満足しております。

スペックはごくごく普通のセダン(しかも2ペダル)でありながら、これほどまでにカッコよくて、これほどまでに運転も面白いのですから、これで文句をつけたら怒られますね(^^;

唯一気になっていたセレスピードについても、常時マニュアル・モードで運転していますが、やはり、クラッチペダルが無いだけで、他の2ペダルでは味わえない、ほぼMTそのものと言っていい走りをしてくれますので、当初思っていた以上に楽しめています。

かみさんも、すっかり、マニュアル操作に慣れた&マニュアル操作のほうが面白いと感じられるようになったようで、たまに、かみさんの運転で、私が助手席に乗ることもあるのですが、彼女も、ほぼ9割以上は、マニュアル操作で運転しています(^^;
(もっとも、かみさんは、ビートも普通に乗りこなせるようになったので、159でもマニュアル操作を好むのは、当たり前と言えば当たり前ですが(^^; )




このソリ黒の159TIを見て思うのは、最近のクルマのデザインの傾向からして、おそらく今後、これほどまでにカッコいい500万円以下のセダンは、もう出てこないのではないかと真剣に思っています。


国産・輸入車問わず、最近のクルマの半数以上は、新しいモデルになればなるほど、デザイン自体は、逆にどんどんカッコ悪くなってきている気がします・・・

本当にカッコいいクルマというのは、必ず「一目惚れする」と思っているのですが、最近は、めっきり、一目惚れすることが無くなりました。
(それとも私の見る目が無いだけのことでしょうか・・(^^; )

特にBMW、VW、ホンダ、日産あたりに、その傾向があると思います。昔のほうが、明らかにカッコよかった、みたいな。。(あくまでもデザインだけでの話ですが)

逆に、どんどんカッコよくなってきている印象があるのは、アウディですかね。


アルファに関しては、MiToそして149と、いわゆる8C顔になり、今後出てくるクルマも、おそらく当面、8C顔になっていくのだと思われます。

あまりにもブレラ顔とはイメージが違うので、受け入れるまでに少し時間がかかりそうですが、とにかく、アルファらしい妖艶なカッコよさみたいな部分を、これからも失わずに、デザインを作っていってほしいですね。



いずれにせよ、この159TIには、デザインも運転感覚も、現在のところ、文句のつけようがないほど惚れ惚れしておりますので、ビートともども、これからも大切に乗っていきたいと思います☆


ということで、明日は、エンジン、回すぞ(笑)

200911231.jpg 200911232.jpg
posted by Joy at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

159TI 初回点検。

今日は、アルファ・ディーラーへ、159TIの初回点検に行って参りました。
200911211.jpg


納車して2ヶ月が経ち、わずかながら気になっていた点があったのですが、特に問題も無さそうですので、安心しました☆


この分だと、明日、オドメーターが2,000kmを超えそうです。

今日の点検で、ちょうどオイル交換もしていただいたので、本日を以って「慣らし運転」を終了し、明日からは、いよいよエンジンを、適度に回していきたいと考えています。




ところで、今日、アルファ・ディーラーさの営業さんから、FIAT500、パンダ、MiTo、159、ブレラ&スパイダー、GT、そしていよいよデビューが近づいてきた149等の最新情報をいろいろお聞きしました。

来年には、FIAT500に待望のMTモデルが、そして、左ハンドル&MTのMiToクアドリフォリオという、2種類のMTモデルが日本にやってくるようなので、かなり楽しみです☆




(↓ショールームに鎮座していたMiTo IMOLA)
200911212.jpg 200911213.jpg
     (DNAスイッチ横にはIMOLAのしるしのプレートが☆↑)
posted by Joy at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

新型襲来。

新型といっても、クルマのことではありません(^^;

我が家にもついに新型インフルエンザが襲来しました。
うちの若旦那(小3)が、感染してしまいました。

ブログにも書いていたとおり、本当ならこの土日は、久しぶりにアルファ・ディーラーにお邪魔する予定だったのですが、若旦那は、金曜の夜から高熱が出たので、行けず終いでした。。


今回は、MiTo IMOLAフェアを観たかったのと、併せて、実は、159TIの初回点検もお願いしていたため、点検は延期となってしまいました。



新型が、自分にも移るのではないかとビクビクしているところです・・・

皆さんも、どうぞお気をつけください☆

posted by Joy at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

アルファロメオ ベストロード展

今日は、会社帰りに六本木に寄って、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIで開催されているアルファロメオ・ベストロード展を観て来ました。

元々の予定では、11月4日までの開催だったらしいですが、好評により延長されているようで、ラッキーでした☆



お目当てはもちろんコレです。
MiTo IMORA Limited edition
200911123.jpg 2009111212.jpg


限定150台だそうです。

スポーティーなデザインのクルマじゃないと、イエローってなかなか似合わないと思いますが、MiToはよく似合ってますね☆
ビートには負けるかもしれませんが(笑)
2009111210.jpg 200911129.jpg

200911129.jpg 200911125.jpg

2009111214.jpg 2009111213.jpg

MiToには三度試乗しましたが、素晴らしくファン・トゥ・ドライブに満ちたクルマでしたので、先般、A4アバント(B7)からの乗り換えの際、正直、自分としては、MiToにしようかな、とも考えたのですが、かみさんから、MT(マニュアル)は絶対No!とダメ出しを喰らったので、候補から外れた経緯があります。。。
(そんな、かみさんも、最近では、159TIだけでなく、近場の買い物とかには、ちゃっかり私のビートを駆って出掛けてるようですが(^^ゞ)




話が脱線しましたが、このMiTo IMORA、いい味出してて、カッコいいと思います☆
2009111220.jpg



会場内のTSUTAYAには、MiTo IMORAとともに、Alfa Romeo Bicycleをはじめ、普段お目にかかれないような、アルファ・グッズも展示販売されていました。
200911126.jpg 2009111211.jpg

でも、皆、いい値段でしたので、何も買わずに、会場を後にしました(^^;
200911128.jpg
(↑この洋書も約1万円也(^^; )



TSUTAYA TOKYO ROPPONGIがある六本木のけやき坂通りは、ご覧のどおり、クリスマスを控え、毎年恒例のライトアップが施され、とても綺麗でした☆

一人で歩くのはちょっと空しかったですが(^^ゞ
200911121.jpg 200911122.jpg

2009111215.jpg2009111217.jpg




ちなみに、この週末は、アルファ・ディーラーでもMiTo IMOLAフェアが開催される模様です。

せっかくですので、久々にお邪魔しようと思ってます☆


以上、アルファロメオ・ベストロード展の巻でした。




2009111218.jpg 2009111219.jpg
(ちなみに、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIのすぐ近くで、ブルーマンもやってます(^^; )
posted by Joy at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

Spaceinvaders

159TI 2.2セレが納車され、2ヶ月が過ぎました。

2ヶ月経って、あらためて、自分としては、世界に存在する車両本体価格500万円以下のセダンの中で、これほどカッコよくて、且つ、ドライビングプレジャーも兼ね備えたセダンは存在しないだろうと感じています。

4枚ドアなので、乗降性においても家族に迷惑をかけずに済むため、ブレラの時のような家族に対する「引け目」も無くなりました(笑)。


今のところ、セレをはじめ、特に緊急を要するようなトラブルもなく順調です。(軽微な気になる点はありますが・・)



ということで、ようやく申し分のない家族用クルマに出会えた、という感じの159TIですが、最近、ちょっと寂しいのは、アルファロメオから、ここ数カ月、DMの類が全く来なくなったことです。

せっかくアルファに戻ってきたのに、届くDMは、BMWやアウディばかり(^^;

アルファ・ディーラーさんに立ち寄るペースも、ブレラの時に比べると、かなり頻度が減ってしまいました。

このところの自動車不況の中で、キャンペーンやDM送付は最小限に抑えるような方針転換をしたのでしょうか。。




ということで、アルファねたがあまり無いので、久しぶりに、アルファロメオの英語サイトを覗いてみたところ、、、

いきなりのサウンドにビックリしました。

トップページに、マルチエアのMiToが、懐かしのスペースインベーダーの大音量サウンドとともに現れました。
20091108.jpg

日本人が作ったインベーダー・ゲームのサウンドを使うとは、なかなか粋なことしてくれますよね(^^;



MiToの本国CMがインベーダーをモチーフにして作られていることは知っていたのですが、アルファのサイトのトップページまで、インベーダーに「浸食」されていたのですね(^^;


このマルチエア搭載のMiToがいつ日本に導入されるのか分かりませんが、その時は是非、このインベーダー・ヴァージョンのテレビCMを、インベーダーの本家、日本でも流してほしいですネ☆



posted by Joy at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

159TI、1000km。

一昨日、159TIのオドが1,000kmを突破しました。
159_1000km.jpg
(↑惜しくも1000kmの瞬間を逃してしまいました^^; )



9月5日に納車しましたから、ちょうど1ヶ月で1,000kmペースになりそうです。

A4アバントのときは、1台体制でしたから、もう少しハイペースで、アセアセ状態でしたが、今はビートがあるので、なんとか助かっています。



さて、約1ヶ月、159TIに乗ってみての感想は、やはり自分にはアルファが合うなぁ、とつくづく思う、ということです。

ブレラそして159TIの2台を実際に所有してみて、そして、147やMiTo等、他のアルファにも何度も試乗して感じるのは、一般的な乗用車の中で、これほど五感を満足させてくれるブランドは、自分にとっては、やはりアルファ以外には無さそうだ、ということです。


自分にとっては、クルマを選ぶうえで、ドライビングプレジャーは、もっとも重要な要素ですが、とはいえ、エクステリア、インテリアのデザインも、ドライビングプレジャーに匹敵するくらい大切な要素だと、アルファに乗る度に、つくづく思います。

今まで、あれだけたくさん、短い期間で乗り換えてきたのに、ことアルファに関しては、乗り換えたいという気に、全くと言っていいほどなりません。

ブレラは2年弱で手放しましたが、自分としては、乗り換える気など全くなく、10年でも乗れるのではないか、と思っていたくらいですが、乗り換えざるを得ないその他の理由が発生し、泣く泣く手放した経緯があります。


そして今回やって来た、この159TIに関しても、かみさん用のクルマなので、セレスピードになってしまった点を除けば、総合的に、ある意味、ブレラ以上に満足しています。

特に、エクステリアとインテリアのデザインについては、文句のつけようが無いほど気に入っています。

ブレラのときもそうでしたが、飽きずに所有できる条件として、「眺めているだけでも惚れ惚れできる」ということは、とても重要なことだと思います。



今のところ、トラブルらしいトラブルもありませんが、強いて挙げれば、やはりセレスピードに関しては、特に車庫入れ時等で、シフトレバーの位置と実際のインジケーターが異なることが、結構な頻度であります(Rの位置なのに、インジケーターはNのまま、とか^^; )
まぁ、これは想定の範囲内ですね^^;

あるアルファ関係者の方が言ってましたが、「この瞬間がアルファロメオ」って感じですね(笑)

セレスピードは、アルファのトラブルの中では、もっともメジャーな箇所なので、とりあえず、走行そのものに影響があるようなトラブルには見舞われないよう、祈るばかりです。



ということで、この159TIは、ブレラの時と同様、何か不可抗力でも無い限り、自分の意思で乗り換えることは、たぶん、無いと思います。

それに、159TIは、何といっても、ボンドカーのアストンを追っかけまわす名誉ある役に抜擢されたクルマなので、それだけでも凄いことですよね。アストンとは比べ物にならないくらいの値段なのに^^;。
(しかも、最後は、当然のことながら、アストンにやられ、クラッシュしますが^^; )

それと、天使と悪魔にも出てますよね。


今まで、最も衝撃的だったのは、自分の買ったプジョー406が、映画そのものの主役を張ったことでしたが^^;、やはり、自分の乗っているクルマが、映画に出てくるのは、とても気分が良いものですネ。

TAXiのときは、まさか、自分の買ったクルマが、後に映画になる(しかも主役!)なんて知らずに406を買ったので、本当にビックリしましたが、今回の、ボンドカーを追いかける役も、それに匹敵するくらい、光栄なことです☆



以上、159TI、1000km突破の巻でした。


posted by Joy at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

本日の試座 「FIAT 500C」

昨日、アルファ・ディーラーにお邪魔したところ、ちょうど昨日から販売開始となった、フィアット500Cが展示してありました☆

200909261.jpg 200909262.jpg



500Cの「C」にはキャンバストップ"Canvas top"、カブリオレ"Cabriolet"、コンバーチブル"Convertible"等の意味が込められているそうです。

特別仕様車の「1.4 16V ラウンジSS」が299万円と、いい値段しますが、1.2 8V ポップですと、239万円なので、手を出しやすいですね。

いざというときに、オープンにできるのは、とても魅力的です。

さすがにトランスミッションは、デュアロジックのみのようですが、これで、マニュアルがあれば、かなりグラっと来たかもしれません^^;


いずれにせよ、この500C、是非試乗してみたいです☆



200909263.jpg 200909267.jpg

200909265.jpg 200909266.jpg

200909264.jpg 200909268.jpg
posted by Joy at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

本日の試乗 「ABARTH 500」

200909201.jpg

遅ればせながら、本日、アバルト500を試乗して参りました。

本当は、アバルトプントの方が好みだったりしますが、まずは看板モデルの500から試乗することにしました。


200909202.jpg 200909203.jpg
(↑試乗車。ボディカラーのRosso Offcinaが目立ちますね!)



まず、エンジンを始動した瞬間のサウンドは、想像していたよりもかなり静かで、もっと迫力があってもいいかな、という感じでした。

そして、最初は、SPORTボタンは押さずに、ノーマル状態で走ってみました。

さすがにこれですと、「めっちゃ速い!」 という感じはないですが、普通にキビキビ走るという印象です。


その後、試乗コースが3分の1ほど過ぎたところで、SPORTボタンを押してみました。

確かに、これは刺激的な速さです。実際の0-100kmの数字はそれほど凄い数字ではないにしても、そんな数字がどうでもよくなるほど、気持ちいい加速です。

同時に、ステアリングも、いい感じに重くなり、ハンドリングも楽しいです。

全般的に、乗り心地が非常に良いのも、特徴的でした。
特に、現在の当方の愛車の159TIに比べると、かなりソフトな乗り味に感じました。

その他の印象としては、シートについては、形状がかなりカッコよくて、レザーの感じもいい雰囲気出していて、やる気をそそられますが、ホールド感が強く、シート自体かなり硬めのため、ロングドライブは、ちょっと疲れると思いました。(その点、アバルトプントは、アルカンターラなので、500よりは疲れないと思います)


ということで、ついに試乗ができたアバルト500ですが、期待どおり、楽しくて刺激的なクルマでした。
こういうクルマに乗っていると、スペックなどどうでもよくなってしまうから良いですネ☆

欲を言えば、個人的に、ビートに慣れてきたので、着座位置の高さがどうしても気になりましたが、その点は、アバルト500やアバルトプントに乗るのなら、受け入れるしかないのでしょう。

それに、何より、存在感がサイコーなので、所有する満足度は非常に高そうです。


それと、冒頭で書いたとおり、個人的には、デザイン的にも、そして、左ハンドルの設定しかないところも含め、アバルトプントのほうが、トータルとして好みだったりするので、次回は、アバルトプントも試乗してみたいです。
(なお、アバルト500の左ハンドルも、来月には入ってくるようですね☆)





最後に、残念でならないのは、取り扱いディーラーの極端な少なさです。
商売上、多数のディーラーに取り扱いさせるのは難しいのはわかりますが、既存のアルファロメオ/フィアットディーラーで、販売されないのは、残念としか言いようがありません。

メンテナンスも、いずれ全国10都市以上に増える予定といっても、現在では、東京、名古屋、大阪、福岡の4店舗のようですから、不便としか言いようがないですね。。

各都道府県に1箇所じゃなくてもいいですから、せめて半分の、全国で20箇所くらいは、アバルトモデルを販売・メンテナンスできるディーラーができてほしいです。


(↓アバルト500)
200909204.jpg 200909205.jpg 
200909206.jpg 200909207.jpg

200909208.jpg 200909209.jpg
2009092010.jpg 2009092011.jpg

2009092020.jpg


(↓以下、アバルトプント)
2009092012.jpg 2009092013.jpg
2009092014.jpg 2009092015.jpg
2009092016.jpg 2009092017.jpg
2009092018.jpg 2009092019.jpg
        (プントはブレンボ履いてます☆↑)





2009092022.jpg 2009092021.jpg









posted by Joy at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

初洗車。

昨日は、159TIを納車以来、初めて洗車しました。


今までのクルマには、普通のワックスを使っていましたが、今回、初めて、ワックスではなく、ディーラーさんオススメの、このコーティング剤を使用してみました。
200909133.jpg




結果は、このとおり、鏡のような仕上がりです☆


200909134.jpg
(↑私の背後にあるビートがくっきりと写っています^^;)


200909135.jpg
(↑上部の木や、お隣さんのお宅がはっきりと)


200909136.jpg


素晴らしい輝きです☆

撥水効果はまだ試してませんが、これも期待できそうです☆




posted by Joy at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

ブレラTI

一昨日、159TI納車のために、アルファ・ディーラーに赴いたところ・・・ショールームに、ブレラTIが鎮座してるじゃあないですか!
200909071.jpg


先週は、無かったんですけど。。^^;

しかも、159TI(展示車)の真横に、これ見よがしに^^;
200909076.jpg



まるで、私が159TIを納車する日に合わせたかのような、このブレラTIのショールーム・デビュー、ちょっと「やられた」って感じでした^^;



ブレラTI、「ワル夫」オーラが出まくりで、超カッコいいですね☆
200909073.jpg 200909072.jpg

200909074.jpg 200909075.jpg

NEC_0482.jpg NEC_0481.jpg
posted by Joy at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

159TI納車。

本日、アルファ159TIを納車しました。
200909052.jpg


現行型A4アバント、非の打ちどころが無いほど完成度の高いクルマでしたが、わずか3か月弱のお付き合いでした・・・


ブレラ等により注入された"蛇の毒"は、既に私の全身に回っていたようで、解毒することはできませんでした。。^^;

やはり私の場合、アルファじゃなきゃダメみたいです^^;

といっても、この159TI、かみさん用のクルマなんですけど^^;
(私のクルマは、ビートです^^; )
200909051.jpg



ということで、かみさん用なので、セレスピードではありますが、こんなに早く、またアルファに戻ってくることができました☆

時代はハイブリッド等、"エコ"一色ですが、この159TI&ビートの組み合わせで、イケるところまでイキたいと思います☆☆







200909053.jpg
↑納車時、外気温計は42.5度をさす暑さでした・・;


200909055.jpg
↑いつもお世話になりっぱなしのアルファディーラーの店長さんと。

200909054.jpg
(↑奥に見える黄色いパンダは、今日まで代車にお借りしていたクルマでした)

200909057.jpg 200909056.jpg

200909059.jpg
posted by Joy at 22:23| Comment(14) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

会社でのひとコマ

先月、同じ部署に転入してきた、25歳の後輩社員(男)と、今日ランチをしながら話していたら、クルマが好きだ、と言うので、「今、何に乗ってるの?」と聞くと、某ホンダ車とのこと。

続けて、「じゃあ、欲しいクルマは?」と聞いたところ、「いつかアルファロメオに乗りたいです」とのこと(^^;

「おぉ、こいつ話わかるじゃん!」と嬉しくなり、その後いろいろとクルマ談義に花を咲かせました。

話しているうちに、私が、S2000のことを話したら、「S2000って知りません」とのこと(^^;

「え、ホンダ車乗ってるのに、S2000、知らないの?」と言いそうになりましたが、我慢しました(^^;


んでもって、S2000知らないのなら、もしかしてと思い、「ビートとかNSXは知ってる?」と聞いたら、やはり、「どちらも知りません」とのこと!!



現在25歳くらいの世代だと、クルマに興味があって将来アルファに乗りたいとか言ってるヤツでも、NSXとかは知らなかったりするんですね。。
結構衝撃を受けました(^^;

というより、自分が相当、歳をとったということですね(^^;



とはいえ、若者のクルマ離れが激しい、というニュースをあちこちで聞きますが、それを肌で実感した気がしました(^^;





もうすぐ不惑の歳を迎えるJoyより
posted by Joy at 23:35| Comment(4) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

ベルトーネ、フィアット傘下へ

事実上の倒産状態にあったベルトーネのフィアットによる買収のニュースが飛び込んできました。

ベルトーネといえば、スカリオーネ、ジウジアーロ、ガンディーニという3人もの巨匠を産んだ名門カロッツェリアですし、最近ですと、アルファGTもベルトーネの手によるものでしたので、その行方が気になっていたのですが、フィアット傘下に入ることになって、一応、一安心というところでしょうか。


個人的には、ピニンファリーナ(プジョー406)とジウジアーロ(ブレラ)に関しては、それぞれ息のかかったクルマを所有できましたが、ベルトーネだけは、まだでしたので、ベルトーネがこのままなくなってしまうのは惜しいと思っておりました。


一度はベルトーネのクルマも手にしてみたいですね☆
posted by Joy at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

Alfa 8C Competizione

昨日は、ブレラを購入したアルファ・ディーラーさんにAlfa 8C Competizioneが遂に初上陸しましたので、見に行って参りました。


この、8C Competizione、「販売もしております」とのことでした。
あれ?、日本割当分って、既に完売じゃなかったっけ?と思ったら、どうもキャンセル発生分の販売だそうです^^;


店長さんから記念に見積書のコピーをいただきましたが、総額、しっかり2,500万円を超えていました(笑)


私にとって、8C Competizioneを間近で見れるのは、恐らく、今回が最初で最後だと思います。


想像どおり、カッコよすぎました☆

8c1.jpg 8c2.jpg

8c3.jpg 8c4.jpg

8c5.jpg 8c6.jpg

8c7.jpg 8c8.jpg

8c9.jpg 8c10.jpg

8c11.jpg 8c12.jpg

8c13.jpg
posted by Joy at 13:10| Comment(2) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

アルファ詣

先日、落雷があった14日、実はその日のちょうど落雷があった時間帯は、私は外出していたのですが、行き先は、今までお世話になりっぱなしだったアルファ・ディーラーでした(^^;


「もしかしたら10年乗れるかも」と公言していたブレラから、突然アウディに乗り換えてしまったため、さすがに、ばつが悪く、アルファ・ディーラーにはもう出入り禁止だな、と思っていたのですが(^^;、店長さんからの温かいお言葉により、今まで同様、お邪魔できることになりました(^^;



ということで、14日は、勇気を振り絞り、A4に乗って、アルファ・ディーラーに押し掛けて参りました(^^;

今回は、自身三度目となるMiToに試乗させていただきました。

やはり何度試乗してもMiToは楽しいですね。

久しぶりにアウディに戻ってからMiToを運転して感じるのは、アウディとアルファは、やはり、同じ「自動車」とは思えないほど、次元の異なるクルマだということです。


「一般公道」を「自分一人で」運転するなら、アルファほど面白いクルマは無いな、と、今回MiToに試乗してみて改めて思いました。

一方、アウディの良さは、「高速道」を走らせてこそ、という感じです。



まさに対極にあるクルマという印象のアルファとアウディですが、アルファに関しては、やはり、「アルファらしさ」をいつまでも失わないでほしいですね。

というのも、一説によると、アルファのMTが日本に入ってくるのは、今回のMiToが最後、という話もあるそうですが、自分の場合、アルファは「MTで乗ってこそナンボ」のクルマだと思いますので。。




いずれにしても、もう当分、アルファ・ディーラーには行けないと思っていたので、このたび、店長さんをはじめスタッフの皆さんが、今まで同様、親身に接してくれたことがとても嬉しかったです。

ということで、これからもディーラーさんのお言葉に甘え、アルファ・ディーラーには時々お邪魔しようと思っています。


いつの日かまたアルファ・オーナーになることを夢見て☆


6141.jpg 6142.jpg
(↑いずれも意味深な写真です(^^; )
posted by Joy at 23:14| Comment(4) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

SAYONARA, Brera☆

突然ですが、本日、ブレラそしてMINI COOPER CLUBMANに別れを告げました。

理由は家族の事情、としか書けませんが、少なくともブレラを手放すことについては、断腸の思いです。


ここ数年、庶民としては尋常ではないペースでクルマを買い換えてきましたが、そんな中、ブレラについては、私にとって、初めて「一生所有したい」と確信できたクルマでした。

その思いは、今も変わりません。

エクステリア・デザイン、インテリア・デザイン、運転の楽しさ、左ハンドル+MTであること・・・等々、私にとって、全ての面で、ほぼ完璧なクルマでした。
以前にも書きましたが、世界の500万円以下のクルマの中で、これほどズバ抜けてカッコいいクルマは、そうそう無いと思います。
ちょうどスーパーカーブームの頃小学生だった自分にとって、ブレラは、まさにスーパーカー的にカッコいいクルマでした。

BMWには3台も乗ったものの、いずれも半年前後で乗り換えてしまっていたのに、このブレラは、もうすぐ2年になりますが、手放したいという気には、最後まで全くなりませんでした。

今回、訳あって泣く泣く手放しますが、環境が許せば、またいつか、中古でいいからブレラを手にしたいです。もちろん、左ハンドル+MTで。


それと、ブレラということで忘れられないのは、ブレラを購入した、アルファ・ディーラーさんには、とにかく、良くしていただいたことも、私がブレラそしてアルファロメオ・ブランドが心から好きになった最大の理由の1つです。

本当に居心地の良いディーラーさんでした。






一方、MINI COOPER CLUBMANも、良いクルマでした。
デザインが良くて、サイズが小さくて、それなのに大人4人がゆったり座れて、クラブドアがめちゃくちゃ便利で、運転が楽しくて(特にハンドリングが素晴らしい)、乗り心地が良くて、おまけに低燃費(リッター18km)で・・・、とここまで書くと、なんだか、ブレラ以上に完璧ですね(^^;


しかし、これまた、手放すことになりました。。


bye1.jpg
(↑ブレラ&MINIとのラストショット)
















そして本日、上記2台に代わり、我が家に新しいクルマがやってきました。

アウディ A4 Avant 1.8TFSI(B8)です。
2台体制から、1台体制に戻ることになりました。
MTともおさらばです。

2006年1月に、B6のA4 Avant 2.0(FF)を降りて以来、約3年半ぶりに、アウディに戻ってきました。
b82.jpg



個人的に、アウディは、従来は、運転の面白さは、アルファやBMWに劣っていると思っていましたが、クルマのデザインのセンスの良さは、自分にとって、アルファロメオと双璧と言っていいほどカッコいい印象があります。

加えて、以前、B6のA4 Avant 2.0を購入したディーラーさんのサービス体制が素晴らしかったので、アウディ・ブランドは、自分にとって、アルファと並んでもっともイメージのよいブランドでした。


今回、オートマ車(2ペダル車)を選ばざるを得ない状況でしたので、オートマ車に乗るならば、アウディ以外に考えられませんでした。

アルファGTという線もありましたが、やはり「アルファに乗るならMTで」、という想いが強いため、最初からアウディ1本に絞っていました。




また、以前B6に乗っていた頃から、「アウディにまた乗る機会があるのなら、次はクワトロで」と思っていました。
A4のクワトロ(新車)は、価格的に難しいため、A3のクワトロにしようか迷いましたが、今回改めて試乗して乗り比べた結果、FFといえどもA4の印象が良かったため、敢えて、前回購入時と同様、A4のFFモデルで行くことを選択しました。


今回のA4は、前回購入したときと、同じディーラーさんで、且つ、同じ営業さんから購入しましたが、本当に素晴らしい対応をしていただき、これ以上無いほど気持ちよく納車させていただくことができました。

アルファ同様、良いディーラーさんに恵まれている私は幸せ者だと思います。



今日は、納車したその足で、早速、距離にして100km以上、家族でドライブをしてきましたが、このA4 Avant 1.8TFSI、ブレラとは違った意味で素晴らしく、このクルマを選んで良かった、というのが初日の印象です。

B6のときに比べ、ドライビングプレジャーが劇的に向上しており、高速道インターチェンジでのカーブでのハンドリングは感動すらしてしまいました☆
B8になってドライビングプレジャー度がかなり向上したことは周知の事実ですが、加えて、今回、スポーツパッケージを選択し、スポーツサスおよびタイヤがポテンザであることも影響していると思われます。

また、クルマ自体の完成度も文句のつけようが無いほど高く、そして、言うまでもなく、デザインもステーションワゴンとしてはぶっちぎりでカッコいいと思えるので、このクルマなら、ブレラとお別れした失恋のショックを忘れさせてくれるに違いないと思いました。

加えて、クワトロへの憧れをも忘れさせてくれるほど、今回のB8には、素晴らしい印象を持ちました。








これで、自身、なんと7台目のステーションワゴンです(^^;

しばらくMTとはお別れですが、これからはアウディ流のドライビングを楽しみたいと思います☆

b81.jpg
(↑アウディ恒例のHandoverでの納車式)




b83.jpg
(↑高崎の有名菓子店にて)







posted by Joy at 23:19| Comment(10) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

白いMiTo.

wmito6.jpg
昨日、アルファ・ディーラーにお邪魔し、ビアンコスピノホワイトのMitoを見て参りました。
自宅をブレラで出発しようとしたところ、外気温計を見たら、34.5
℃・・・
暑過ぎです。。。


さて、このビアンコスピノホワイト。アルファレッドに比べ、高級感が増し、アダルトな印象ですね☆

私のようなアラフォー世代には、アルファレッドよりも似合いそうですね(^^;
wmito1.jpg wmito2.jpg

wmito3.jpg wmito4.jpg

wmito5.jpg






昨日は、ディーラーさんの「せっかくだから、MiTo、もう1回試乗どうですか?」という有難いお言葉がありましたので、喜んで、2度目となる試乗をさせていただきました☆
wmito9.jpg


同じクルマに2回試乗すれば、1回目の試乗時よりも、面白いかどうかで、そのクルマに対する自分なりの評価がある程度固まります。



そして、今回のMiToに関しては・・・




1回目の試乗よりも、さらに楽しいと感じました☆


どこをとっても優秀なVW系のクルマと違い、欠点を探せば、まだまだ出てきそうなこのMiToですが、そんな欠点がどうでもよくなるくらいの、運転して楽しいクルマだと、改めて実感しました。


逆に、こういうテイストのクルマは、ドイツ車にはなく、やはり、アルファロメオやフィアットでなければ作れないだろうと、つくづく感じました。


たった1.4リッターのクルマなのに、ダイナミックモードで走れば、気分は完全に迫力満点のスポーツカーです☆


個人的に、ハンドリングがもう少しクイックになって、ドライビングポジションがもっと低く設定できるようになれば、このクラスの同スペックのクルマの中で、ドライビングプレジャー度合いに関しては、向かうところ敵なしだと思います。(唯一の敵があるとすれば、兄弟車のアバルトでしょう(^^; )



MT設定しかない今のうちに、MiToが買える人が羨ましいです☆


wmito7.jpg
(↑イグニッションをオンにするとMiToが出現!)


wmito8.jpg
(↑兄弟車のグラプンと)
posted by Joy at 21:06| Comment(4) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

本日の試乗 「AlfaRomeo MiTo」

ついに、MiToとご対面する日がやってきました。


今日はあいにくの雨天でしたが、一番手で試乗するために、ディーラーさんの営業開始時刻よりも早い時間に、無理やりお邪魔しました(^^;



はやる気持ちを抑え、ディーラーに到着すると…

ありました、アルファレッドのMiToが!


まず、そのエクステリア・デザインですが、ひいき目抜きでも、写真で見るよりも、実物のほうが確実にカッコいいと思いました。
mito1.jpg mito2.jpg

mito3.jpg mito4.jpg

mito5.jpg mitotest.jpg

正直言って、MiToに関して、最も危惧していたのが、エクステリア・デザインを受け入れられるか、ということだったのですが、今日実車を見て、「これなら欲しい!」と思えました。





そして、お次は、インテリア・デザインですが、内装については、今まで見た写真から、非常に好印象を受けていましたが、想像どおり、とても良かったです。
mitocenter3.jpg

mitoST.jpg

嬉しい誤算だったのは、MiToの場合、いくら内装が良いといっても、レザーシートは必須かな(裏を返せば、ファブリックシートは大したことないかな)と予想していたのですが、今日、試乗車のファブリックシートを実際に見たところ、かなりカッコよく、これなら無理してレザーシートにしなくてもいいな、と思いました。
mitoseat1.jpg

それと、アルミペダルが標準でついてきますが、このアルミペダルも超カッコいいです☆
mitopeda.jpg

強いて言うなら、マニュアルエアコンが、ちょっと素っ気ないかな、ということと、シフトノブのデザインが若干チープ?とも思いましたが、あくまでも「強いて言うなら」レベルの話です。。。
mitocenter.jpg mitoMT.jpg




そしていよいよ、エンジンを始動し、試乗です。

アイドリングサウンドは、それほど迫力はないですが、かといって、普通の1.4リッタークラスのクルマに比べると、重低音が効いたサウンドです。


このMiToの試乗で、最も興味深かったのが、アルファDNAシステムでしたが、まずは「N」、つまり「ノーマル」でスタートさせました。
mitoDNA.jpg mitoN.jpg



エンジン+排気サウンドは、先般、かみさん用のクルマとして購入寸前までいった、147 1.6TSを少し大人しくした感じで、さすがにツインスパークと同等とは言えないまでも、1.4クラスとしては世界トップクラスの迫力と言っていいサウンドを聞かせてくれました☆


加速に関しても、十分速いです。

乗り心地も、角の取れた、且つ、ソフト過ぎない、気持ちのいい乗り心地でした。




「N」モードで、ある程度走行した後、DNAスイッチを今度は「D」(ダイナミック)にしてみました。
mitoD.jpg


すると・・・


凄いです☆
豹変しました。

「D」モードにすると、エンジン出力特性が変更になり、よりクイックなアクセルレスポンスが楽しめる、とのことですが、まさにその通りであり、気持ちよいエンジンの回転とともに、まるで背中を押されたような加速感を楽しめます。

しかも、この「D」モードは、エンジン出力特性変更だけでなく、VDCとASR作動が控えめになり、ステアリング特性もスポ−ティになるなど、クルマ全体的に、スポーティなセッティングが施されています。

積極的なドライビングを楽しみたいときには、一度「D」モードにすると、なかなか「N」モードに戻せなくなってしまうと思いました(^^;
それほど楽しいです、「D」モードは☆

私はまだ、プントアバルトも500アバルトも乗っていませんが、MiToには、恐らく、これらアバルトに匹敵する面白さがあるのではないかと思っています。




そして、DNAモードの残されたもう1つのモードは「A」つまり「オールウェザー」です。
名前のとおり、このモードは積極的なVDCの介入等により、悪路で威力を発揮します。
今回はこの威力を試すことはできませんでしたが、大雨の日や、冬の積雪時等は、重宝することでしょう。
mitoA.jpg



ということで、このアルファDNAシステム、非常に気に入りました。

NとDの差が歴然としていて分かりやすく、楽しみたいときにはDで、逆に、ちょっと疲れていたり、余裕を持った運転をしたいときにはNで、という、オンとオフを明確に分けて運転できるのは、1台で2台分の楽しみが持てて、とても良いと思います。

また、3つめのモードを、某ドイツ車のように「コンフォート」とするのではなく、「オールウェザー」としたところも、非常に好感を持ってます。

特に冬場などは、このオールウェザーモードにすることで、ある程度安心して運転ができるのではないでしょうか。





さて、その他、このMiToのドライビング全般に関して、ハンドリングについては、正直、ちょっと軽い、という印象です。

もう少し重めのほうが、よりスポーティになると思いました。

とはいえ、車重も1.2トンほどですので、十分気持ちのいいハンドリングが楽しめます。



それと、今回、日本に導入されるMiToは、まずはMT仕様のみの設定ですが、このMiToのMTは、非常に扱いやすく、初めて運転しても、何の違和感もなく操作できました。






ということで、ついに試乗することができたMiTo。

一言で感想を言うなら、「ヤラれた」でしょうか。。。

このヤラれた、とは、つまりK.O.されましたという意味です(^^;



もし、先般、MINIクラブマンを購入する際、このMiToを試乗することができたなら、例え、かみさんがMINIのほうが欲しいと言ったとしても、かみさんを説得してMiToを選ばせていた可能性が高いです(^^;

価格もCOOPERクラブマンとほとんど同じですし。





う〜ん、困りました。
MiTo、欲しいです(笑)


mitobrera.jpg
(↑私のブレラと2ショット)



mitocata.jpg














posted by Joy at 22:46| Comment(6) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

Front right hand side power window safety not available

かみさん用のクラブマンが納車されて以降、私自身もどうしてもブレラよりもクラブマンについつい乗ってしまうことが多かったのですが、そんな私を見て、ブレラがスネてしまったのか、先週、「Front right hand side power window safety not available」という警告が出て、パワーウィンドウが自動的に閉まらなくなってしまいました(T_T)
200904062222000.jpg



かなり以前にも、同じ警告が出たものの、エンジンをかけ直したら直ったのですが、今回は、何度かけ直しても、ダメでした。。。



てなことで、一昨日、アルファ・ディーラーに行って、診ていただいたところ、スィッチの交換を施し、無事直りました。




ブレラ君、クラブマンに嫉妬しちゃったかな・・・(^^;


posted by Joy at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

FIAT 500 by DIESEL

遅ればせながら、フィアット500byディーゼルの実車を見て参りました。

dies1.jpg dies2.jpg

dies3.jpg dies4.jpg

dies5.jpg





期待どおりのカッコ良さですね!

ノーマルのFIAT500については、自分で乗るにはちょっと可愛過ぎる印象ですが、この500byディーゼルなら、喜んで乗りたいと実車を見て、改めて思いました。

前回のブログ
にも書いたとおり、この500byディーゼルにMTモデルがあったら、クラブマン購入時の最大の最大のライバルになっていたと思いますが、その思いに間違いはありませんでした(^^;

というか、既にクラブマンを購入しているので、MTモデルが無いことに、ホっとしましました(^^;



posted by Joy at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

近づいてきました☆

こんなものが届きました。
mito1.jpg



いよいよ近づいてきましたね、MiToが☆










posted by Joy at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

クラブマン納車に伴うブレラの印象について

現実的な価格のクルマ中で(それでも、2台目のクルマとしては超高価ですが・・・)、かみさんが最も欲しがったクルマということで、今回、MINI COOPER CLUBMANを購入しましたが、我が家のガレージにクラブマンが停まるようになって、隣に停まっているブレラの見え方に少し変化が生じました。

それは、元々めちゃくちゃカッコいいと思っていたブレラですが、今まで以上に「カッコ良過ぎる!!!」と思えるようになったことです(「勝手に言ってろ」って感じですね(笑))。


前車のコペンも、MINIに通じる「カワイさ」を持ったデザインでしたが、さすがにその低く構えた、且つ2シーターであることの、スポーツカー的なデザインにより、「カワイイ」だけでなく、十分「カッコイイ」と思えるデザインでした。

よって、ブレラとコペンが並んでいると、「ブレラもカッコイイし、コペンもカッコイイ」という印象でした。
321bc.jpg





一方、コペンから乗り換えたクラブマンに関しては、お世辞にも、「カッコイイ」とか「スポーティ」という印象ではなく、「ダサさとカワイさが同居」した感じで、でもトータルとしては、ダサいというよりは、「お洒落」に見える、そんな感じがします。

一言で言えば、納車時のブログにも書いたとおり、「ダサかわいい」という表現なのですが、この表現は、自分自身で思いついた言葉でした。


しかしながら、奇遇にも、クラブマンに関するネットの記事を読んでいたところ、この記事で、女性自動車評論家が、クラブマンのことを「ダサカワっぽく感じられて・・・」と、全く同じ表現を使っているのを見つけました!

この女性評論家は、元レースクィーンで、愛車はFIATバルケッタとのことですから、かなりお洒落な方だと思いますが、そういう方と、同じ感覚なのは、私としては、非常に嬉しいです。逆に、その方からすれば、「私のようなオヤジと一緒にするな」と、迷惑かもしれませんが(笑)。



いずれにせよ、クラブマンのデザインについては、まさにこの「ダサかわいい」という表現に集約されると思うのです。


そんなクラブマンと並んでいるブレラを見ると、今までのコペンのときよりも、さらに、ブレラが異常にカッコよく見えます(笑)。



やはり、自分にとっては、ブレラは、まさに「好み中の好み」のデザインなんだなぁ、と今回、クラブマンと比較して、実感しています。

というのも、今回かみさんの希望でクラブマンにしましたが、実は、僕にとっても、MINIは、現実的な価格のクルマとしては、以前から、いつか乗ってみたい(所有したい)と思っていた最後のクルマ、と言っても過言ではない、憧れのクルマでした。


今回、クラブマンを所有してみて、確かに、素晴らしいクルマだということを実感していますが、デザイン的には、やはり、カワイさ、みたいなものが強くって、どちらかというと男性よりも女性のほうが似合うかな、という印象が拭えません。

自分にとっては、断然、ブレラのデザインが好みです。



ということで、今回、クラブマンに乗り換えてみて、ますます、ブレラのデザインが、好きになりました☆


最近、クラブマンばかり乗ってるけど、僕が一番好きなのは、ブレラよ、おまえだからね。スネないでね(笑)
321b1.jpg 321b2.jpg



club34.jpg
posted by Joy at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

これにMTモデルがあったら・・

フィアット500byディーゼルが、いよいよ来週の今日つまり21日から発売開始となりますね☆

それに合わせ、フィアット・カフェで、発売記念キャンペーンを実施しているそうです。
img6_20090313_15452121_1_l.jpg


仕事帰りに行こうと思えば比較的すぐに行ける距離にありながら、恥ずかしながら、未だに、フィアット・カフェ、行けてません(^^;



さて、このフィアット500byディーゼル、写真を見る限り、個人的にかなり気に入っています。

ノーマルのフィアット500は自分が乗るには、ちょっとカワイ過ぎるかな、という気もしますが、このフィアット500byディーゼルなら、むしろ、進んで乗ってみたいと思います。


MTモデルが日本には導入されないのが残念です。

もし、このフィアット500byディーゼルにMTモデルがあれば、今回、MINI COOPER CLUBMAN購入の際の、最大のライバルになっていた可能性が高いです。。

しかも、奇遇なことに、MINI COOPER CLUBMAN(MT)と、フィアット500byディーゼルの価格は、全く同じである274万円なのです!

MINI COOPER CLUBMANでATを選ぶと、MINI COOPER CLUBMANの方が高くなりますが、それでも、ほぼ同一価格のクルマと言っていいでしょう。

MTモデルが導入されていれば、かなり悩んだと思います。。





いずれにせよ、是非実車を見てみたいです、フィアット500byディーゼル

posted by Joy at 22:15| Comment(4) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

MiTo GTA キター!

かねてから噂のあった、MiTo GTAがついに初公開されましたね☆
imgres120858_3_r.jpg


搭載されるエンジンは、1742cc直4ターボで240psを発生!

現行トップグレードの1.4リットル直4ターボ(155ps)ですら、相当刺激的な走りをするようですから、このMiTo GTA、恐ろしいほど刺激的であることは間違いなさそうですね☆


今夏に欧州市場へ投入される見込みとのことですから、来年には日本にもやってくるのでしょうか。

楽しみですね☆




posted by Joy at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

Alfa GT Sportiva U アイスホワイト☆

今日、アルファ・ディーラーにお邪魔したところ、なんと、Alfa GT Sportiva Uアイスホワイトの実車が展示してありました☆


このアイスホワイトは、カタログには載っていない、特別色です。

この、Sportiva Uとアイスホワイトの組み合わせ、かなりカッコイいいですね!


日本導入台数はかなり少ないでしょうから、街で遭遇する確率も極めて少ない、貴重なクルマだと思います。

マニュアル仕様が無くて、ホっとしました(欲しくなるから(^^; )

gtww1.jpg gtww2.jpg

gt ww3.jpg gtww4.jpg

gtww5.jpg gtww6.jpg
posted by Joy at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

FIAT500オープン・バージョン☆

来月のジュネーブショーで、フィアット500のオープン・バージョンがお目見えするようですね☆

ルーフは電動開閉式で、オープンの状態でも、大人4人が乗れ、荷物も格納できるようです。
img4_20090216_19111323_2_l.jpg


この春には欧州で販売開始、とのことですから、日本への導入が待たれますね☆

posted by Joy at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

伝説のアバルト、華麗なる復活。

明日2月14日オープンとなるアバルト東京から、初のDMが届きました。
abat.jpg



バレンタインデーにオープンというのも、なかなか洒落てますね。


いよいよアバルトが始動しますね。

とはいえ、アバルトが買えるのは、東京、名古屋、大阪、福岡の、全国でたったの4ヶ所だけ・・・

サービスについては、上記4店舗に加えて、全国10都市以上に順次開設とのことですが、買えるのが全国で4ヶ所だけっていうのは、あまりにも寂しいですね。。。

商売として成り立たなければどうしようもないですが、展示車が無くてもいいから、全国の既存のフィアット・ディーラーで購入できるようにしてほしかったと思っているアバルトファンは、きっと少なくないと思います。




いずれにせよ、アバルトの復活、楽しみであることには変わりありません☆

posted by Joy at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

本日の試乗 「Alfa 147 1.6 TWIN SPARK」(3回目)

昨年の2月、アルファ147 1.6TSを、たっぷりと試乗する機会に恵まれたのですが、それからちょうど1年後となる一昨日、再度、この147 1.6TSに試乗することができました。


ほとんどのケースにおいて、同じクルマを複数回試乗すると、初めて試乗したときに比べ、さすがに興奮も薄れてしまいます。

この147 1.6TSは、今回で3回目の試乗となります。

ただ、初回の試乗は、あまりにも短い試乗でしたので、インプレ云々以前の問題でした。

2度目の試乗となる昨年2月の試乗は、思う存分に走ることができ、ブログにも書かせていただいたとおり、まさに「サイコー!」の走りを味わうことができました。


そして、今回3回目の試乗となったわけですが、今回も、心置きなく、たっぷりと試乗することができました☆

その感想は・・・









K.O.されました☆


自身の試乗記で、「K.O.されました」と書くのは久々の感があります。

とにかく、表現が大袈裟かもしれませんが、「恐ろしいほど楽しい!」という印象を受けました、この147 1.6TS☆


当初、現在のブレラを購入する際、自分が最も信頼しているアルファ関係者の方が、私に最初に勧めてくれたクルマが、まさにこの147 1.6TSだったのですが、改めて、今回、その意味が分かった気がします。


オーナーの方には大変申し訳ないのですが、今回147 1.6TSに試乗する前日に試乗した、約700万円もするドイツ車の某クーペとは、比較にならないほど、この147 1.6TSは、ドライビングが面白かったです。

もちろん、あくまでも、個人的な感覚なので、逆に感じられる人だって、たくさんおられるとは思いますが、自分としては、某クーペの約三分の一の値段で買えてしまう、147 1.6TSは、逆に、某クーペの3倍どころか、10倍以上楽しい!という印象でした。



クルマはスペックでは無い、という、まさに典型的な例だと思います、この147 1.6TS。

このクルマに乗ると、大排気量エンジンを積んだクルマが、滑稽に見えてきます。

わずか1.6リッターのエンジンを積んだ、ノーマルの乗用車で、ここまで楽しいクルマは、恐らく、世界中探しても、まず無いのではないかと思います☆

147 1.6TSは、世界で一番運転が楽しいハッチバックではないかと思いました☆




ということで、改めて、アルファの楽しさを再確認できました。

147のテンロク、欲しいです。。。(^^;

16tssfront.jpg 16tssrear.jpg


16tsslogo.jpg 16tsskey.jpg
posted by Joy at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

500 by DIESEL(その3)

自身のブログでも日本導入を待ち望んでいたFIAT500 by DIESELが、ついに実現しますね☆


発売開始日は3月21日。
台数は150台限定、価格は274万円とのこと。

なかなかイイお値段しますね(^^;

1.4リッターモデルがベースです。



惜しむらくは、案の定トランスミッションが、デュアロジックのみ、ということです。

公開画像のシフトレバーはどう見てもMT仕様と思われますが、これ、めちゃくちゃカッコいいですネ☆
惜しいです。
img4_d_l.jpg



ちなみに、この500 by DIESEL、専用サイトを開設して購入予約を受け付けるそうです。



前述のとおり、マニュアル設定が無いのが個人的には惜しいところですが、かなりソソられるクルマです、500 by DIESEL☆

posted by Joy at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

フィアット & クライスラー

大きなニュースが飛び込んできました。

フィアットがクライスラー株の35%を取得とのことです。


昨今の自動車メーカーの提携は、本当に難しいですが、この提携が、両者に吉と出るといいですネ☆
posted by Joy at 00:14| Comment(0) | TrackBack(1) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

8C Competizione

憧れの8Cコンペティツィオーネのカタログが、私の手元に☆

8c1.jpg 8c2.jpg

8c3.jpg 8c4.jpg

8c5.jpg 8c6.jpg

8c7.jpg 8c8.jpg



このカタログ、本来、オーナーさんしか持ってないはずなんですが、なぜ私のところに??(^^;












8Cサイト



posted by Joy at 17:04| Comment(4) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

サソリと対面☆

本日は、期せずして招待券が手に入ったので、急遽、東京オートサロンへ行って参りました。

目的はただ1つ。コンパニオンさんではありません(笑)
日本初公開となるABARTH(アバルト)です☆






ということで、会場の幕張メッセに到着し、目指すはアバルト・ブースのみ。

インポートオートサロン会場の一番奥のほうに、アバルト・ブースがありました!


ついに2台のアバルト、つまり、アバルト・グランデプントアバルト500と、初対面です☆
(当初は、「アバルト」の文字は、車名のラストに来ると思っていたら、逆になった(冒頭に来る)みたいですね)





いやぁ〜、どちらもマジでカッコいいです!!

巷ではアバルト500の方が人気があると思いますが、私は、アバルト・グランデプントの方が、男っぽくて特に気に入りました☆


どちらのアバルトも、試乗すれば、間違いなくK.O.されるでしょうね(^^;



今日は、見るだけでしたが、2台とも、デザインだけでも、十分購入する価値がある、そんなクルマに見えました☆




以下、本日撮影した写真です(携帯なので画像がよくないですが・・)

as01.jpg as1.jpg
(↑幕張メッセ駐車場)

pua1.jpg pua2.jpg

pua3.jpg pua4.jpg

puaengine.jpg puaseat.jpg

puaprice.jpg
 

500a1.jpg 500a2.jpg

500a3.jpg

500acok.jpg 500aw.jpg

500aspec.jpg
posted by Joy at 22:06| Comment(2) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

FIATグッズ特設売場 〜昨年ネタ〜

昨年暮れは、非常にバタバタしており、ブログにアップしようと思っていても、できず終いに終わったネタがいくつかありました。

その1つが、表題のとおり、FIATグッズ特設売場についてです。

昨年末、池袋の西武百貨店本店5階紳士服売場の一角に、期間限定のFIATグッズ特設売場が設営されていました。

私は、ちょうどクリスマスイブの日に、会社帰りに寄ってみました。
20081224fiat.JPG



パーカーなどいくつか欲しいものがありましたが、私には高価過ぎて、手が出ず、結局何も買わずに帰りました(^^;



しかしながら、今回のように、期間限定とはいえ、百貨店の紳士服売場の中に、FIATの特設コーナーができるのは、FIATのイメージアップのためにも、なかなかイイ試みだと思いました☆


ちなみに、FIATグッズにはお洒落なものが多いので、もっともっといろんなグッズが増えるといいと思います☆


posted by Joy at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

Auguri per un felice anno nuovo ☆

新年、明けましておめでとうございます。

埼玉北部の今日は、風が強く寒かったですが、きれいに晴れ、気持ちの良い元日を迎えることができました。



昨夜の大晦日は、ブログをアップし、その後、ガキ使をメインに、時々、紅白や格闘技を見ながら、TV三昧して、まったりと過ごしました。

ガキ使の大晦日スペシャルは、必ず見ておりますが、さすがに一昨年や去年ほど笑っていないような気もしますが、それでもやっぱり面白いです(^^;


それと昨夜は、ミスチルが賛否両論の中、紅白に初出演ということで、登場シーンは、生で観ました。

昨日のミスチルは、会場から何から何まで特別扱いであり、それについても賛否両論でしたが、それでも、コーラスのシーンも含め、GIFTには、ヤラれてしまい、柄にもなく感動してしまいました(^^;

小林武史をはじめミスチルを背後で動かす人達の才能も凄いんだと思いますが、ミスチルはやっぱり別格ですねぇ♪







さて、元旦の今日は、ブレラの「運転初め」を行いました。

今年最初のMyブレラに対するインプレッションは、手前味噌ではありますが、やはり「最高☆」の一言でした。

今年は、もう少しヒール・アンド・トウが上手くなりたいです(^^;
(まぁ、公道を走る分には、ヒール・アンド・トウなど不要なんですが(^^; )
20090101bre.jpg
(↑今朝のブレラ)




そして、今日、外出先から帰ってポストを見ると、アルファからの賀状が届いておりました(^^)

何気に、年間カレンダーになっているので、会社のデスクにでも飾りたいと思います☆
agajo1.jpg

また、何気に、アルファ独自の「お年玉付き年賀状」になっていました(^^;
agajo2.jpg
(↑宛名面の下部にお年玉キャンペーンの数字が印字されてました☆)






今年は、待望のアバルト、そしてMiToが上陸しますね。
楽しみです☆




ということで、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様にとっても2009年が良い年になりますよう☆






追伸:今日のブログのタイトルは、イタリア語で「謹賀新年」的な言葉のようです。イタリア本国のFIATサイトのトップページに載っていたので、イタリア語辞書で調べてみました(^^;
(当方、イタリア語の「イ」の字も分かりません(^^; )
posted by Joy at 20:45| Comment(6) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

フィアット生産停止(゚_゚i)

今朝のニュースで、フィアットが、世界的な金融危機のあおりを受けて今週から1カ月間、すべての工場の生産をストップする、とのショッキングな報道がなされてました。

ここ最近、連日、世界の自動車メーカーのマイナス的なニュースばかり流れていましたが、ついに我らがフィアットまで、という感じですね。。。


街中でブレラをほとんど見かけないのは個人的には嬉しいんですが、クーペやオープンモデルはともかくも、フィアットグループの他の車種には、もっともっと売れてもらいたいですね☆





posted by Joy at 23:01| Comment(6) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

Brera 1年点検☆

昨年ブレラが納車されてから、既に1年3ヶ月が経過しましたが、登録月の関係で、1年点検がこのタイミングになりました。

昨日ディーラーさんにブレラを預け、代車として貸していただいたクルマは、159 3.2JTS Q4でした。
しかも、嬉しいことに、左ハンドル+MTです☆
159d1.jpg 159d2.jpg


以前、同じ3.2JTSを積んだ現行スパイダー(AT)に試乗した際は、かなりまったりとした走りに感じられたのですが、今回お借りした159 3.2JTS Q4は、正直、かなりドライビングプレジャーに満ちた走りを見せてくれました。

その要因は、MTだったことによるところが一番だとは思いますが、あとは、かつてのアルファV6より大人しくなったとはいえ、やはりV6サウンドは気持ちイイですね。

ハンドリングも思ったほど悪くなく、乗り心地も、ブレラほど硬くないので、トータルとして、心地よさと運転の面白さが非常に高い次元で融合した、魅力的なクルマでした。




さて、肝心のブレラの点検結果については、しっかりと点検していただきましたが、おかげさまで異常らしい異常もなく、今の所、安心して走れる状態でした☆



代車の159 3.2JTS Q4が、想像以上に面白いクルマだったため、自分のブレラに乗り換えてどう感じるか、少し心配でしたが、3.2リッターと違い、私のブレラは2.2リッターなので、ボディの圧倒的軽さを実感し、ハンドリングやクルマの挙動全体が、より気持ち良く感じることができたので、ホっとしました(^^;



ということで、1年点検を終え、ブレラに対し、ますます愛着を感じている今日この頃です(^^;


posted by Joy at 22:39| Comment(6) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

ようやくオープン(^^;

フィアットカフェがようやくオープンするようです。
img6_20081128_13083452_1_l.jpg

確か、記憶では、今年の春にはオープンする予定のはずでしたが、その後、パッタリと情報が無くなり、もうこの話はおじゃんになったのかと思っていました(^^;

12月12日と、オープンの日程も明示されてますから、今度こそ大丈夫でしょう(笑)。


とりあえず、なるべく早めに行ってみたいと思います☆

posted by Joy at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

二玄車サイトのトップページ。

三連休最終日となる今日の埼玉県北西部は、あいにくの天気のため、少し外出した程度で、ほとんど家の中にこもっていました。


ところで、今日、偶然見つけたのですが、CGでおなじみの二玄社サイトのトップページに、なにげにブレラが載っていますね☆


来春にはいよいよMiToが日本にも導入されるでしょうから、「ブレラ顔」に替わり、これからは「8C顔」がアルファの顔となっていくということで、もう先が見えていますが、それでも、こうやって、天下の二玄社のトップページをブレラが飾るというのは、ブレラ乗りとしては、非常に光栄なことです。



ということで、三連休も終わり、いよいよ師走が近づいてきました。

来月は、ブレラの点検月です。

コペンのタイヤ交換もしなくてはいけないし、何かと出費が重なりそうです(; ̄ー ̄A
posted by Joy at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

ホワイトエディション<その2>☆

先日、アルファのホワイトエディションのことを書きましたが、早速、本日、その実車を見て参りました。
w0.jpg w1.jpg


最も印象的だったのは、GTですね。
wgt.jpg wgt2.jpg

wgt3.jpg

日本に2004年から導入されたGTですが、白いGTの実車を見るのはこれが初めて。
かなり新鮮でした。

この白いGTが、新車で買えるGTとしては、ラストモデルということですから、いろんな意味で、貴重なクルマですね。




そして、白い159も、なかなかのインパクトでした。
tiですから、余計カッコいいですネ。
w159ti.jpg w159ti2.jpg



白いブレラは、本日お邪魔したディーラーの他の系列店に展示してあるらしいですが、いずれにせよ、「白いアルファロメオ」は、かなりインパクトがありますネ☆


ちなみに、数あるホワイトエディションの中から、自分だったら、GTを選ぶと思います(^^;



posted by Joy at 21:24| Comment(4) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

ホワイトエディション☆

発表されましたね、アルファのホワイトエディションが☆

以前から噂では聞いておりましたが、147、GT、スパイダー、ブレラの4車種にそれぞれ設定されるようです。


中でも目玉はGTでしょうか。
img6_20081118_11490281_2_l.jpg

既にGTは、いったん販売終了しており、今回が、正真正銘、GTを新車で購入するラストチャンスということになるのでしょう。

しかもホワイト、ということで、かなり貴重ですね。



ちなみに、ブレラのホワイトエディションは、街中で、相当目立ちそうですね(^^;


posted by Joy at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

Brera 5,000km

ここのところバタバタでブログ更新ができませんでしたが、先週末、ブレラのオドが、ようやく5,000kmを超えました。
5,000km突破に、1年以上を要しました。
bre5000.jpg


かみさんのコペンが、1年半で17,000km以上走っていることを考えると、かなりゆっくりなペースです(17,000kmのうち、3,000〜4,000kmくらいは、私が運転していると思いますが(^^; )。

ですので、ブレラのドライビングは実はそれほど面白くないのでは?と誤解されるかもしれませんが、答えは全く逆で、BMWの頃は、約半年毎に3台も乗り換えたのに、ブレラの場合は、納車から1年以上が経った今も、正直、10年乗ってもいいかなと思えるほど、ドライビングもスタイリングも気に入っています。

ということで、大事に大事に乗っているので、どうしても距離が伸びません(^^;


とはいえ、感覚的には、「え、まだ5,000kmしか乗ってなかったの?」という心境です。

つまり、5,000kmよりもはるかにたくさんの距離を走った感じがしてます。

これって、やはり、走りの満足度が高い証拠かもしれませんネ。



来年になると、500アバルトMiToといった、非常に魅力的なクルマが日本に入ってきますが、それらのクルマと対峙したとき、自分のブレラと比較し、自分がどういう気持ちになるのかが楽しみです(まぁ、カテゴリがブレラとは全然異なるクルマですから、本来は比較対象にはならないクルマですが(^^; )。


いずれにせよ、これから、まだまだブレラには頑張ってもらいたいと思います☆










posted by Joy at 20:09| Comment(4) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

三連休はブレラもお休み。

昨日のブログのとおり、この三連休は、八戸に帰省していたため、ブレラには一度も乗れませんでした。


今度の週末は、たっぷりと運転したいと思います☆

posted by Joy at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

アルファ159 TI

11月1日から、アルファ159 とアルファ159スポーツワゴンの3.2リッターモデルの「TI」が発売されますね。

もともと159(セダン)3.2リッターには、TIがありましたけど既に完売しており、今回、スポーツワゴンとともに、新たにTIが設定されました。


やっぱりTIは、黒がカッコいいですね〜☆
imgres115134_1_r.jpg


セダンは従来のTIより10kg軽量化されたようです。

スポーツワゴンには、元々TIは無かったですが、標準モデルのアルファ159スポーツワゴン 3.2 JTS Q-4 Q-トロニックより30kg軽量化されたようですから、この差は大きいですね。


MTモデルがあれば、嫉妬するところですが、設定が無いので、とりあえずホっとしています
(^^;

posted by Joy at 22:56| Comment(0) | TrackBack(1) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

インポートカーセンサーでのブレラ評。

カーセンサーには、元々「EDGE」という輸入車バージョンの雑誌があり、時々私も買っていますが、今年の7月から、「インポートカーセンサー」なる、これまた輸入車バージョンの雑誌が発売されています。


その「インポートカーセンサー」の今月号のメイン特集に「年収偽装計画」という、なかなか面白い記事があったので、初めて、購入しました。
imp1.jpg

購入した理由はもう1つあり、この雑誌に連載されている「金子達仁『時速60キロのドライビングプレジャー』」という記事が、今回は「ブレラ」特集だったからです。
1mp2.jpg


「時速60キロのドライビングプレジャー」というタイトル自体は、普段から「腕に見合ったクルマに乗る」や「法定速度内でいかに楽しめるか」と思っている、私の持論にもピッタリなので、興味を持って読んだのですが、今回のブレラ特集、一言でその内容を表しますと、

 「ブレラはデザインだけのクルマ。ドライビングプレジャーは
  ほとんど無い。」

だと、理解しました(^^;


先日、ブログで書いたとおり、先月号のCAR MAGAZINEのメイン特集記事が「アルファはクーペに限る?」というものであり、その中で、ブレラは、絶賛と言ってもいいほど、良く書かれております。

もちろん、CAR MAGAZINEの場合は、メイン特集自体がアルファのクーペ特集記事だったため、最初から、ある程度ブレラのことも良く書かざるを得ない状況があったのかもしれませんが、しかし、そのブレラ特集の記事に書いてある内容は、お世辞抜きで、私も「全く同感」と思える記述ばかりで、「あぁ、自分のドライビングに関する感じ方は、あながち間違っていないんだ」と思えました。

私は素人ですが、それでも、素人にしては「異常」と言っていいほど、いろんなクルマに乗り換えて来て、そして、試乗の数も、「異常」なまでにこなしてきたので、ある程度の、クルマの面白さを見いだす感覚は、平均的な素人よりはさすがに上だろうと思っております。

そんな私にとって、現在のブレラは、本当にドライビングプレジャー的にも面白いクルマですので、周囲が驚いているように、既に、購入してから1年が経ちました(^^;






そんな中、今回のインポートカーセンサーの中のブレラ特集は、ケチョンケチョンと言っていい書かれ方です(^^;


ただ、前回のCAR MAGAZINEのケースと、今回のインポートカーセンサーのケースでは、決定的な違いが1つあります。

それは、前回のCAR MAGAZINEで述べられているのは、私が乗っているのと同じ「2.2リッター、MT」のモデルであり、今回のインポートカーセンサーで述べられているのは「3.2リッターV6、MT」モデルである、ということです。


確かに、私も今までブログに何度か書いたとおり、2.2リッターのブレラと、3.2リッターのブレラは、同じブレラでも、そのドライビングプレジャー度においては、かなりの差がある、と思っています。
(2.2リッターの方が遥かに面白い)


とはいえ、3.2リッターのブレラにおいても、他メーカーの同じようなスペックのクルマと比べれば、間違いなく、アルファ独特のテイストは感じられるクルマになっていると、過去の試乗で感じました。



まぁ、誰しも「自分の視点(評価軸)」で、物事を判断しますから、同じクルマを乗っても「楽しい」と感じる人もいれば、「楽しくない」と感じる人もいるので、誰が、どう感じようと、それはその人の自由だと思います。

ですので、私も、普段ブログの試乗記で、そのクルマのオーナーが気分を害するようなことを平気で書いていますが(^^;、それはあくまで、自分が感じたことだけの話です。



ただ今回のこのインポートカーセンサーのブレラ特集記事で、余計なおせっかいだと感じたのは、この記事の中で「アルファ好きにブレラはお薦めできない」と、2回も書かれていることです。

というのも、この記事の著者は、156GTAのオーナーであったようですが、ご自分で「偉そうに語れるほどアルファを知っているわけではない」と書かれているのです。

それなのに、つまり、アルファのことを偉そうに語れない人が、「アルファ好きにはブレラは薦めない」と、十分偉そうに2回も書いておられることに、大きな違和感を感じました。



聞けば、この著者は、日本カーオブザイヤーの選考委員も務めている方とのこと。
「自分にはブレラはつまらない」と、自分のインプレッションを書くだけなら、私も過剰反応しないんですが、このような影響力絶大な人が、読者に対して「お薦めしない」と書かれる際は、もう少し考えて書かれたほうがいいのではないかと思いました。




また、3.2リッターモデルしか乗っていない状態なのに、それを以て、「ブレラ」を1つに括って、これだけマイナス的に書かれることも、違和感ありますね。
どうせなら、2.2リッターも乗ってからにしていただきたい。




しかも、記事の中で、ブレラのMTについて「5速」と書いてある始末・・・(-。−;)
(当然、6速です)






てなことで、2.2リッターと3.2リッターという違いはあるにせよ、同じブレラでも、CAR MAGAZINEと今回のインポートカーセンサーとで、ここまで、書かれ方が異なるのは、ある意味面白いですね・・・(^^;







ちなみに、他の評論家の方々等が、ブレラのインプレッションをどのように書かれているか、以下のとおり適当に集めてみました(^^;

カービュー
Auto c-one
WEB CG
So-net自動車
試乗会でこんにちは
Car world
CORISM
Vivid Car
Excite ism
goo自動車
YOMIURI CAR
MOTOR DAYS
auto web
クーペ対決
posted by Joy at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

500 by DIESEL(その2)

先日ブログに書いたFIAT 500 by DIESELですが、なんと、ちゃっかり日本に入ってきていたんですね〜。全然知りませんでしたw(゚o゚)w

一昨日の11日、幕張メッセで開催されたDIESELが開催する音楽イベント「DIESEL XXX」で日本初公開されたそうです。


ボディカラーのDIESEL greenは、実際に見てみないとどれくらいカッコいいかがまだよく分かりませんが、内装は、写真で見ているだけでも、かなり渋くてカッコ良さそうです☆

ちなみに、ボディカラーは、DIESEL green以外にも、DIESEL Brown、そして黒があるそうです。
個人的には「黒」に一番興味があります。




しかも、レスポンスの記事によると、来年の春、日本にも導入される予定、とのこと!
やっぱり来るんですね、500 by DIESEL☆

世界限定1万台のうち、日本に何台割当られるかは未定のようですが、1万台も作られるんなら、最低100台以上は入って来るかもしれませんね。
(つーか、1万台も作るんですね・・(^^; )


さすがにMTモデルは導入されないでしょうが、楽しみな一台であることには変わりありません。


ところで、今回の音楽イベントで使用された500 by DIESELは、その後、どういう使われ方をするんでしょうね?(^^;
(そういえば、MiToも来てまたし(^^; )









posted by Joy at 18:25| Comment(4) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

トロピカリア イエロー☆

本日は、アルファ・ディーラーにお邪魔し、今日から発売となるFIAT 500 1.4 16V LOUNGE トロピカリアイエローの実車を見て参りました。

ルパンでおなじみの黄色い500です。

限定100台の貴重なグレードです☆


屋外に展示していた、このトロピカリアイエロー、とてもいい色だと思います。
目立ちますが、でも、それでいて上品な黄色です。
500yefront.jpg 500yereaer.jpg

500yenaname.jpg


そして、内装の黄色も、かなりイイ感じでした☆
500yenaisou1.jpg 500yenaisou2.jpg


お値段2,550,000円ということで、簡単に手を出せる金額ではないですが、今現在、日本で販売されている500のどれかを買うなら、自分なら、コレかな、という感じです。




一方、ショールーム内には、同じく今日から発売となった1.4 16V ラウンジSSが鎮座しておりました。
500ss.jpg 500sswe.jpg

こちらは、日本に導入されている500の中で最も豪華な、電動サンルーフやポルトローナフラウのレザーシートが装備されたモデルで、価格も2,820,000円と豪華です。
500ssnaisou.jpg

電動サンルーフが、イイ感じでした。
500ssroof.jpg

こちらは限定150台。


いずれも、「限定」という言葉にソソられますね(^^;





個人的には、先日ブログに書いた500 by DIESELが特に気になっていますが(^^;、500 by DIESELに限らず、今後、500のいろいろなコラボ・モデルも見てみたいです☆









posted by Joy at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

ブレラ 一周年☆

おかげさまで、本日を以て、昨年ブレラを納車してから、1周年を迎えました。



この超飽きっぽい私が1年間も同じクルマに乗り続けると、一体誰が予想したでしょうか?
ハイ、かく言う私自身ですら予想してませんでした(爆)。

まぁ、でも、実際に多くの皆さんが、飽きっぽいJoyのことだから「ブレラを手放すのも時間の問題だろう」と、今か、今かと興味深く見守っていただいていたのではないでしょうか(^^;
そんな皆様のアツいご期待を裏切った形になり申し訳なく存じます(笑)







実は、今だから告白しますと、ブレラを購入してから今までの間、真剣に買い換えを検討したことが、二度ありました(笑)




一度目は、昨年の12月頃、ブレラの毎月のローンが辛いことと(^^;、フィエスタSTの乗り味にK.O.されたこともあり、且つ、決算だったせいか、凄まじい値引き条件も提示されてしまったので、一瞬、「フィエスタに行く?」と、真剣に迷った時期がありました。


でも、今となっては、はやまらないで良かったと思っています(^^;


フィエスタSTは、昨年の私の試乗車年間ランキング堂々2位をつけたクルマで、今でも本当に素晴らしいクルマだと思うのですが、一度アルファの官能的なデザインに慣れてしまってからでは、いくらフィエスタの乗り味が極上でも、自分にとってあの地味過ぎる内装&外装デザインには、遠からず我慢できなっていただろう、と思うからです。

フィエスタSTは、乗り味だけでいえば、「アルファも負けたか?」と思えるほど素晴らしかったですが、ワタシ的には、ブレラに乗ってみて、内装・外装とも「デザインに惚れること」ということが、あまりにも重要であることを再認識させられたので、これも、今となっては言えることですが、そういう意味でフィエスタはちょっとツラかったです。

もっとも、フィエスタSTのような素晴らしいクルマが導入中止になってしまうなんて、日本はナメられてるなぁとつくづく思いますが。。。








そして、二度目の買い換え検討は、今年の4月のことです。

車種は、他でもない、同じアルファの「GT」でした(^^;

昨年ブレラを購入する際、一つ言えたことは、日本に導入されているGTの2リッターモデルに「マニュアル仕様」が存在していれば、極めて高い確率で、ブレラではなくGTを選んでいた可能性が高かった、ということです。

というのも、家族持ちにとってはGTの後席の広さは大変魅力的ですし、クルマのサイズ(横幅)もブレラほどデカ過ぎずちょうど良いですし、内装が147とほとんど一緒というのは少し残念にしても、エクステリア・デザインに関しては、女性的な香りもするブレラに対して、正に「硬派な男のクーペ」という感じがしてましたしでした☆


しかし、マニュアル仕様に関しては、高価過ぎて買えない3.2リッターモデルしか存在せず、2リッターモデルに関しては、セレスピードモデル・オンリーだったため、購入候補から、早々と消えていました。




そんなGTに関して、マニュアル仕様の3.2リッターモデルの日本への導入が終了し、残るは2リッターのセレスピード・モデルのみとなり、今年3月に、お買い得な「Alfa GT Sportiva II」が受注が開始され、いよいよGTも販売終了か、という感じになってきたので、無性に「やっぱ今のうちにGTにも乗っておきたい!」という気持ちになったのです。

しかも、GTと同じ2リッターJTSエンジンを積み、車重もほとんど変わらない、156のマニュアル・モデルに今年の5月に試乗する機会があったのですが、めちゃくちゃ良かったので、「これならきっと、セレスピード・モデルでも、GTなら我慢できるかもしれない」と思うようになっていたからです。


しかし、これまた、はやまらないで正解でした・・(^^;



というのも、その後、GTの2リッター・セレスピード・モデルを試乗する機会に恵まれたのですが、前述のとおり、ほとんど同じようなクルマであるはずの156が最高に面白かったのに、GTに関しては、期待していたほどのドライビング・プレジャーを感じなかったのです。。

その原因は、恐らく、「マニュアルでは無いから」ということに尽きると思っています。



ブレラに乗り始めてから、マニュアルに飽きるどころか、逆に、マニュアルを操る歓びに取り憑かれてしまい、マニュアル無しでは満足できない体になってしまったようです(^^;


もしあのときGTのセレに試乗していなければ、試乗無しにも関わらず、強引に、GTに乗り換えていたかもしれません・・







そんな、二度の「離婚」の危機を乗り越え、現在に至ります(笑)



先のことは分かりませんので、「いつまでブレラに乗り続けるつもりか?」と聞かれても、答えはやはり「分からない」ということになるのですが、しかし、正直言って、ブレラほど満足度の高いクルマには、もう生涯出逢うことは無いかもしれない、というのが現在の心境です。

というのも、例え、ドライビングプレジャー度が、自分の好みに「ドンピシャ」だったとしても、たいてい、「デザインがちょっと・・」とか、「あまりに実用性に欠ける(2シーター等)」や、「同じクルマに乗っている人がたくさんいる」というように、何かしら、マイナスな点があるケースがほとんどだと思うからです。

しかしなら、ブレラの場合は、

 ・デザイン = 完璧(内装、外装とも)
 ・ドライビングプレジャー度 = ほぼ完璧
 ・これだけ奇抜なデザインにも関わらず、小学生程度の
  子供なら十分使える後席の実用性
 ・乗っている人が少ない
 ・左ハンドル+MT
 ・自分の「腕」に、なんとか見合っているスペック
  (とうか、自分には十分過ぎるほど、速いです)

というように、自分にとって、これ以上求めるものは無いだろう、と言っても言い過ぎでは無い状態に近いです。



ですので、長く乗れるかどうか心配なのは、車検代等の「維持費」の面だけと言ってもいいでしょう。

従来のアルファの場合は、どうしても、車検代等の維持費が高い、という先入観がついて回りますので、このブレラや159といった最新世代のアルファについては、「車検代が高いので、泣く泣く乗り換えた」というようなことにならないことを願う今日この頃です。



まぁ、あとは、これ以上ブレラの人気が出ないことを祈るばかりですが(笑)、その点は、恐らく大丈夫でしょう。
日本人で、ブレラのデザインを受け入れられる人は、まだまだ少ないと思うからです(^^;
(もっとも、ブレラが似合う日本人は、皆無だと思いますが(爆))








ということで、私のブレラですが、大事に乗っており、且つ、ガソリン高の影響もあることから、昨日現在、まだ5000kmに達していませんが、120に乗っていた頃のように、自分の場合、調子に乗ると、すぐに、過走行になってしまうため、これからも適度なレベルで、距離を重ねていこうと思います。
bre1year.jpg


ということで、今後ともJoyとブレラをよろしくお願いいたします☆
posted by Joy at 23:32| Comment(10) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

Alfa 147 Ducati Corse(その2)

昨日は、Peugeot 308SWに試乗しましたが、アルファ・ディーラーにもお邪魔しました。

目的は、前回、大雨のため、まともに見ることができなかった147 Ducati Corse


前回は、屋外の展示でしたが、今回は、ショールーム内へ移動されていましたので、ゆっくりと見ることができました。



やはり、特別デザインの18インチ・ホイールをはじめ、かなりカッコいいですネ。


それと、営業さんの情報によりますと、このDucati Corseは、エンジンサウンドが、現行のノーマルな147よりも「聴かせる」設計になっているようです。
やはりDucatiとのコラボだけあって、Ducatiファンを満足させるために、エンジンサウンド面にも拘りがあるのですね。かなり興味深いです☆



個人的には、これでMT仕様があれば、一発K.O.される可能性が高そうですが(^^;




以下、147 Ducati Corseフォトギャラリーです。
dduca1.jpg

dduca2.jpg

dduca3.jpg

dduca4.jpg

dduca5.jpg

dduca6.jpg

dduca7.jpg







posted by Joy at 22:49| Comment(4) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

Alfa&Romeo Vol.18

今日は、Alfa&Romeo Vol.18を買って参りました。
alfa18.jpg


当然のことながら、メイン特集はMiToで、付録としてバロッコ市街を走るMiToのDVDもついていました。


巻頭の、編集長さんによるMiToの現地取材記事で、MiToの実車を見た印象として「最初に写真を見たときは、スタイリングがダメだと思ったが、実際に見るとすごくいい!写真で見るのと全然違う」というようなコメントが載っていました。
出ました!、「写真で見るのと全然違う」のセリフ(^^;

というのも、先日、自分のブログに書かせてもらったとおり、自分の場合、「写真で見たらイマイチだったけど、実車を見たらすごく良かった」ということはほとんど経験が無いからです。

逆に、写真を見て元々カッコいいと思っていたクルマが、実車を見たら『さらに』カッコいいと思った、というケースなら何度もありましたが、今回のように、デザイン上、最初に写真の時点で「マイナスイメージ」を持ったクルマが、実車を「冷静」に見て、評価が大きく「プラス」に変わるケースって、自分の場合は皆無です。



では、MiToに関して、まだ実車を見ていない中で、現在の自分の印象と言いますと、ブレラアルファGTあるいは147GTAに感じるような「カッコよさ」はMiToには正直感じませんが、カッコいいというようりは、「ちょっとオシャレなクルマ」という印象があります。

特に、"8C顔"と言われるフロントフェイスについては、なんだかファニーな印象すらありますね(^^;

ただ、車高を下げて、インチアップし、エアロ系パーツを効かせれば、かなりカッコよくなるという気がしています(MiToに限らず、たいていのクルマは、そのように手を加えればカッコよくなりますけど(^^; )


それと、写真で見ている限り、外観と違い、内装については、第一印象から「カッコいい」と断言できる印象を持っています。

現在乗っているブレラの内装には大満足していますが、このMiToの内装にも、お世辞抜きで、かなり惹かれています。

やはり、運転中は、内装しか見えませんから、内装がカッコいい、ということがいかに重要であるかが、アルファに乗り出してから、改めて強く実感しています。



ということで、このMiTo。
既に日本国内でも一部の方々には実車がお披露目されているので、ご覧になられた方がどのような印象をお持ちになったか興味深いところですが、自分としても、現在MiToに対して抱いている印象が、実車を見てどのように変化するのか楽しみです(^^)

※ちなみに、このMiTo。ドライビングプレジャー度がめちゃめちゃ高いことは、どうやら間違いなさそうですネ☆






それと、今回のAlfa&Romeo Vol.18には、149についてのスクープ情報や、159が単なるダイエットだけではなく、エンジンサウンド等にも手を入れた「ビッグマイナーチェンジ」をし、さらにその後の、フルモデルチェンジに関する情報の記事も載っていました(^^;






それから、今回のAlfa&Romeo Vol.18を読んで初めて知ったのですが、太田哲也さんが、GTからついにブレラに乗り換えたんですネ☆

ボディカラーは渋いガンメタ、そして内装色は赤にしたそうです☆

ブレラ乗りとしては、太田さんがブレラを選んでくれたことは、とても喜ばしいことです(^^)

できれば5年くらいは乗っていただけると嬉しいです(笑)。






ということで、今回のAlfa&Romeo Vol.18、なかなか読み応え(+DVDの見応え)があって、面白かったです☆

















posted by Joy at 20:30| Comment(4) | TrackBack(0) | AlfaRomeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする