2021年06月11日

GP2、納車2周年。







気がつけば、今週の火曜日に、MINI JCW GP2を納車してから2周年が経過しました。

 <The Riddle: MINI John Cooper Works GP2 納車。


自分としては、ブランド的に最も好きなのはアルファロメオなので(現在進行形(笑))、2007年に自身初のアルファであるブレラを納車して以降、少なくとも、60歳くらいで「もう”クルマ趣味”は止めよう・・」などと思うようになるまでは「アルファ一本」で行くつもりだったんですが、このMINI JCW GP2だけは、どうしても忘れることができず、2年前に、泣く泣くブレラ(自身2台目)を降りて、GP2に乗り換えたのでした。。

 <The Riddle: See you again, Brera☆



ただ、これまで、まさに一発K.O.的に一目惚れして買った、アルファのブレラや147GTAと同様、このGP2もワタシ的には、初めて見たときから一発K.O.されて「ずっとあなたが好きだった・・」的なクルマだけあって、、納車されて2年が経った現在も、そのデザインに飽きることは全く無く、今でも眺める度に惚れ惚れしています(笑)

 <The Riddle: ずっとあなたが好きだった・・  〜Alfa 147GTA、納車〜


やはり、対象が人間でもモノであっても、「一目惚れ」するということは、もう、理屈抜きで本能的に「どストライク」ってことなんでしょうね。

とにかく飽きっぽい性格の当方ですが、クルマに限らず、インテリアグッズや服や靴などの衣類、家電製品等々、「一目惚れ」して買った製品は、10年どころか20年以上経っても、デザイン的に飽きることは全く無いんですよね。




ということで、GP2に関しては、納車から2年経ったものの、何か別の外的要因でも無い限り、少なくともデザインに関しては飽きずに乗れそうです。


一方、その「乗り味」についても、アルファの官能度には劣るものの、「運転の楽しさ」は、自分がこれまで乗ってきたクルマの中では、最高クラスの1台です。

このGP2を運転していると、「運転の楽しさ」において、まずもって「小さいことは正義」だと思わせてくれますし、馬力やトルクも、自分にとっては、まさに「絶妙」な味付けになってます。

しかも、ハンドリングもFFとは思えないほど楽しいですね。

唯一、これで「エンジン&排気」サウンドが、もうちょっと官能的であれば、「もう何も言うことは無い」と言えるので、ほんとはお財布に余裕があれば、以前から、マフラーは替えてみたいとずっと思っているものの、私が狙っているマフラーはめちゃくちゃ高い(30万円弱)ので、、おそらく買えないまま終わる可能性が高いですね。。。

まぁ、でも、この「エンジン&排気」サウンドについては、”強いて挙げれば”、という感じなので、「運転の楽しさ」全般としては十分過ぎるほど満足してます。




そんなわけで、以前は「1年乗ったら長いほう」という、狂ったような乗り換えを繰り返していた当方ですが(^^;、、、アルファ党の当方であるにも関わらず、このGP2は、2年経った今でも、”愛着いっぱい”の状態で所有しております。


ということで、これからもこのGP2には、大きな故障や事故なく、元気でいてもらいたいと思います☆

DSC06829-1p.jpg

DSC06813-1-2p.jpg















posted by Joy at 22:37| Comment(0) | MINI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日のリフォーム工事 「ガーデンルーム、ウッドデッキ、フェンス、etc.」。






今朝は、9時くらいまでは曇っていて、それほど暑くなかったんですが、それも束の間、、どんどん晴れてきて、それとともに気温も一気に、昨日までと同様、猛暑になりました。。

今日も職人さん達が、酷暑の中、色々と作業をしてくださいましたが、今日は私が確認できただけで、

 ・ガーデンルームへの「網戸」等の設置
 ・ガーデンルーム横のウッドデッキの初期工事
 ・フェンス設置の初期工事
 ・「プラスG」の仕上げ工事(ダウンライト設置等)

等、様々な工事をしていただきました。


IMG_1443.JPG
(網戸を広げた状態 ↑)

IMG_1444.JPG
(網戸を閉じた状態。伸縮してコンパクトに収納できます ↑)


IMG_1425.JPG
(ガーデンルーム横のウッドデッキの支柱 ↑)


IMG_1445.JPG
(フェンスの支柱 ↑)



昨日設置された「プラスG(Gフレーム)」に、今日はダウンライトが設置され、このとおり、GP2を常夜、照らしてくれる仕様となりました。

IMG_1446.jpg

ダウンライトのGP2への当たり方がとてもイイ感じなんですが、その分、クルマの汚れも目立っちゃうので、これからは洗車頻度を更に上げる必要がありそうです(笑)



ということで今日も暑い中、職人さんは大変お疲れだったと思います。

明日の土曜も、今日の続きの工事(フェンスやウッドデッキ)が予定されています。











posted by Joy at 20:50| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月10日

本日のリフォーム工事 「門柱、プラスGの施工」。






昨日に続き今日も日中は”酷暑”な一日でしたが、そんな中、本日も職人さん達がリフォーム工事に励んでくださいました。

昨日の段階でガーデンルームは達観9割がたは完成しましたが、今日は朝イチから、玄関前に「門柱」の新調、そして、リクシルの「プラスG」という、”屋外空間を間取る”ためのフレームの設置工事が行われました。



まずは「門柱」ですが、2003年に自宅を新築した時から現在まで、我が家の”顔”として頑張ってくれた門柱がこちらです(↓)。

IMG_1409.JPG

この門柱は、自宅を建てる際、当時、うちの家の商品紹介用カタログ(住友林業)の中で掲載されていたものでして、一目見て気に入ったため、ハウスメーカーさんに「これと同じ門柱をつけてください」と頼んで、設置してもらいました。

今見てもかなりスタイリッシュですし、気に入っていたのですが、さすがに20年近く経ったことで、アルミの色褪せ等、劣化が目立ってきたことから、今回のリフォーム工事で、門柱も新調することとしました。

これまで使ってきた門柱と同じような、シルバー系のスタイリッシュな門柱を探してみたところ、三協アルミの「ステイム」という商品に、これまた”一目惚れ”してしまい、ほぼ迷うことなく、この商品に決めました。
(唯一迷ったのは、どうせなら「宅配ボックス一体型」の門柱にしようかな、、とも思ったんですが、宅配ボックス部分が目立ってしまい、どうしてもデザイン的に、コレ!という商品が無かったのと、当方は平日もほとんど在宅勤務となり、自宅を留守にすることがほとんど無くなったため、今のところ、宅配ボックスを導入しても、ほとんど使うことは無いだろう、と思い、「宅配ボックス型」は候補から外しました)

 <三協アルミ: ステイム 商品紹介サイト


そして、無事、この「ステイム」が設置されました。

IMG_1410.jpg
(表面が波打っているのは、保護フィルムです)


正面からだと分かりづらいかもしれませんが、側面が湾曲していて、とても素敵なデザインだと思います。

IMG_1411.JPG


ちなみに夜(夕方)だとこんな感じに光ります(↓)。

IMG_1414.JPG


門柱一つ変えるだけでも、心機一転、みたいな気分になり、イイもんですね(^^)






そして今日のもう一つの工事は、リクシルの「プラスG」シリーズの「Gフレーム」の設置です。

 <リクシル: プラスG 商品紹介サイト


こちらの商品は、商品の存在自体は当方も知っていたものの、私からすると、単なる「オブジェ」という印象であり、もちろん、こういうオブジェ的なものがあればカッコいいことは間違いないんですが、当然、安い買い物ではないので、「オブジェ」にお金をかけるほど余裕も無いため(苦笑)、自分としては設置する予定は無かったんですが、今回、一連のリフォーム工事を発注したエクステリア業者さんと、工事の内容の事前打ち合わせをしていく中で、この商品をオススメいただき、且つ、その業者さんのショールームで「プラスG」の実物が展示されているのを見て気に入ってしまったので、贅沢だとは思うものの、思い切って工事内容に含めていただくこととしました。

そして、今日の工事で、この「プラスG(Gフレーム)」が設置されました。

IMG_1413.JPG

このとおり、単なる「枠」ではあるものの、そのエクステリア業者さんが「額縁効果」という言葉を使っておられたとおり、この「枠」がまさしく「額縁」のように見えるため、我が家の場合は、ちょうどGP2を停めている真上にこのGフレームを設置していただきましたので、GP2が額縁の中に収まっているかのような見え方をしてくれるんですよね。(その構図の写真は、追々アップ予定・・)

しかも、この「プラスG」があるおかげで、なんとなく、自宅敷地の外観が引き締まったようになったので、そういう面でも、設置して良かったと思いました(^^)





ということで、今日も炎天下の中、職人さんの頑張りのおかげで、「門柱」と「プラスG」が一気に設置されました。

IMG_1412.JPG
(本日設置された、門柱とプラスGが一緒に写っている写真)

















posted by Joy at 22:53| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月09日

本日のリフォーム工事 「ガーデンルーム、9割がた完成」。






今日も暑かったですねぇ。。

そんな炎天下の中、職人さんは今日も朝早くから夕方遅くまで、ガーデンルーム本体工事に励んでくださり、おかげさまでガーデンルームがほぼほぼ完成に近い形となりました。

自分で言うのもなんですが、イメージどおり、いや、イメージを遥かに超える素晴らしい仕上がりに仕立ててくださったと思います。

IMG_1377.JPG

IMG_1378.JPG


人工木のウッドデッキによる「床」も設置されたため(とはいえ、まだ工事が完成したわけではないこともあり)、ついに自宅のリビングからガーデンルームの室内に少しだけ入らせてもらいました。感激です。

IMG_1379.JPG



あとは、細部の施工をしていただければ、ガーデンルームは完成かと思います。


明日は、玄関前の門柱等の工事が予定されているようです。

明日も今日と同じく、最高気温は30℃超えが予想されているため、職人さんには、炎天下の作業となってしまうのが大変気の毒なんですが、、事故なく頑張っていただきたいと思います。














posted by Joy at 22:35| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月08日

本日のリフォーム工事 「ガーデンルーム本体工事」。






先週末の工事で、ガーデンルームの「腰壁」が完成したところですが、今週からは、再びガーデンルーム本体の工事がなされています。

昨日と今日で、ガーデンルームの天井パネルや側面パネルの設置や、ルーム室内の電気工事も施され照明が付いたりと、、どんどんガーデンルームが、それらしくなってきました。

IMG_1351 2.JPG



これまでの間、まずは庭の整地やコンクリート打設をしてくださった土建屋さん、そして腰壁塗装の左官屋さん、あるいは電気工事業者さん、どの方も皆さん素晴らしい職人さんばかりに恵まれ、本当に有難いのですが、ガーデンルーム本体を施工してくださっている職人さん(基本お二人)も、これまで多数のガーデンルームを施工されてきた職人さんでして、毎日そのお仕事ぶりに感心しているところです。

今回、リフォーム工事をやろう、と決心し、自分なりにかなり色々とリサーチしましたが、特に「ガーデンルーム」の施工に関しては、ガーデンルームのメーカー(リクシル三協アルミYKK等)が発売しているガーデンルーム本体の部材を、何も加工せず、そのデフォルトの規格どおりに施工できる例はほとんど無いようで、ガーデンルームを設置する個々のお宅の家や敷地の形状等によって、必ずと言っていいほど、大なり小なり、様々な「加工」をして取り付けないといけなくなり、まさにそのエクステリア業者さんや実際に施工される職人さんの経験値や腕によって、仕上がりにも結構な差が出てくる、ということが分かってきました。

事実、今回、複数のエクステリア業者さんに見積もりを依頼しましたが、そのうちの1社さんは、「Joyさんのお宅にガーデンルームを設置するには、結構特殊な加工等が必要になってくるので、うちの会社ではあまり経験値が無いため、見積もりを辞退させてください」という、まさかの、”業者さん側からの撤退”という例もありました。。。

そんな訳で、業者さん選びにはかなりの慎重さを要したのですが、現在のところ、今回依頼した業者さんに決めて、とても良かった、というのが偽らざる心境です。

もちろん、現時点ではまだ、「第二期工事(庭全体)」の約7割くらいが終わった状態であり、完工までには(天候次第ですが)あと2週間程度要すると思いますが、恐らく、このまま最後まで安心して見ていられると思っています。



ということで、明日以降も引き続き、ガーデンルーム本体の完成に向けた工事が予定されています。












posted by Joy at 21:29| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月05日

本日のリフォーム工事 「ジョリパット施工完了」。







昨日は雨のため休工でしたが、今日の天気は、昨夜の予報時点では「曇り」ではあるものの降水確率は0%でしたので、予定どおり、朝早くから職人さんが来られました。

んでもって、今朝の時点で、1時間刻みの詳細天気予報でも、今日は終日、降水確率は0%だったにも関わらず、朝8時頃、職人さんが到着し、ジョリパット施工の準備作業を始めて間もなく、ポツポツと少し雨が振り出しました。

今日は、ジョリパット塗装の最終工程である「上塗り」ということもあり、雨が降っては、作業はできません。。

結局、9時を過ぎても、ほんの僅かではありますが、時々ポツポツと雨が降っては止み、という状態が続いたことから、とりあえず10時まで待って、それでも雨が降るようであれば、今日の工事は諦めようか、、みたいなお話をされていました。


そして10時になり、空は厚めの雲で覆われているものの、今にも雨が降りそうな感じの雲、というほどではなく、且つ、リアルタイムの天気予報でも、相変わらず降水確率はゼロのままだったため、とりあえずジョリパット塗装工事を敢行することとなりました。


ちなみに、ジョリパット塗装工事については、全部で大きく3つの工程(3度塗り)から構成されるらしく、具体的には、

 1. 下塗り 
 2. 上塗り(1回目)
 3. 上塗り(2回目)

という3回の塗装を行うこととなり、最初の「下塗り」では、いわゆる「下地」用の塗料(シーラー)を塗ることで、下地(外壁材や屋根材など)と上塗り塗料とを密着させる工程です。

「上塗り(1回目)」では、ジョリパットそのものを使って、塗膜の厚みをつけるだけの塗装を行います。

そして最後の「上塗り(2回目)」では、再度ジョリパットを使って模様付けをしながら塗装を行い完成、という流れですね。


で、今回のリフォーム工事では、「下塗り」を今週の水曜・木曜で行い、昨日は「養生」に充て(というか、どっちにしろ雨でしたし・・)、今日「上塗り(1回目)」と「上塗り(2回目)」を一気に行い、完成、という予定でした。


しかしながら、今朝の怪しい雲行きのせいで、朝9時前後の段階では、職人さんから「今日は『上塗り(2回目)』まで仕上げるのは無理かもしれない・・」みたいなお話もあったんですが、、10時以降はなんとか最後まで天気がもってくれて、結果として、「上塗り(2回目)」まで作業が完了し、無事、ジョリパット塗装によるガーデンルームの「腰壁」が完了しました。



昨日までの「下塗り」の段階では、この写真(↓)のとおり、

IMG_1271.JPG

シーラーだけが塗られた状態なので、まだ腰壁はグレーの状態でした。


それが、今日の、まず「上塗り(1回目)」で、こうなりました(↓)。

IMG_1287.jpg

写真だと分かりづらいですが、この状態では、まだジョリパットを単に厚みをつけるために塗られた状態なので、表面は平坦です。


で、最後の「上塗り(2回目)」で表面に模様付けを行い完成となります(↓)。

IMG_1304.jpg

これまた写真では分かりづらいと思いますが、、ジョリパットには、「色」と「模様」の掛け合わせで、数えきれないほど色々なパターンが選べるので、当方も、どのパターンにするか、かなり悩んだのですが、最終的に、

 ・色 ⇒ 「ニュートラルカラー T1000」(ほんの少し灰色が入った白)
 ・デザインパターン ⇒ 腰壁外側:「エンシェントブリック」、 腰壁内側:「割肌

にしました。

本日完成した、このデザインパターンの実際の拡大写真がこちらです(↓)。

IMG_1310.jpg
(↑ 腰壁外側: エンシェントブリック)

IMG_1311.jpg
(↑ 腰壁内側: 割肌)


どちらも、とても素敵に仕上げていただきました。

職人さんは、コテ一つで、表面の平らを維持しつつも、このような複雑なパターンを変幻自在に描いていくので、ほんと凄いとしか言いようがありません。


なお、明日は日曜ということで、元々、休工予定でしたが、今日の夕方の時点で、明日の降水確率が50%だったため、最後に職人さんが、ジョリパット塗装が終わった腰壁の外側が雨に濡れないよう、きちんと養生していってくださいました。

IMG_1314.JPG



ということで、これでガーデンルームの「腰壁」が完成し、来週からは、ガーデンルーム本体の仕上げやウッドデッキ等の施工へと移ります。














ラベル:ジョリパット
posted by Joy at 20:51| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月04日

本日のリフォーム工事 「ガラスブロック設置」。







数日前の天気予報から、既に、今日(4日(金))は「降水確率100%」となっていたため、昨日の工事では、ジョリパット下塗りの仕上げと、腰壁へのガラスブロックの設置がなされた後、今日の雨に備え、腰壁全体をしっかりと養生していただきました。

IMG_1271.JPG


そして今日は終日雨ということで、工事はお休みとなりました。


明日はいよいよ、ジョリパットの上塗り作業が施される予定となっており、上塗りが終われば、腰壁が完成します。

そして来週は、ガーデンルーム本体の仕上げ工事や、ウッドデッキの施工が予定されています。


そういえば、なんだかんたで、埼玉はまだ梅雨入り宣言されてませんね。

雨が降るとどうしても工事が止まってしまうので、できれば梅雨入りは、うちの工事が終わってからにしてほしいんですが(笑)













posted by Joy at 21:35| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月02日

本日のリフォーム工事 「ジョリパット下塗り」。







今日から6月ということで、今年ももうすぐ折り返し地点に差し掛かりますね。。


さて、昨日、ついに骨組みが設置されたガーデンルームですが、今日から、「腰壁」の基礎として組み付けられたブロックへの「ジョリパット」塗装工事が始まりました。

ちなみに、今回のリフォーム「第2期工事」において、職人さんを「業種」的に分けて、それぞれどんな職人さんが来られたかというと、

 ・ガーデンルームを設置できるようにするための「雨樋」の加工 ⇒ 板金屋さん
 ・庭の整地、コンクリート打設、ブロック設置 ⇒ 土建屋さん
 ・生コン搬入(ミキサー車) ⇒ 生コン屋さん
 ・ガーデンルーム本体組み付け ⇒ これは何と呼ぶのでしょう? サッシ屋さん?^^;
 ・ジョリパット塗装 ⇒ 左官屋さん

と、5種類もの、それぞれ異なる業種の皆さんが来られました。

よって、当然、作業される方も、それぞれ別の職人さん(会社も別)が来られることになります。ガーデンルームを作るだけでもこんなに大掛かりなるんだ、ということが分かりました。


で、今日からは、左官屋さんが来られました。


昨日までの「腰壁」部の状態は、下の写真のとおりブロックが裸になった状態でしたが、

IMG_1253.JPG


今日の作業で、こうなりました(↓)。

IMG_1254.JPG



これはあくまでも「下塗り」のため、明日一日は休工して養生し、明後日、ジョリパットの「本塗り」作業が予定されています。



今回の「第2期工事」は、先月20日から始まったので、もうすぐ2週間が経ちますが、、それにしても、日々の一つ一つの工程に、本当に手間がかかっているなぁ、ということを痛感しました。

この2期工事を契約した際、工期に「1ヶ月ほどかかる」、と最初に聞いた時は、「え? そんなにかかるの?」と思ってしまいましたが、日々の一つ一つの工事を拝見し、「これは時間がかかって当然だな」と思うようになりました。

と同時に、プロの職人さんの仕事ぶりにあらためて毎日、感心させられています。



ということで、明日は休工となります。













ラベル:ジョリパット
posted by Joy at 00:50| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月31日

本日のリフォーム工事 「ガーデンルーム骨組み設置」。






本日の工事では、いよいよガーデンルーム本体の骨組みが設置されました。

IMG_1225.JPG

IMG_1224.JPG



天井パネルや窓等の設置はこれからですが、こうやって骨組みができあがると、ガーデンルームの全体像が見えてきた感じがしますね。
(ただ、せっかくこんなにキレイに設置していただき、工事が終了した矢先、夕方から土砂降りとなり、骨組みがずぶ濡れになってしまいましたが・・(T_T) )


ガーデンルーム本体の設置工事は本日のみ実施して一旦小休止となり、天候次第ではありますが、明日から週末までは「腰壁」へのジョリパット塗装工事が予定されています。












posted by Joy at 20:41| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月30日

物置小屋、DIYにて再塗装。






先月、自宅の外壁と屋根の塗装工事が施工されましたが、自宅の外壁が綺麗になったことで、庭にある物置小屋の色合いが、やや浮いた感じに見えるようになってしまいました。

というのも、今回、自宅外壁は、新築時とほぼ同じく、全面を「白」(正確には「鉛白」という色)で塗り替えたんですが、物置小屋は、下の写真のとおり、濃いベージュと薄いベージュのツートンなので、まぁ、全然合わないというほどでもないものの、やはり、自宅外壁が全面、白で塗り替えられたことから、この物置小屋も、白系の色になったほうが、統一感が出るのは間違いありません。。

IMG_0823.JPG



なので、今回、自宅外壁を塗装していただいた業者さんに、ついでにこの物置小屋の塗装も頼んじゃおうかな、と思ったんですが、やはり、プロの仕上げになるのは間違いないにしても、それなりに金額も張るでしょうから、、この際、DIYで塗っちゃうことにしました。

なお、ゴールデンウィーク明けには庭の「第2期工事」が始まって、しばらく庭での作業もできなくなってしまうため、ゴールデンウィーク中にこの物置小屋の塗装をすることとしました。


なるべくお手軽に仕上げたかったので、使用する塗料は、

 ・密着プライマー(下地剤): ミッチャクロン マルチ
 ・塗料:  カインズオリジナル「KUROCKER's IRON PAINT ホワイト(油性)

の2種類としました。

 <カインズ プロ向けツール: 『KUROCKER'S』サイト

IMG_0826.JPG

IMG_0829.JPG


また、養生用として、通常のマスキングテープに加え、今回初めて、

 ・マスカー

を使ってみましたが、これ、めちゃくちゃ便利ですね。この商品を初めて考えついた人、凄いと思います。

IMG_0825.JPG



当方、これまで、DIYでの塗装歴は、ウッドデッキを3回ほど塗ったことがあるだけですが、その時は、ほぼ、何も勉強せず、塗料だけ買ってきて、養生も一切やらずにいきなり塗る、という、素人丸出しのやり方でしかやったことがなかったので、今回は、多少なりとも予習しました(^^;

というのも、何か初めての作業にトライしたい場合、現在では、YouTubeを見れば、「載ってないものは無い」と言えるくらい、ありとあらゆる作業の「How toもの」が掲載されているので、今回もYouTubeで「物置小屋 塗装」というワードで検索したら、たくさん、紹介動画がヒットしました。

で、それらの動画を参考にさせていただいたおかげで、上記「ミッチャクロン」や「マスカー」の存在も知ることができました。


よって、塗装作業の工程は、それらの動画等を見ていただくほうが遥かに分かりやすいと思いますので、当方のこのブログでは割愛させていただきます。(というか、正直に言うと、単純に、作業途中の写真や動画を、単に撮り忘れただけなんですが(^^; )



ちなみに今回の塗装においては、準備段階の養生作業(物置小屋の塗装面の清掃やマスキング作業等)に2時間以上かけて、しっかりと準備を行いましたが、やはりこの事前の養生の大切さが、実際に全ての塗装作業を終えてみて、いかに重要だったかがよく分かりました。

この養生でマスキンテープを貼るのにもかなり時間をかけましたが、塗装を終えて、最後にマスキンテープを剥がす時って、快感ですね(笑)



今回の塗装では、物置小屋の「扉」と「側面」および「取っ手の上部&下部」を「白」に塗り替えました。

で、作業を終えた直後の写真が下記のとおりです。

IMG_0831.jpg


近くで見ると、ムラだらけで、やはり素人が塗ったとすぐバレてしまう仕上がりでしたが、遠目で見ると、意外とキレイに見えました(笑)

写真だと分かりづらいかもしれませんが、やはり、「扉」部分が元々の「薄いベージュ」から「白」に変わったことで、かなり雰囲気が変わり、自宅の外壁ともマッチしているので、塗り替えて正解でした(^^)








が、先月の自宅外壁塗装の際、外壁全面を「白」で塗装してもらいましたが、玄関前のパーティションの柱は、アクセントとして「黒」で塗装してもらったこともあり、どうせならこの物置小屋も、「白と黒」のカラーリングにしたほうが、さらに自宅にマッチするだろう、という気がしてきたため、今回、塗装はしなかった「外枠」部分を「黒」にすべく、、後日、再度DIYにて、外枠部分を「黒」で塗装しました。

その際も、使った塗料は、前回と同じシリーズの、

 ・カインズオリジナル「KUROCKER's IRON PAINT つやなしブラック(油性)

を使用しました。

IMG_0883.JPG



そして、最終的に、こうなりました。(↓)

IMG_0884.JPG


今回も近くで見ると、ムラだらけの”素人仕上げ”全開となりましたが(笑)、、けど、遠目で見るとほとんど気になりませんし、なによりも、やはり、外枠を「黒」にしたことで、物置小屋全体が引き締まった感じになり、我ながら大変気に入りました(^^)



ということで、物置小屋のカラーリングを、元々の「濃いベージュ&薄いベージュ」のツートンから、「白&黒」のツートンにしたことで、自宅との統一感が一気に増したので、大満足です。

また、今回、二度(白塗り、黒塗り)に渡るDIYでの塗装作業ということで、2回とも、塗装前の「養生(清掃含め)」に2時間前後かかったので、いずれも、”一日仕事”になって大変でしたが、、逆に、事前の「養生」を丁寧にしっかりとやれば、仕上がりも断然違う、ということがよく分かったのが収穫でしたし、、仕上がりに満足ができたことで、「DIY塗装って楽しい!」ということを実感しました。

なので、今回がきっかけで「DIY塗装」にハマってしまった感があり、最近、家の中or外を問わず、毎日のように「何か塗装できるモノはないか??」と、色々と探しまくっている今日この頃なのでした(笑)













posted by Joy at 21:24| Comment(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする